小豆島産をはじめ日本各地の旬の食材を味わえるオールデイダイニング/夕陽ヶ丘食堂

7月1日(金)、浜松町に「夕陽ヶ丘食堂」がオープンしました。同店はベーカリー、デリカテッセン、カフェ、モーニング、ランチ、ディナー、バーとしての利用が可能で、どの時間帯でも食事を楽しめるオールデイダイニングです。


料理には、瀬戸内をはじめ、日本各地の旬の食材を使用。とくに香川県小豆島の素材にこだわっており、オリーブ牛やオリーブ豚、オリーブ鶏、そうめん、醤油など厳選した食材を使用しています。

  • ▲「小豆島プレート」(800円)

    ▲「小豆島プレート」(800円)

  • ▲「ホテルリラサーレ東京」の宿泊者限定朝食プレート(写真は和プレート)

    ▲「ホテルリラサーレ東京」の宿泊者限定朝食プレート(写真は和プレート)

モーニングでは、小豆島の手延べそうめんを使用した「小豆島プレート」(800円)がオススメ。なお、同日にオープンした系列の「ホテルリラサーレ東京」に泊まれば、宿泊者限定の和・洋プレートをいただくこともできます。

  • ▲「テイクアウト専用ランチボックス」(1,000円)

    ▲「テイクアウト専用ランチボックス」(1,000円)

  • ▲「特製炭火焼プレート」(1,000円)

    ▲「特製炭火焼プレート」(1,000円)

ランチには、炭火焼のメイン料理1種(肉または魚)とお好みのおかず2種、そして白米か炊き込みご飯を選べる「テイクアウト専用ランチボックス」(1,000円)がオススメ。ディナー時には、メイン料理1種(肉または魚)を選べる「特製炭火焼プレート」(1,000円)などもあります。


いつ行っても味わい深い料理が堪能できるので、近くに立ち寄った際に足を運んでみては?

夕陽ヶ丘食堂

所在地:東京都港区浜松町2-7-3

電話番号:03-6721-5652

最寄駅:浜松町

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年07月12日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。