※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

柴又帝釈天(題経寺)

  • 柴又駅

彫刻の寺と称され、山門をはじめ境内各所多くの装飾彫刻が施されている。

1629年開基開山、正式名称は経栄山題経寺。当山には昔より日蓮聖人御親刻と言われる帝釈天のご本尊が安置されていたが、江戸中期の一時所在不明となっていた。安永年間に至り当山の第九代亨貞院日敬(こうていいんにちきょう)上人は此の寺のお堂が荒廃したのを歎き、その復興を計ったところ、安永八年(1779)の春、本堂改修中の梁上にこのご本尊を見出し、ついにご本尊の再来の法悦にあったのである。その吉日が庚申(かのえさる)に当たったことが、当山と庚申の結縁の始まりになったのである。

<ご利益>
合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    柴又駅

  • 所在地

    〒125-0052

    東京都葛飾区柴又 7-10-3

  • 営業時間

    参拝時間 9:00~18:00
    御朱印受付時間 9:00~17:00

  • 問い合わせ

    03-3657-2886

  • 公式サイト

    柴又帝釈天公式サイト

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました