幅広い年代に親しまれているラケットスポーツ施設が誕生!/パデル東京ミズマチ

スペイン発祥のラケットスポーツ「パデル」の専用施設「パデル東京ミズマチ」が、2023年1月21日(土)にオープンします。


「パデル」は、45年以上前にスペインで生まれた、テニスとスカッシュを合わせたようなラケット競技。欧州や南米を中心に世界で人気が急上昇しているスポーツです。


その楽しさ、奥深さが人気を博し、幅広い年代に親しまれているそう。

日本では、2013年に埼玉県所沢市に国内初のパデルコートが誕生。現在では、全国20施設、37コートと年々増加しており、東京都内で3番目、東東京エリアでは初のパデルコートとなります。屋外パデルコートは、3面設置予定。


同施設のオープンにより、スポーツを通じた新たな交流が生まれ、下町のコミュニティスポットとしてさらに発展しそうですね。新しいスポーツにぜひチャレンジしてみては?

パデル東京ミズマチ
  • 所在地

    東京都墨田区向島 1-32-4 イーストゾーンE08

  • 最寄駅

    とうきょうスカイツリー

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年12月27日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。