※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

うを徳

  • 飯田橋駅

明治の文豪泉鏡花の小説に登場する魚屋の
モデルにもなった老舗。

その中で主人公、早瀬主税(ちから)とお蔦のもとに
頻繁に顔を出す魚屋「めの惣」のモデルが「魚徳」の初代、萩原徳次郎氏。
主悦との仲を裂かれたお蔦は「めの惣」の二階に身を寄せ、
そこで息を引き取る筋書きになっている。
そんな小説にもなってしまう粋なお店です。
何より新鮮な魚介を美味しくご賞味いただけるよう心がけております。
【手土産】まぐろの角煮のご注文は、
電話、FAX、Eメールとさせていただきます。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    飯田橋駅

  • 所在地

    〒162-0825

    東京都新宿区神楽坂3-1

  • 営業時間

    月〜金
    11:30〜22:00
    (ドリンクL.O.21:00)

    土・日・祝
    11:30〜21:30
    (ドリンクL.O.21:00)

  • 定休日

    不定休日あり
    ※ご相談に応じますので2日前までにご予約下さい

  • 料金・費用

    平均予算 17,500円

  • 公式サイト

    ぐるなび店舗サイト

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました