住吉神社

スミヨシジンジャ

月島
03-3531-3500

地域一帯の氏神として信仰される神社。

陶製住吉神社扁額、板絵着色蘭陵王図額など、区の重要文化財も多数あります。例祭は毎年8月6日、7日。例祭の行事には、蔭祭りと、3年に一度実施される本祭りがあります。本祭りでは、土・日を含む4日間にわたり獅子頭の宮出し(中央区区民無形民俗文化財)や八角みこしの宮出し、みこしを船に乗せて氏子地域を回る船渡御が行われます。

<起源>
神功皇后三韓征伐の際、住吉三柱の御守護により無事達成され、その帰途、摂津国西成郡田蓑島(現:大阪市西淀川区佃)にて、住吉三柱を遥拝なさいました。これが大阪佃の住吉の社(現:田蓑神社)の起こりです。その後、天正年間より大阪田蓑島の人々と徳川家康公とが深い関わりを持つようになり、家康公の漁業の傍ら田も作れとの命により、村名を田蓑から佃へと改め、また田蓑の名を残すため神社名を住吉神社から田蓑神社へと改めることになりました。その後、家康公が関東下降の際、摂津国佃の漁夫33人と住吉

陶製住吉神社扁額、板絵着色蘭陵王図額など、区の重要文化財も多数あります。例祭は毎年8月6日、7日。例祭の行事には、蔭祭りと、3年に一度実施される本祭りがあります。本祭りでは、土・日を含む4日間にわたり獅子頭の宮出し(中央区区民無形民俗文化財)や八角みこしの宮出し、みこしを船に乗せて氏子地域を回る船渡御が行われます。

<起源>
神功皇后三韓征伐の際、住吉三柱の御守護により無事達成され、その帰途、摂津国西成郡田蓑島(現:大阪市西淀川区佃)にて、住吉三柱を遥拝なさいました。これが大阪佃の住吉の社(現:田蓑神社)の起こりです。その後、天正年間より大阪田蓑島の人々と徳川家康公とが深い関わりを持つようになり、家康公の漁業の傍ら田も作れとの命により、村名を田蓑から佃へと改め、また田蓑の名を残すため神社名を住吉神社から田蓑神社へと改めることになりました。その後、家康公が関東下降の際、摂津国佃の漁夫33人と住吉の社の神職平岡権大夫好次が分神霊を奉載し江戸へ下り、寛永年間に幕府より鐵砲洲向かいの干潟を賜り築島しました。そして故郷の名をとり佃島とし、この地に社地を定め、正保3年(1646)6月29日 住吉三神、神功皇后、徳川家康の御神霊を奉遷祭祀しました。これが佃住吉神社の起源です。

<初詣>
【例年の参拝者数】
約5000人

【例年の混雑時間】
1月1日8:00~17:00、1月2日・3日10:00~17:00

【初詣の特徴】
24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり

<ご利益>
諸願成就

おすすめポイント

住吉神社の基本情報

スポット名 住吉神社
住所

〒104-0051   東京都 中央区 佃1-1-14

point地図を見る

最寄駅
TEL

03-3531-3500

営業時間 参拝時間(通常時)年中
授与所受付時間 8:00~17:00(3月1日~9月30日) 8:00~16:30(10月1日~2月28日)
御朱印受付時間 8:00~17:00(3月1日~9月30日) 8:00~16:30(10月1日~2月28日)
オフィシャルサイト

住吉神社

レッツエンジョイ東京の特集 祭り
東京駅・銀座・築地でオススメの初詣スポット

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

もっと口コミを見る>>

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる