全国の温泉地をひとりで泊まり歩く「ひとり旅ブロガー」がナビゲート!

こんにちは。温泉と山を愛するひとり旅ブロガーの月山ももです。ひとりでは泊まれない温泉宿も多いなか、ひとり宿泊OKな全国各地の宿を泊まり歩き、その魅力をレポートしています。


今回は、東京奥多摩の「渓谷の絶景と絶品イタリアンを楽しむならココ!」という宿をご紹介します。

ハイキングや奥多摩観光にも便利!鳩ノ巣渓谷沿いの温泉宿/奥多摩の風 はとのす荘

渓谷の絶景が目の前!「奥多摩の風 はとのす荘」ひとり旅ブロガー月山もものイチ推し。_1559635

鳩ノ巣駅から徒歩4分と駅からアクセスの良い場所にある「奥多摩の風 はとのす荘」。目の前には鳩ノ巣渓谷があり、渓谷の美しい眺めを気軽に楽しめるすばらしいロケーションの宿です。

▲2階和洋室タイプ19,800円/人~

▲2階和洋室タイプ19,800円/人~

館内は新しくきれいで、1人でも広々としたツインルームに宿泊できます


私が宿泊したのはベッドルームの洋室の奥に、琉球畳が敷かれたくつろげるスペースがある和洋室です。

渓谷の絶景が目の前!「奥多摩の風 はとのす荘」ひとり旅ブロガー月山もものイチ推し。_1559637

はとのす荘の客室は、全室が“鳩ノ巣渓谷ビューコーヒーいただきながら渓谷や山の緑を眺めれば、リラックスした時間が過ごせます。

▲女性用露天風呂

▲女性用露天風呂

浴室も清潔で快適です。内湯は宿の近くから湧出した自家源泉、露天風呂は奥多摩湖の湖底から湧出する「鶴の湯源泉」で、2種類の源泉に浸かることができます。


露天風呂も鳩ノ巣渓谷に面しています。ガラスで覆われていて渓谷は見えませんが、山の緑を眺めながら湯浴みを楽しめます

▲2022年4月宿泊時の写真です。食事内容は3月、6月、9月、12月の3カ月に1回変更になるそう

▲2022年4月宿泊時の写真です。食事内容は3月、6月、9月、12月の3カ月に1回変更になるそう

はとのす荘は食事も魅力です。奥多摩産食材を使った食事を、夕朝食ともにレストランで楽しみました。


夕食は、イタリアンのコース料理。まずは前菜と一緒に生ビールをいただきました。前菜には新鮮な野菜がたっぷり。「奥多摩ヤマメの炙り焼きとリコッタチーズのサラダ仕立て」など、奥多摩産の食材もしっかり使われています。

▲2022年4月宿泊時の写真です

▲2022年4月宿泊時の写真です

ビールの後はグラスのスパークリングワインを注文。グラスワインの種類も多く、1人でもいろいろと楽しめるのがうれしいです。ビール、ワインのほかにウイスキーや梅酒、それから青梅市小澤酒造の地酒「澤乃井」もラインナップされていました(2022年4月宿泊時点)。


パスタは「桜海老・ツナ・春キャベツのペペロンチーノ リングイネ」と、春らしい食材がいっぱい。

▲2022年4月宿泊時の写真です

▲2022年4月宿泊時の写真です

赤ワインと一緒にいただいたメインの肉料理「牛肉のタリアータ ローズマリー風味」は、焼いた牛肉を薄く切ったシンプルな料理。近隣で作られた新鮮な野菜が添えられています。


デザートまですべて美味しく、地元産食材を使った本格的なイタリアンコースがいただけることに感激しました。

▲2022年4月宿泊時の写真です

▲2022年4月宿泊時の写真です

翌日の朝食も同じレストランで朝食を。卵料理にベーコン、ラタトゥイユ、パスタなどが盛り合わせになったプレートと3種類の焼きたてパン、スープとサラダにコーヒー、ジュースと盛りだくさんで、満足度が高かったです。


おなかいっぱいになった後は、鳩ノ巣渓谷を散歩するのがオススメ。遊歩道も整備されているので靴はスニーカーで大丈夫です。温泉とおいしい料理と、都内とは思えないほど美しい景色が一度に楽しめる「はとのす荘」、ぜひ一度訪れてみて。

~イチ推し。ポイント~

1.山の緑を見ながら湯浴みを楽しめる。

2.1人でも広々としたツインルームに宿泊できる。

3.奥多摩産の食材を使った絶品イタリアンがいただける。

奥多摩の風 はとのす荘
  • 所在地

    東京都西多摩郡奥多摩町棚澤 662

  • 最寄駅

    鳩ノ巣

  • 電話番号

    0428-84-7123

本記事内の情報に関して

※本記事内の情報は2023年05月01日時点のものです。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。