愛玉子をつるり♪本格台湾茶専門店でティタームを/Cha Nova 台湾茶飲料専門店

「Cha Nova(チャノバ)」は、台湾で飲まれているようなバリエーション豊かなお茶を使ったドリンクが楽しめるカフェ。店主の井上さんは、商社時代に台湾茶の魅力を知り、2017年に「Cha Nova」を銀座にオープンさせました。東京にいながら本格的な台湾のお茶ドリンクを楽しめます。

店主が自ら厳選したという、台湾産のお茶や無農薬国産レモン、優しい甘みのはちみつなど、どの素材もこだわって揃えているとのこと。定番ドリンクの一つ「蜂蜜檸檬緑茶」(660円)では、そんなこだわりのお茶とハチミツ、レモンが一度に味わえます♪

もちろん、お茶だけでなく台湾を感じるスイーツも提供しています。これからの季節、ぜひチェックしたいのは、つるんとしたのどごしの「愛玉子」(605円)。ゼリーのような食感で、台湾に自生する植物から作られているんです。

夏らしいお茶ドリンクなら、「台湾パイナップル青茶」(825円)もご一緒に! たっぷり入ったパイナップルの果肉と軽発酵の烏龍茶である青茶がブレンドされた、爽やかなお茶。8月末までの期間限定メニューなので、お見逃しなく!

Cha Nova 台湾茶飲料専門店
  • URL

    http://chanova.jp/

  • 住所

    東京都中央区銀座 1-5-1 第三太陽ビル B1

  • TEL

    03-6263-2727

  • 営業時間

    火〜金  11:00〜20:00、土日祝日  11:30〜18:30

  • 定休日

    月曜日
    ※月曜祝日の場合営業。火曜休み。
    ※現在、臨時営業時間となります。火~日 11:00-18:00

台湾スイーツが充実!手作り豆花とつるんとおいしい仙草ゼリー/浅草豆花大王

いまやすっかり定番スイーツとなった台湾の人気スイーツ豆花。数あるお店の中でもブームになる前からオープンしている老舗が「浅草豆花大王(アサクサトウファダイオウ)」です。全国の豆花を食べ歩いているという店主が手作りするメニューたちは、地元の人にも大人気!できたて豆花目当てに、開店早々からお客さんが訪れていました。

こちらの豆花は少な目の150gか、たっぷり食べたい人向きの300gから選ぶことができます。寒い季節には温かい豆花も良いですが、これからの暑い季節には冷たい豆花や口当たりがいい「仙草ゼリー」(500円)がオススメ!仙草ゼリーはサッパリとした味わいで、甘い豆花との相性もバツグン。美容や健康に良いと、本場台湾でも人気なんですよ!

こちらはベーシックな冷たい豆花(150g・400円)に、定番の花生(ピーナッツ)ともちもちした食感の湯園(白玉)をトッピング。種類豊富なトッピングは100円と150円の2種類があります。トッピング3種セットなら350円(100円を3種の場合は300円)とリーズナブルなので、腹ぺこ具合にあわせて選んで♪

季節限定のパイナップル豆花は、台湾産のパイナップルがたっぷり!シロップもパイナップル果汁が使われており、豊かな香りとジューシーな果実感があふれる一品。柔らかい台湾産のパイナップルの果肉は、一度口にしたらやみつきに♡

浅草豆花大王
  • URL

    https://mobile.twitter.com/tofa_king

  • 住所

    東京都台東区浅草4丁目43−4

  • TEL

    03-5849-4580

  • 営業時間

    平日12:00~20:01、土日祝日11:00~19:00

  • 定休日

    火曜日

ベトナムスイーツ「チェー」で東南アジア気分に♪/Che 333(チェー バーバーバー)

アジア雑貨のセレクトショップ「333(バーバーバー)」に併設されているカフェ「Che 333(チェー バーバーバー)」。こちらでいただくことができるのは、ベトナムのローカルスイーツ「チェー」です。アジアの食材がギュッとつまっており、上にはかき氷がON。初めて食べる人にとっては、新感覚かき氷のようなデザートなんです!

