伝統を守りながら常に最先端を行く街・銀座を体感できるホテル/ハイアット セントリック 銀座 東京

東京・銀座の代表的な通りのひとつ「並木道通り」沿いに位置する「ハイアット セントリック 銀座 東京」。昔から受け継がれる伝統を大切にしながら、最先端の文化を柔軟に受け入れてきた銀座の“らしさ”をデザインに落とし込んだ、ハイセンスなライフスタイル ホテルです。

新旧の文化が交差する「銀座」の中心地にあり、旅への感度が高い“アクティブトラベラー”をサポートしてくれる同ホテル。エントランス付近に自転車が置いてあるのですが、自転車レンタルでの銀ブラを楽しめる宿泊プランもあるそう。


また、ホテル業界初の「aiboフレンドリーホテル」でもあります。ペットロボット・aiboと一緒にダンスやふるまいを楽しむダンスパーティーイベントを開催するなど、ユニークな取り組みも!

常に変化していく街・銀座を表現した館内のアートワークにも注目です。


3Fエレベーター横にある鮮やかな赤の壁には、英字、漢字、カタカナなどさまざまな文字がびっしりと散りばめられています。この文字は、「ハイアット セントリック 銀座 東京」にまつわる「名称」「開業日」「地番」などを表すもの。まさに銀座が言葉や情報が集まる最先端の場所であることを想起させるアートです。


ほかにも、朝日新聞社が保管していた活版文字の母型を用いて作られた銀座の地図や、魚介を描いた黒板グラフィック作品など、フロアごとにさまざまな作品が飾られています。ぜひチェックしてみてください。



ちなみに、ホテルの全容はYouTube『週末おでかけチャンネル』で公開中!

すべてのメニューにマンゴーを使用! マンゴーアフタヌーンティーで夏を感じる

3Fのエレベーターを降りると、すぐに目の前に見えるBar & Loungeエリアと、ライブ感あふれるショーキッチンを備えたDiningエリアからなる「NAMIKI667」。


独創的なシグネチャーカクテルなどのドリンクが充実したBar & Loungeでは、季節のパフェ、カツサンドやハンバーガーなど、バーメニューも多数取り揃えられています。12:00~ 17:00(L.O.16:00)の時間帯には、人気のアフタヌーンティーも楽しめます。

並木道通りに面するテラス席も人気。気候がよい季節には、こちらで銀座の風を感じながら舌鼓を打つのがオススメです。

そしてNAMIKI667で2022年8月31日(水)までの期間限定で提供しているのが、「Mango Afternoon Tea(マンゴーアフタヌーンティー)」(4950円/税込・サービス料別)。南国の果実マンゴーをたっぷりと使用した、トロピカルなアフタヌーンティーです。


セイボリーなしの「Mango Sweet Afternoon Tea(マンゴースイートアフタヌーンティー)」もあり、こちらは平日の予約限定で3300円(税込・サービス料別)です。

セイボリーは3種。

セイボリーは3種。

写真左が「マンゴーとイベリコチョリソーのタルト」。マンゴーとイベリコチョリソー、赤玉ネギやキュウリを混ぜ合わせてナンプラーで味付けし、アジアンテイストに仕上げた一品です。エスプレットという唐辛子をふりかけてコリアンダーをのせた、夏に合うスパイシーな味わいが楽しめます。


中央の「マンゴーのガスパチョ」は、バルサミコソースで和えたフレッシュマンゴー、イエローのパプリカやキュウリなどを使って夏らしいさわやかな酸味が感じられます。添えられたミントとミントオイルで清涼感もたっぷり。


一番右の「マンゴーとフォアグラのテリーヌ」は、舌触りなめらかなテリーヌにしたフォアグラの中に、ポルト酒でマリネしたドライマンゴーを砕いて混ぜ込んであります。濃厚でコクのあるフォアグラとマンゴーの酸味と甘味のマリアージュが絶妙! 振りかけられた黒コショウがアクセントに。

スイーツは大充実の7品。こちらもすべて、マンゴーが使用されています!


左上の「マンゴーショートケーキ」は、ライム風味のシロップを打ち込んだ生地に、生クリームとフレッシュマンゴーがはさまれています。卵の黄身のようなマンゴーゼリーがのせられていて、とってもキュート!


その右隣はマンゴープリンにハワイの伝統菓子ハウピアというココナッツ餅をのせた「ハウピアとマンゴープリン」。その右にあるのが「マンゴージンジャームース」。生姜とライムを使ったクリーム、パッションフルーツのジュレをマンゴームースで包んでいます。


左下の「マンゴーパッションタルト」は、タルト生地にパッションフルーツとマンゴーを使ったクリームがたっぷり。ひと口食べるととろりとなめらかに舌にすべり落ちます。

夏にぴったりの「マンゴーかき氷」も。マンゴーのグラニテの中に、パッションとマンゴーのシャーベットが入ったひんやりデザートは、暑くなってきた今こそ食べたい一品です。

「マンゴーキャラメル シュークリーム」は、その名の通りマンゴーとキャラメルのマリアージュがたまらないスイーツ。キャラメルクリームの中に、砕いたキャラメルとマンゴーのコンフィチュールが忍ばせてあり、食感も楽しめます。

ちょっぴり変化球のスイーツが「マンゴーパイナップルパブロバ」。マシュマロのようにやわらかく焼き上げたメレンゲの上に、カルダモンの風味をつけたマンゴーとパイナップルのジュレをのせてライム風味の生クリームをしぼった、とろけるような舌触りのパブロバです。

ドリンクはコーヒーも含めて17種類の中から好きなものを好きなだけいただけますが、今回は「マンゴーストロベリー」をセレクト。飲み物まで含めて、まさにマンゴー尽くしなアフタヌーンティーとなりました。

まとめ

夏らしいさまざまな食材とマンゴーをあわせて豊かな味わいを生み出したマンゴー尽くしのラインナップ。この夏の「ハイアット セントリック 銀座 東京」のNAMIKI667は、マンゴー好きな方はマストで訪れたいスポットです。



ホテルの客室、宿泊情報もYouTube『週末おでかけチャンネル』で公開中!

ハイアット セントリック 銀座 東京 NAMIKI667
  • 所在地

    東京都中央区銀座 6-6-7, 3F

  • 最寄り駅

    銀座

  • 営業時間

    【ダイニング】
    朝食:7:00~11:00(L.O.10:30)
    ランチ:11:30~14:30(L.O.14:00)
    ディナー:18:00~22:00(L.O.21:00)


    【バー&ラウンジ】
    11:00~24:00(フ-ドL.O. 23:00 /ドリンクL.O. 23:30)

  • 電話番号

    03-6837-1300(NAMIKI667代表)

取材・文・写真/小林麻美

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年07月26日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。