ロケ地巡りが趣味の映画ソムリエがナビゲート!

映画ソムリエという肩書で映画を独自の切り口で紹介している、東紗友美です。今回は「心をフラットな状態に戻すならココ!」という映画『ロスト・イン・トランスレーション』のロケ地をご紹介します。

新宿の雑踏で交わすハグ。淡い時間の終わりを告げる名シーン/ロスト・イン・トランスレーション ロケ地巡り

今回は、ビル・マーレイ&スカーレット・ヨハンソン主演、アカデミー賞脚本賞を受賞した映画『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)のロケ地をご紹介します。


CM撮影のため来日したハリウッドスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)は、言葉の壁があり意思疎通できない異国の地での居心地の悪さを感じていました。滞在先のホテルに戻れば自宅にいる妻から届くFAXにうんざりし気分は滅入るばかり。


一方、同じホテルにはカメラマンの夫の仕事に同行してきた若妻シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)も滞在。彼女は忙しい夫に放置されて、部屋で時間を持て余し退屈していました。


お互いに孤独を抱えた歳の離れた二人がある夜、ホテルの最上階のバーで偶然出会い、異国の地・東京でいつしか同じ時間を過ごすようになる・・・というお話です。

▲映画『ロスト・イン・トランスレーション』DVD 筆者私物

▲映画『ロスト・イン・トランスレーション』DVD 筆者私物

私たちにとっては見なれた東京の風景のはずですが、この映画で映し出される“TOKYO”は一味違います。なぜなら”異邦人の瞳”で見つめられた東京だからです。知っている風景のはずなのに知らない都市のように思えます。


誰もが心のどこかに寂しさを抱えている、寂しさがにじみ出る街・東京。そんな街をガーリーカルチャーを描く点において右に出る者はいない且つ、日本通でもあるソフィア・コッポラ監督が、圧倒的センスでうっとりするような世界に描いてくれているのも、この作品の魅力。東京を異なる視点で捉えた作品なので、”東京”を俯瞰して、忙しない日常から逃れ、一旦気持ちをフラットしたい人にもオススメです。


メインとなるロケ地は二人の滞在先という設定のホテル「パークハイアット東京」ですが、渋谷のスクランブル交差点やゲームセンター、歌舞伎町や中目黒や地下鉄の駅など知っている街並みが多く登場します。

数々のロケ地の中でもとくに私が行ってみたかったのは、ラストシーンで使用された新宿西口の裏通り。なぜなら、ここはボブとシャーロット、二人の切ない別れのシーンに登場する印象的な場所だからです。


2人の間にあるものは愛でも恋でもない。切なく淡いひとときの感情。踏み込まないからこそ保たれる甘い湿度感が終始渦巻いている。ビターでスイートなソフィア・コッポラ監督ならではの世界線です。


別れの時。2人は雑踏の中、抱擁し、そして静かにキスを交わします。その際に、ボブがシャーロットに何かを耳打ちするのがとても印象的なんです。ボブの言葉に、シャーロットは嬉しそうに笑顔を見せる。


なんて言ったのだろう?私たちには聞こえない。彼女を笑顔にさせた言葉の贈り物は、2人にしかわかりません。


人混みの中でのハグの後、それぞれの生活に、別々の人生に戻っていきます。誰も2人を気に止めることもない、皆それぞれが自分に忙しい、そんな東京に暮らす人間たちの人混みがセットの一つのようにこのシーンに効果をもたらしています。雑踏の中の商店街で抱き合う二人、その一カ所だけにやわらかなスポットライトが当たっているような美しさなんですよね。


この場所でサヨナラした二人はもう二度と、出会うことはないでしょう。シャーロットもボブもが淡い秘密を胸にしまい、元いた場所に、また日常に、静かに帰っていくのです。

そんな別れの名シーンが撮影されたのが、こちらの新宿駅西口のヨドバシカメラのある通り。駅前から1本裏に入っただけで、別の世界が広がります。


まもなく公開から20年を迎えるため、街の景色は劇中とかなり変わってしまったかな・・・と心配していましたが、改めて訪れてみると変わらない印象もあり、感慨深いものがありました。

ロケ地巡りで好きな瞬間の一つが、ちょっとだけ探偵気分で”特定”する作業。ロケ地付近にこぼれ落ちたヒントをかき集めて「ここだ!」と見つけたときの喜びはたまりません。


同作のロケ地巡りでヒントにして欲しいのが、こちらの建物。ボブが雑踏を歩いているシーンの後ろに、この建物の壁面が写っているんですよね〜!特徴的なカクカクした突起(写真の白枠部分)に、感謝です。この一部分だけ見てガッツポーズするのも私ぐらいかもしれませんがそれも逆に嬉しい気がします。

このあたりでハグをしていたようなので、私もここで念の為、セルフハグをしておきました。念の為。

▲幻想的な青い光を放つ、パークハイアット東京

▲幻想的な青い光を放つ、パークハイアット東京

先ほどの“ハグ現場”から少し進むと、物語のメインの舞台である「パークハイアット東京」が抜けて見えます。


異国の地でひとりぼっちになった二人の間に静かに生まれたシンパシー。海外旅行で不安なとき、思いがけず日本人と出会えた時の安心感を知ってる人ならこの映画に流れている空気が、きっとわかるはず!あの波動みたいなものが作品の中に凝縮している物語なんですよね。


ここにくると、ボブとシャーロットがこの場所で、東京での秘密の時間を噛み締めながら、心をリセットして日常に戻っていった姿をいつも思い出します。毎日、体も頭もめいいっぱいに使う日常。そこから一旦、心をフラットにさせたいとき。二人が自分を取り戻したこの場所に訪れることをオススメします。


※劇中での同シーンは日中ですが、人の写り込みを避けるため今回は夜に行ってきました。喧騒から離れられるこの時間帯に訪れるのも、とてもオススメですよ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年08月29日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。