ココナッツミルクや白タピオカ、自家製の緑豆餡、パンダンリーフゼリーなど、ベトナムの食材が豊富に入った「ココナッツミルク・チェー」(M700円/L800円)は、やさしい甘みが特徴の定番味。

ジャスミン茶のシロップがかかった「ジャスミン・チェー」(M700円/L800円)は、優しいジャスミン茶の香りに、パイナップルの酸味がアクセント!

少し和風の味わいを楽しみたいなら小豆餡ときな粉、そしてまろやかな豆乳シロップがかかった「ソイミルク・チェー」(M700円/L800円)を。どのチェーも日本の蒸し暑い夏にもぴったり!食べるだけで、異国情緒を楽しめちゃいそうですね。

Che 333/チェー バーバーバー

新宿に潜む台湾!飲み応えありタピオカドリンクと人気の豆花を♪/合作社

インパクトある顔のロゴが印象的な「合作社(ガッサクシャ)」は、台湾出身店主のお店と言うこともあり、色々な文化が交差する新宿に潜む“リトル台湾”のようなお店です。魯肉飯やジーロー飯などスイーツだけでなく、お食事系も充実しています。

そのなかでも、暑い季節にのど越しよく楽しめるおすすめは、小さな粒がたっぷり詰まった「お爺タロミニタピミルク」(600円)。タロイモをつかった小さな粒状のタピオカがたっぷりなんです!粒ののど越しも良く、飲み応えがあります。さっぱりとした甘さなので、たっぷり分量でもサラッと飲めちゃうんです♪

また6月から登場の夏季限定「マンゴースムージー」(600円)は、濃厚マンゴー感があふれる、まさに飲むフルーツ。ヨーグルトも入っているので、甘みと酸味のバランスも絶妙。豆花だけじゃ物足りないというときの、プラスαデザートとしてもぴったりです♪

定番人気の「おじいちゃん秘伝豆花」(594円)には、タロイモやタロ団子、タピオカなどがトッピング。中でも一番オススメのトッピングは、上にたっぷり載ったピーナッツ粉末!豆花のシロップ部分と一緒に口に含むと、豊かなピーナッツの香りが楽しめますよ。ドリンクと一緒に、楽しんでくださいね♪

合作社

2022年5月オープンの新店舗!夏にうれしい杏仁豆腐スイーツたち/杏仁豆腐TOKYO 渋谷道玄坂店

2022年5月、渋谷にオープンしたばかりの「杏仁豆腐TOKYO 渋谷道玄坂店」。「杏仁豆腐しか信じない」というキャッチコピーからも、杏仁豆腐へのこだわりを感じますよね♪メニューも杏仁豆腐づくしなんです。

まず見逃せないのはベーシックな杏仁豆腐。「杏仁豆腐 東京杏仁豆腐」(500円)は、専門店の本気が詰まった一品。原材料には北海道の生クリームをたっぷり使用、さらに厳選された高級「杏仁霜」を使っているとのことで、専門店ならではの滑らかで濃厚な味が楽しめます。こちらの杏仁豆腐をベースに、エスプレッソや各種ナッツ、フルーツや和テイストなどバリエーション豊富な創作杏仁豆腐も。全部で6種類あるので、日替わりで楽しめそう!

渋谷の街を飲み歩きしたいなら「杏仁シェイク」(700円)がオススメ!杏仁アイスシェイクとフルーツソースがひんやりおいしいドリンク系スイーツです。チャームポイントは、ピンクのハート型のストロー。「いちごみるく」と「ココナッツマンゴー」、2つのフレーバーで展開中です。

さらに、写真映えもしそうな「ソフトクリーム」も!写真の商品は杏仁豆腐の上にソフトクリームをトッピングした一品(700円)。サクサクコーンなら500円でいただけます。さらに、杏仁豆腐TOKYO公式アカウント(Instagram or Twitter)をフォローすると「くまちゃんモナカ(100円)トッピング」を無料プレゼント中とのこと。詳細はお店でご確認を。


ソフトクリームは、上質なイチゴをつかった「いちご」、濃厚な生乳のコクとバニラの香り×杏仁の甘みが楽しめる「杏仁バニラ」、そして2つを一緒に楽しめる「ミックス」の3種類。暑い日のおやつにいかがでしょうか。

杏仁豆腐TOKYO 渋谷道玄坂店

取材・文/ミノシマタカコ

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年06月30日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。