【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

キリン一番搾り生ビールのこだわりを体験!/キリンビール横浜工場

心地よい春の陽気に、お酒も進む今日この頃。特に乾杯の1杯目は高確率でビールをオーダーする筆者ですが、ふと気になったことがあります。


「こんなに美味しいビール、どうやってつくられているのだろうか・・・?」


普段、喉の乾きを潤すためにすさまじいスピードで飲んでしまうため、あまりその裏側まで意識したことがなかった筆者。ですが、知識をつけてから飲むお酒はきっと何倍も美味しいはず!そんな中、2022年4月14日(木)より「キリンビール横浜工場」の見学施設の一部がリニューアル&約2年ぶりに営業再開したと聞きつけ、早速現地へ向かいました。

「キリンビール横浜工場」は、京浜急行電鉄・生麦駅から徒歩10分の場所にあります。ウェルカムゲートをくぐると、燦々と輝くKIRINのロゴが出迎えてくれます。


同施設で実施されているのは「工場だけの特別体験。キリン一番搾り おいしさ実感ツアー」と題した工場見学で、ツアー参加費は500円。ちなみに事前予約必須なので、ご注意を。

臨場感のある映像にワクワク!キリングループの歴史を楽しく学ぶ/ビジュアルシアター

スタッフの方に案内され中に入ると、まずフォトコーナーが登場。真ん中の缶が椅子になっており、座ると出荷されるビールの中に自分が混ざっているような写真を撮影できます。

そしていよいよ、工場見学のスタートです!


まずはビジュアルシアターで、「キリンのイノベーションの歴史と一番搾り」映像をチェック。現在、キリンビールで定番になっている「キリン一番搾り生ビール」は、1990年に誕生した「一番搾り製法」を元にできたもの。これは、今までの醸造方法を根底から見直した画期的な製法だったのだとか。

▲マスターブリュワー・田山智広さんによる、キリン一番搾りの味の解説は今回から新たに追加されたもの

▲マスターブリュワー・田山智広さんによる、キリン一番搾りの味の解説は今回から新たに追加されたもの

“最高に美味しいビールをたくさんの人に飲んでもらいたい”という想いのもと、進化を遂げてきたキリンビールの想いが伝わります。


キリンビールの歴史に触れたところで、会場の外に移動します!

【一番搾り美味しさの秘密①】こだわり抜かれた麦芽とホップ/「素材」解説

ここからは実際にビールの製造工程を見学。まずは主な原料となる麦芽とホップについて学びます。

解説を聞いた後に、麦芽を試食。食べる機会はなかなかないのでドキドキしながら口に含むと・・・ポリポリとした食感に、うま味や甘みも感じられ、おつまみに出来そうなくらい美味しかったです。ちなみに、一番搾りをつくる際は、キリンの他のビールの約1.5倍量の麦芽を使っているのだそう!

▲左が麦芽、右がホップ

▲左が麦芽、右がホップ

麦芽同様ビールづくりに欠かせないのが「ホップ」です。ビールの爽やかな香りや苦味、泡をつくる元になるため、“ビールの魂”とも称されます。縦半分に割き、香りを嗅ぐと・・・柑橘やハーブのような爽やかな匂いがフワッと鼻をかすめ、思わず「わあ、すごい!」とつぶやいてしまいました。


キリンでは麦のうま味を引き出すため、技術者自ら産地に赴き、複数のホップを選んで使用しているのだそう。五感をフル活用した素材選びが、ビールの美味しさにつながるんですね。

【一番搾り美味しさの秘密②】ふんだんに使われる一番搾り麦汁/「仕込み工程」解説

▲プロジェクションマッピングでの演出も登場します

▲プロジェクションマッピングでの演出も登場します

次に、素材の力を引き出す「仕込み」工程の解説に移ります。原料の水、麦芽、ホップを4種類の釜で煮込み、ビールの元になる麦汁(バクジュウ)を作っていきます。

まずは、糖化槽にお湯と麦芽を投入し、温度を上げながら煮込みます。するともろみが出るため、それを麦汁ろ過槽に流し込み、麦の殻を取り除く濾過をします。


ここで最初に出る麦汁が「一番搾り麦汁」、お湯を足して搾るのが「二番搾り麦汁」ですが、「一番搾り製法」では一番搾り麦汁のみを使用します。これが、飲みやすく飲み飽きない、キリン一番搾り生ビールの元になっているのだとか


最後に、麦汁煮沸釜に一番搾り麦汁とホップを加えて煮込みます。麦汁沈殿槽で余計なものを取り除けば、上質な味わいの一番搾り麦汁の完成です!

・・・とここでスタッフの方から「実際にみなさまに体験していただきます!」という声が。何と、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁のテイスティングもできるようです!

