浅草店限定の新商品も登場!京都のお茶を使用したこだわりのラテ・スイーツ/八十八 浅草

▲浅草の隅田公園近くに建つ築70年釘なし木造民家を改装(イメージ図)。隅田川など東京の名所をバックに京都の抹茶を堪能できる

▲浅草の隅田公園近くに建つ築70年釘なし木造民家を改装(イメージ図)。隅田川など東京の名所をバックに京都の抹茶を堪能できる

1月20日(金)、浅草駅から徒歩約5分の場所に「八十八(ハトヤ)浅草」がオープンします。


同店は、京都・嵐山本線(通称:嵐電)の「車折(クルマザキ)神社前駅」目の前にある日本茶スタンド「八十八良葉舎(リョウヨウシャ)」の2号店。ゲストの目の前で抹茶を点てるスタイルで、各種日本茶のラテやスイーツを提供します。

▲左から「抹茶ラテ壱」「和紅茶ラテ」「ほうじ茶ラテ」(各700円)。アイス各種(350円)と白玉(150円)のトッピングもできる

▲左から「抹茶ラテ壱」「和紅茶ラテ」「ほうじ茶ラテ」(各700円)。アイス各種(350円)と白玉(150円)のトッピングもできる

本店で人気の「抹茶ラテ壱」(700円)や「和紅茶ラテ」(700円)、「ほうじ茶ラテ」(700円)などの定番商品を販売するほか、全国の催事で好評を得ている「抹茶バターサンドラテフロート」もラインナップ。新作トッピングの「泡抹茶」なども購入できます。

  • ▲「八十八プリン」(550円)※写真は白玉トッピング+150円

    ▲「八十八プリン」(550円)※写真は白玉トッピング+150円

  • ▲「浅草プリン」(600円)※写真は白玉トッピング+150円

    ▲「浅草プリン」(600円)※写真は白玉トッピング+150円

オススメは、ミルクプリンに抹茶ソースをかけた「八十八プリン」(550円)。本店で圧倒的な人気を誇る商品で、店を訪れたなら購入しておきたい一品。


また、今回の東京初出店を記念して数量限定で販売される「浅草プリン」(600円)は、ミルクプリンにも抹茶を配合。上にのる抹茶ソースも濃厚に仕上げており、より抹茶の深い味わいが堪能できるとのこと。


浅草におでかけの際は、京都府産の高品質なお茶をふんだんに使ったラテやスイーツを堪能してみて。

八十八 浅草
  • 所在地

    東京都台東区花川戸 2-14-3

  • 最寄駅

    浅草

  • 電話番号

    03-5830-6824

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2023年01月15日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。