【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

“常に未完成である”という魅力・・・下北沢駅高架下に新施設が誕生/ミカン下北

3月、商業エリアとワークプレイスが同居した施設「ミカン下北」が、東京・下北沢駅の高架下にオープンします。

 

プロジェクトコンセプトに“ようこそ。遊ぶと働くの未完地帯へ。”を掲げる同施設は、多様な文化が交差し、絶えず自由に編集され、変わり続ける、=“常に未完である”ことに下北沢の普遍的な魅力を見出し、名付けられました。

同施設は、A・B・C・D・Eの5街区から構成され、個性的な飲食店舗を中心とした商業エリアと「遊ぶように働く」を体現するワークプレイスが一緒になった、遊ぶと働くが混ざる新しい下北沢の形を提案する施設。


建築デザインにもこだわりがあり、A街区はいつまでも進化・深化していく未完の建築としての無骨な存在感を表現している一方、B・D・E街区は、“ヒト・コト・モノ”の価値を未来へ運ぶことをイメージしたデザインとなっています。

出店するのは、多様なニーズに対応するワークプレイス「SYCL by KEIO(サイクル バイ ケイオウ)」(A街区・B街区)や、下北沢初出店となるSHARE LOUNGE併設の「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤブックストア)」(A街区)、商業施設への出店自体が稀有な人気飲食店など、下北沢をさらに進化させる20店舗。また世田谷区との取り組みによる「図書館カウンター」(E街区)も設置されます。

ミカン下北
  • 所在地

    東京都世田谷区北沢 2-1054-12(A街区)、2-296-1(B街区)、1-38-16(C街区)、2-1054-84(D街区)、2-296-4(E街区)

  • 最寄駅

    下北沢

  • 備考

    2022年3月

    B街区は2022年夏、C街区は2019年3月開業済

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年01月25日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。