東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

上野大佛(上野大仏)

ウエノダイブツ

京成上野駅 / 上野駅

数々の災難に見舞われながら現在の姿に至る大仏さまのお顔は「これ以上落ちない合格大仏」として、受験生や就活生に人気です。

この大仏は寛永8年(1631)、越後国村上城主であった堀丹後守直寄公が、こちらの高台に戦乱に倒れた敵味方の冥福を祈るために建立した「釈迦如来」です。京都・方広寺の大仏に見立てられ、当初は漆喰で作られましたが、明暦・万治の頃(1655~60年)、木食浄雲(もくじきじょううん)という僧侶により高さ6メートルの銅仏に改められました。また元禄11年(1698)には輪王寺宮公弁法親王により大仏殿が建立され、伽藍が整いました。しかし大仏は江戸時代以来、地震や火災といった災難に何度も見舞われました。幕末の上野戦争では辛くも被害を免れましたが、明治6年に大仏殿が解体され、さらに大正12年の関東大震災でついにお顔が落ちてしまったのです。その後、寛永寺で保管された大仏は再建される計画もありましたが、残念ながら復元されることなく、体は第二次世界大戦時に供出されてしまいました。昭和47年春、再び旧地に迎えられた大

この大仏は寛永8年(1631)、越後国村上城主であった堀丹後守直寄公が、こちらの高台に戦乱に倒れた敵味方の冥福を祈るために建立した「釈迦如来」です。京都・方広寺の大仏に見立てられ、当初は漆喰で作られましたが、明暦・万治の頃(1655~60年)、木食浄雲(もくじきじょううん)という僧侶により高さ6メートルの銅仏に改められました。また元禄11年(1698)には輪王寺宮公弁法親王により大仏殿が建立され、伽藍が整いました。しかし大仏は江戸時代以来、地震や火災といった災難に何度も見舞われました。幕末の上野戦争では辛くも被害を免れましたが、明治6年に大仏殿が解体され、さらに大正12年の関東大震災でついにお顔が落ちてしまったのです。その後、寛永寺で保管された大仏は再建される計画もありましたが、残念ながら復元されることなく、体は第二次世界大戦時に供出されてしまいました。昭和47年春、再び旧地に迎えられた大仏は、建立当初より大きく姿を変えましたが「これ以上落ちない合格大仏」として広く信仰を集めています。

<初詣>
【例年の参拝者数】
約1万人

【例年の混雑時間】
1/1 10:00~15:00

【参拝時間(年末年始期間)】
12/31 22:00~25:00

【初詣の特徴】
授与所あり

<ご利益>
合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、出世成功・昇格昇進、開運招福・諸願成就

このスポットを取り上げた記事

おすすめポイント

基本情報

スポット名 上野大佛(上野大仏)
住所

〒110-0007   東京都 台東区 上野公園

point地図を見る

最寄り駅

京成上野駅 / 上野駅

map路線&徒歩ルート検索

営業時間 参拝時間 10:00~16:00
授与所受付時間(平日) 10:00~15:30
御朱印受付時間(平日) 清水観音堂にて授与

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

もっと口コミを見る>>

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる