“花”と“アート”にちなんだ企画が多数。自由が丘の恒例イベントが今秋も開催/秋のマリクレール 2022

10月9日(日)、10日(月・祝)の2日間、自由が丘南口エリアで「秋のマリクレール 2022」が開催されます。


自由が丘駅南口を出ると、目の前に広がる「マリクレール通り」。その名は、フランスのファッション雑誌『Marie claire(マリクレール)』に由来しています。日本語版を発行する中央公論社とのタイアップにより、1984年に通りの愛称として正式に採用。おしゃれなショップやカフェが立ち並ぶメインストリートとして、その名とともに愛されてきました。


1993年には、シャンソンライブやワイン販売、大道芸などフランスらしさを追求した「第1回マリクレールフェスティバル」を開催。以来、自由が丘の恒例イベントとして、「マリクレール」の名を冠したイベントが毎年開催されています。


今秋のテーマは、“花×アート 想いを伝え合う場所”。花と関わりの深い芸術家やフラワーアーティストとコラボしたさまざまなイベントが実施されます。

グッズ販売にフラワーアーチ・・・3年ぶり復活のイベントも同時開催!

フランス発祥の花屋「MONCEAU FLEURS 自由が丘本店」前では、ファッションデザイナーとして活躍した後、アーティストに転身した奥田雄太さんが手掛ける“花”をテーマにしたTシャツやトートバッグ、ステッカーなどを販売。


また、緑道を挟んだ反対側には、元テレビ朝日アナウンサーで現在はフラワーアーティストとして活動する前田有紀さん作のフラワーアーチを設置。お花に囲まれたステキな写真を撮ることができます。

さらに、2022年のゴールデンウイークで3年ぶりに復活した「おもちゃ博 in jiyugaoka」も同時開催されるとのことで、親子で来場しても楽しめる内容に。10月初めの三連休は、自由が丘の恒例イベントに足を運んでみませんか?


※新型コロナウイルス感染防止対策のため、飲食などの販売は行いません。

秋のマリクレール2022

開催期間:2022年10月9日(日)・10日(月・祝)

開催時間 :12:00~18:00

開催場所:九品仏川緑道(マリクレール通りの南)

最寄駅:自由が丘

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年10月08日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。