源覚寺(こんにゃくえんま)

  • 春日駅

眼病にご利益のある閻魔と、歯痛にご利益のある地蔵を祀るお寺

別称を「こんにゃくえんま」と呼ばれる源覚寺。
江戸時代後期、眼病を患った老婆に閻魔が自らの右目を与えて癒し、
それに感謝した老婆が自分の好物のこんにゃくをお礼に供えた、という
故事により、本堂の閻魔像にはこんにゃくが供えられる。
一方、歯痛を抱える人は境内にある「塩地蔵」に塩を供えて祈り、
完治の折には塩の量を倍にしてお礼参りをすることになっている。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    春日駅 / 後楽園駅

  • 所在地

    〒112-0002

    東京都文京区小石川2-23-14

  • 問い合わせ

    03-3811-4482

  • 公式サイト

    浄土宗 常光山 源覚寺

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました