※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

洗足池公園

  • 洗足池駅

自然と歴史と景観。春は約200本の桜を楽しむことができます。

水面の広さ約4万平方mは都内でも屈指の大きな池。日蓮上人が「足を洗った」ことからその名前がついたと言い伝えられています。昔から風光明媚な池として知られ、江戸の頃には安藤広重の絵になって、江戸近郊の名勝として有名でした。現在は大田区立の公園(洗足池公園)となっていて、手漕ぎや足漕ぎのボートが浮かび、家族連れで訪れる人も多いです。平成7年には区が「池月橋」を建設し、趣きのある景観を演出しています。また東京でも有数の桜の名所で、花見時には大変な賑わいとなります。

※気候などにより、花の見ごろ・その他情報が変更になる場合があります。おでかけの際は、事前に会場・主催者までお問い合わせください。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    洗足池駅

  • 所在地

    東京都大田区 南千束2-14-5

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました