※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

べっ甲資料館

  • 両国駅

べっ甲についての様々な資料を展示しています。

玄関のわきにあるショーウィンドーがべっ甲資料館。べっ甲工芸は奈良時代から行われてきた伝統工芸技術で、江戸時代には儀式用の装身具として、現代ではアクセサリーからインテリアまで多くの製品が作られ人々に愛されてきました。材料はタイマイという亀の甲羅をもちいますが、良いものが減少しておりその意味でもべっ甲は貴重なものとなっています。この資料館には、製作に使う道具のほか、くし、かんざし、こうがいの江戸から昭和までのデザインの移り変わりが、わかりやすく展示されています。館長の磯貝さんは、すみだマイスターにも認定されています。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    両国駅

  • 所在地

    〒130-0015

    東京都墨田区 横網2-5-5

  • 営業時間

    10:00~17:30

  • 定休日

    毎日

  • 問い合わせ

    03-3625-5875

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました