※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

調布市武者小路実篤記念館

  • 仙川駅

小説「友情」や、野菜の画と「仲よき事は美しき哉」の言葉でも知られる武者小路実篤の多彩な活動を紹介。

武者小路実篤(1885-1976年)は、明治43年に志賀直哉、柳宗悦らと雑誌『白樺』を創刊して文学者として世に出、「友情」「愛と死」「人生論」など多くの作品を発表しました。また文学だけでなく、美術、演劇、思想、新しき村創設と、多彩な業績を残しました。当館は、実篤が昭和30年から51年までの20年間を過ごした邸宅(現:実篤公園)の隣接地に昭和60年に開館しました。実篤の著書や書画、原稿や手紙、愛蔵品などを所蔵し、文学や美術などいろいろなテーマで展覧会を約5週間ごとに開催し、いつでも新しい発見がある展示づくりをめざしています。また、館内では閲覧室、情報提供システムが利用できるほか、子供から大人まで参加できる様々な講座も開催しています。実篤公園には実篤が暮らした家や、泉と池のある緑豊かな自然が残り、四季折々の風情を楽しむことができます。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    仙川駅 / つつじヶ丘駅

  • 所在地

    〒182-0003

    東京都調布市 若葉町1-8-30

  • 営業時間

    午前9時から午後5時

  • 定休日

    月曜日(祝日の時は翌日)、年末年始。その他、展示室の休室日あり。

  • 問い合わせ

    03-3326-0648
    kinenkan@mushakoji.org

  • 公式サイト

    調布市武者小路実篤記念館公式サイト

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました