※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

波除神社

  • 築地駅

元旦の午前0時より、境内にてその年の干支の折り紙を添えたお守り『干支の守り札』を先着で境内にて配布。昇殿参拝の方々が次々と来社し、本殿で祈願を受けた後には、波除神社の神様にお供えするお米で造られた「波除」という御神酒の振る舞いが執り行われます。

今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。江戸開府(1603)時の慶長江戸絵図には、今の日比谷のお堀の辺りまで汐入を描き、八重洲の海岸に船の役所が見えます。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた、江戸東南海面埋立は、その後全国の諸侯七十家に千石に一人の人夫を出させ、後にはその埋立の役員の名をとり、尾張町、加賀町等と名附けられました。そして70年の後、明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了しました。萬治2年(1659)の事です。人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。

<初詣>
【例年の参拝者数】
3万人

【例年の混雑時間】
1月1日 0:00~3:00、11:00~16:00

【参拝時間(年末年始期間)】
境内参拝は24時間可能

【初詣の特徴】
24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり

<ご利益>
厄除け・災難除け、商売繁盛・千客万来、家内安全・交通安全、開運招福・諸願成就

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    築地駅 / 築地市場駅

  • 所在地

    〒104-0045

    東京都中央区 築地6-20-37

  • 営業時間

    参拝時間 境内は24時間参拝可能
    授与所受付時間 9:00~17:00

  • 問い合わせ

    03-3541-8451

  • 公式サイト

    波除神社公式サイト

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました