定番の肉汁餃子から女子ウケ餃子や進化系餃子まで約30種類が集結/クラフト餃子フェス SAITAMA 2022

▲第1回の「クラフト餃子フェス」は2022年のGWに東京と大阪の2都市で同時開催。36万人を集客

▲第1回の「クラフト餃子フェス」は2022年のGWに東京と大阪の2都市で同時開催。36万人を集客

10月5日(水)〜10日(月・祝)の6日間、「さいたま新都心 けやきひろば」にて「クラフト餃子フェス SAITAMA 2022」が開催。今回はさいたま市で初開催ということで、地元食材にこだわる約30種類の餃子が全国から集まります。


定番の肉汁餃子や2大餃子都市の宇都宮餃子と浜松餃子、女子ウケ餃子、メディア注目の進化系餃子など、個性豊かなラインナップ。全国の餃子職人が精魂込めて作りあげてきた、できたての“クラフト餃子”を味わえます。

  • ▲「十勝産濃厚味噌バター牛カツ餃子」

    ▲「十勝産濃厚味噌バター牛カツ餃子」

地元さいたま代表として出店する「餃子の宮でんでん」の「小江戸黒豚羽付き餃子」は、川越の希少なブランド豚や埼玉県産の小麦を使用するなど、地産地消にこだわる地元愛たっぷりの餃子。


京都で育ったブランド豚・京丹波高原豚を使用し、レモンピールを練りこんだまろやかなお酢をかけて食べる「ミヤコパンダ」の「さわやかに香るレモン餃子」も登場。


さらに、北海道「餃子とワイン 果皮と餡」のイタリアンシェフが考案した「十勝産濃厚味噌バター牛カツ餃子」など、ユニークな“クラフト餃子”の数々が一堂に会します。

  • ▲餃子の宮でんでん「小江戸川越小籠包」

    ▲餃子の宮でんでん「小江戸川越小籠包」

  • ▲肉玉そば越智×浅草開化楼の「謹製 旨味肉汁餃子」

    ▲肉玉そば越智×浅草開化楼の「謹製 旨味肉汁餃子」

数々のイベントに引っ張りだこの人気ラーメン店「肉玉そば越智×浅草開化楼」の「謹製 旨味肉汁餃子」や、大きめにカットされたキャベツのシャキシャキ食感がたまらない「餃子の江原」の「肉肉餃子(8個入り)」など、人気の餃子も出品。


会場では、冷凍餃子の物販コーナー「クラフト餃子SHOP」も同時出店するので、気に入ったお店の餃子を持ち帰ることもできます。この秋、餃子をこよなく愛する餃子ファンは絶対に足を運ぶべきフェスティバルに、ぜひ参加してみては?

クラフト餃子フェス SAITAMA 2022

開催期間:2022年10月5日(水)~10日(月・祝)

所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心10(さいたま新都心 けやきひろば)

入場料金:無料(飲食代別途)

最寄駅:さいたま新都心

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年09月20日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。