このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界 2nd SEASON “QUEST”

  • 2022/08/27(土) ~ 2022/12/18(日)
  • 資生堂ギャラリー
  • 銀座駅
  • 杉戸 洋《おきもの》 2021 年

  • 中村竜治《関係》 2021 年 木材、合板、パテ、塗料など

  • Nerhol《オニノゲシ》 2021 年 インクジェット・ペーパー

  • ミヤギフトシ 《消えた香り/書かれる手紙》 2021 年 資生堂「香水 セレナーデ」のボトル、オノト万年筆、 紙にインク(月夜)

  • 宮永愛子《message 2019/2021》 2021 年 ナフタリン、石(陶片)、ミクストメディア

  • 目[mé] 《matter α #Ⅶ》 2021 年砂、石、岩の粒子、など 《position》 2021 年 赤瀬川原平《ハグ2》より椅子 2 脚

70年以上継続してきた資生堂ギャラリーを代表するグループ展、椿会。第八次椿会のメンバーによる2022の展覧会が開催されます。

「椿会」は、第二次世界大戦で一時中断していた資生堂ギャラリーの活動を、1947年に再開するにあたり誕生したグループ展です。資生堂のシンボルマークである花椿にちなんで名づけられ、アートが人々に希望を与え、勇気をもたらすという信念に基づき、戦争や災害、不況などで世の中が閉塞状況にあるときにも再興を願い開催してきました。誕生から70年以上にわたり、時代とともにメンバーを入れ替えながら、資生堂ギャラリーを代表する展覧会として継続し、これまで合計86名の作家が参加しています。

2021年より、新しく第八次椿会がスタート。メンバーは、杉戸洋、中村竜治、Nerhol (ネルホル)、ミヤギフトシ、宮永愛子、目[mé]。この6組は、ジャンルを超えた活動やコラボレーションやチームでの制作などを行う、今の時代を代表するアーティストたちです。この6組のアーティストたちと共に、今年から2023年までの3年間をかけてafterコロナの「新しい世界」について考えていきます。
各年を「2021 触発/Impetus」、「2022探求/Quest」、「2023昇華/Culmination」と位置づけ、プロセスを踏みながら新たな問いを見出し、深めていく作業をおこなっていきます。

今年2022年は、メンバー同士でのコラボレーションや異分野の専門家と交流し、初年に生まれた問いや気づきについて「探求」し、そこから生まれる作品を展示します。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    資生堂ギャラリー
    銀座駅 / 新橋駅 / 東銀座駅

  • 所在地

    〒104-0061

    東京都中央区 銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

  • 開催期間

    2022/08/27(土) ~ 2022/12/18(日)

  • 公式サイト

    資生堂ギャラリー

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました