静嘉堂文庫美術館

  • 二重橋前〈丸の内〉駅
  • 静嘉堂文庫美術館 展示ギャラリー(ホワイエ)完成予想図 資料提供:竹中工務店

国宝7件・重要文化財84件を含む東洋古美術のコレクションを堪能できる美術館。東京・丸の内に2022年10月移転オープン。

静嘉堂文庫美術館は、三菱創業者として知られる岩崎彌太郎の弟で第2代の社長をつとめた岩崎彌之助と、その息子で第4代社長の小彌太の父子二代にわたる蒐集品を収蔵・展示する美術館です。
静嘉堂創設130周年・美術館開館30周年を迎える節目の年、静嘉堂は所蔵作品をより多くの方々が楽しめることを目的に、世田谷から丸の内の重要文化財、明治生命館に移転・オープンします。
ガラス天井の広場ホワイエをぐるりと囲む4つの展示室では、テーマごとに作品の見どころをご紹介。展示室面積は、世田谷の約1.5倍になります。展示ケースと照明設備を一新し、装い新たな展示室で静嘉堂のコレクションが皆様をお迎えします。
「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする国宝7件、重要文化財84件を含む、およそ20万冊の古典籍と約6,500件の東洋古美術品の中から名品を選りすぐり、テーマ展の開催を予定しています。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    二重橋前〈丸の内〉駅

  • 所在地

    〒100-0005

    東京都千代田区丸の内 2-1-1 明治生命館1F

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    静嘉堂文庫美術館 公式ホームページ

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました