新業態の店舗オープン、ゾーンリニューアルなどが続々と/丸ビル・新丸ビル

「丸ビル」開業20周年・「新丸ビル」開業15周年のアニバーサリーイヤーを記念して、“Your Palette ―明日を彩る、わたしを選ぼう。―”をコンセプトに、「丸ビル」の開業日である9月6日(火)から2023年春にかけて、段階的にリニューアルします。

リニューアルの幕開けとなる9月6日(火)には、丸ビル1階に“Timeless & Borderless”なカフェ「THE FRONT ROOM(ザ フロントルーム)」がオープン。さらに、地球環境に優しい唯一無二なサステナブルアウターブランド「SAVE THE DUCK(セーブ・ザ・ダック)」が、9月14日(水)にニューオープン。


今冬には、丸ビル3・4階に複合型書店「TSUTAYA BOOKSTORE MARUNOUCHI(ツタヤ ブックストア マルノウチ)」など新店舗が順次オープンします。

2023年春には、丸ビル地下1階フードゾーン「マルチカ」も全面リニューアル予定です。


”FOOD Feelings BASE”を新コンセプトに、これまでのお弁当やお惣菜はもちろん、新業態のスイーツや手土産など、シズル感のある新たなゾーンとして生まれ変わります。

新丸ビルには注目のグルメスポットやスキンケアブランドも登場

  • ▲「香港茶室 真不同1946」。英国ブランドの茶器で楽しむ香港スタイルのアフタヌーンティーも楽しめる

    ▲「香港茶室 真不同1946」。英国ブランドの茶器で楽しむ香港スタイルのアフタヌーンティーも楽しめる

  • ▲ビーフステーキを堪能できるイタリア・フィレンツェスタイルのビステッケリア「パスティーノ エ ビステッケリア ヒロ」

    ▲ビーフステーキを堪能できるイタリア・フィレンツェスタイルのビステッケリア「パスティーノ エ ビステッケリア ヒロ」

「新丸ビル」地下1階には、名店「西麻布 真不同」が手掛ける新業態「香港茶室 真不同1946 Hong Kong Tea Room Chenputon 1946」と、1ポンドのビーフステーキを堪能できる「パスティーノ エ ビステッケリア ヒロ」が、2022年秋にお目見え。


さらに、ジュエリーブランド「noguchi Bijoux(ノグチビジュー)」が商業施設に初出店し、注目のスキンケアブランド「EDOBIO(エドビオ)」が初の実店舗としてオープンします。


その他、同ビル7階の飲食店ゾーン「丸の内ハウス」が、2023年春にリニューアルします。

アニバーサリー特設サイトでは、著名人によるスペシャルインタビューや、丸の内での新しい過ごし方を提案するさまざまなコンテンツが随時公開されます。


周年限定商品やグルメ、アニバーサリーイヤーならではの特別な企画も発信されるそう。ますます魅力的になる「丸ビル」・「新丸ビル」が楽しみですね。

※詳細については、丸ビル・新丸ビルの公式ホームページ「アニバーサリー特設サイト」をご参照ください。

丸ビル
  • 所在地

    東京都千代田区 丸の内2-4-1

  • 最寄駅

    東京

  • 備考

    TEL:03-5218-5100(丸の内コールセンター )

    ※11:00~21:00

    ※日曜・祝日は、20:00 まで (連休の場合は、最終日のみ20:00 まで)

新丸ビル
  • 所在地

    東京都千代田区 丸の内1-5-1

  • 最寄駅

    東京

  • 備考

    TEL:03-5218-5100(丸の内コールセンター )

    ※11:00~21:00

    ※日曜・祝日は、20:00 まで (連休の場合は、最終日のみ20:00 まで)

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年08月31日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。