左が一番搾り麦汁、右が二番搾り麦汁ですが、色だけでなく味の違いにも驚きました。一番搾り麦汁はまるで甘酒のような濃厚な甘さ。二番搾り麦汁はマイルドな甘味を感じます。


このこだわりが一番搾り生ビールの美味しさにつながっているのだと、感動もひとしおでした。

【一番搾り美味しさの秘密③】約800種から選び抜かれた酵母/「発酵~濾過工程」解説

今すぐにでもビールを飲みたくなってきた筆者ですが、工場見学はまだまだ続きます!続いて「発酵」「濾過」工程の見学へ。


一番搾り麦汁を発酵タンクに送る際、ビール酵母を加えます。ビール酵母は糖分を食べ、アルコールと炭酸ガスを作り出しますが、これを発酵と呼びます。キリンには約800種類の酵母があり、つくりたいビールの特徴や香りに合わせて選んでいるのだとか。

▲実際に酵母の世界をARで体験できる演出も。酵母の働きがよく分かります

▲実際に酵母の世界をARで体験できる演出も。酵母の働きがよく分かります

  • ▲濾過前

  • ▲濾過後。透き通って「KIRIN」の文字が見えます

その後は貯蔵タンクで約1〜2カ月ほど低温熟成し、香りや風味を調和させていきます。醸造家の五感を駆使して最もビールが美味しいピークとなるタイミングを見極め、貯蔵を終えます。


役目を終えた酵母を濾過器で取り除いたら、一番搾りの完成です!

▲缶蓋巻き閉め機

▲缶蓋巻き閉め機

ビール完成後も、出荷までの工程を見学できます。


印字機により賞味期限などが印字された缶は、空間洗浄器でしっかりと洗浄され、缶詰め機を一周する間にビールが注がれます。そして、缶蓋巻き閉め機で缶の蓋が閉められた状態のものが出荷されます。

この日は一番搾りではありませんでしたが、チューハイ「氷結」のパッケージングが行われていました。初めて見る機械ばかりで、その動きについつい目を奪われてしまいました!


ビール一つをとっても、実はこのようにさまざまな製造工程を踏んで、私たちの元にたどり着いていたんですね。今後、ビールを飲むときはこの過程に想いを馳せてしまいそうです。

工場直送の生ビールに3種の飲み比べ!リニューアルした試飲パートを体験/テイスティング

工場見学を終えたら、いよいよお待ちかねのテイスティング。こちらも今回大きくリニューアルした注目のパートで、スタッフの方に一番搾りの味わい方を解説してもらえるセミナーや飲み比べコーナーが追加されました


まずは美味しい生ビールを提供するための知識や技術を習得した「ブルワリードラフトマスター」が、工場直送の一番搾りを注いでくれます。

▲こだわりはグラスにも。飲み口を天開形にすることで、やさしい口当たりを実現しているのだそう

▲こだわりはグラスにも。飲み口を天開形にすることで、やさしい口当たりを実現しているのだそう

▲一気に飲みすぎてしまいました・・・工場見学オリジナルのおつまみも配られます

▲一気に飲みすぎてしまいました・・・工場見学オリジナルのおつまみも配られます

完成するまでの過程を知ってから飲むビールは極上の味わい。キンキンに冷えた「一番搾り」をグビっと一杯飲むと、麦本来のうま味が口いっぱいに広がり、いくらでも飲み進められそうです。たまりません・・・。

一番搾りを飲んでいると、再びスタッフの方が登場。ビールをいただきながら、一番搾りの味わい方について知れる「一番搾りおいしさ実感セミナー」を聞くことができるんです。贅沢・・・!


解説の途中で、なんとまたビールが運ばれてきました!「一番搾り」「一番搾りプレミアム」「一番搾り<黒生>」の3種飲み比べまで楽しめるのが、この工場見学のすごいところ。

▲左から、一番搾り、一番搾りプレミアム、一番搾り<黒生>

▲左から、一番搾り、一番搾りプレミアム、一番搾り<黒生>

スタッフの方の説明を聞きながらいざ飲み比べ。味の比較がしやすいよう、あえて泡をつけていない状態のビールをいただきます。まずは炭酸が飛ばないように、ぐるっと回転させてから香りを楽しみ・・・そのあと「1、2、3」と3秒口に含んでから飲み込むと、普段よりしっかり味わいを感じることができます。


「一番搾りプレミアム」は、グラスを近づけると東北産ホップ「IBUKI」を使用した華やかな香りがふわりと漂います。「プレミアム」の名前の通り、特別なひとときに堪能したい一杯です。


「一番搾り<黒生>」は、雑味がなく芳醇な味わい。飲むほどに美味しさを実感でき、塩気のあるおつまみとも相性バツグン!黒ビールながら癖が強くなくスッキリした味わいで、飲みやすい一杯でした。

このほか、お土産が購入できる「キリンファクトリーショップ」も見逃し厳禁。工場見学オリジナルのお土産がなんと80種類も並びます。筆者はあまりにもテンションが上がり、少し買いすぎてしまいました・・・。

イチオシは、靴下全体が“ビール柄”の「KIRINビールソックス」(1,080円/写真左)!さらに「キリンミニチュアビールケース」(220円/写真右)など、ビール好きにはたまらないグッズが勢ぞろいです。


また「一番搾りビールゼリーチョコレート20個入」(800円)は、中にビールゼリーが入ったボンボンショコラで、かわいいパッケージも印象的。お土産にも喜ばれそうです。

まとめ

普段何気なく飲んでいるビール。その裏にはたくさんの工程や、作り手の熱い想いがありました。五感で楽しめるキリンの工場見学は、まるでアトラクションのよう!ぜひ、足を運んでそのこだわりを実感してみてくださいね。

キリンビール横浜工場

所在地:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1

電話番号:045-503-8250

最寄駅:生麦駅

受付時間:9時45分~16時30分(休館日を除く)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日休館)


工場だけの特別体験。キリン一番搾り おいしさ実感ツアー

参加費:500円(ツアー要予約)

予約方法:Web/電話予約

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年04月30日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。