週刊つリニュース釣リ文化資料館

  • 曙橋駅

散逸の危機に瀕した伝統釣具や釣り関係資料を後世に残すため、週刊つりニュースは、1989年「釣り文化資料館」を東京本社に開設。さらに改装を施し、2000年3月1日から新資料館として一般に無料公開中です。

和竿や魚籠など、名工の手による伝統的釣具は、次第に影をひそめようとしています。
散逸の危機に瀕したそれらの釣具や関係資料を保存し後世に残したいという思いから、週刊つりニュースを創設した船津重人さんが1989年に、釣りの分野では全国初の本格的な公開施設として「釣り文化資料館」を開設しました。
館内には初代館長 船津重人さん自らが収集してきた各種和竿、魚籠、書籍んどをはじめ、全国から寄贈された多数の伝統的釣具を展示しています。2000年春から新たに展示施設も充実し、日本の釣文化、名工の技に親しんでいただけます。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    曙橋駅 / 若松河田駅 / 四谷三丁目駅

  • 所在地

    〒160-0005

    東京都新宿区愛住町18-7

  • 営業時間

    平日10:00~17:00
    土曜日10:00~15:00

  • 定休日

    日・祝日・月2回土曜日、年末年始

  • 問い合わせ

    03-3351-8248

  • 公式サイト

    週刊つりニュースWEB(公式HP)

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました