友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【な~んでも100円】酒もつまみも100円均一の居酒屋「SHOWA」は、もはや常識の通用しない酒飲みの天国だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信じられないことに世の中には、お酒もつまみも100円均一、いわゆる「百均酒場」というものが存在します。給料日前でお財布がピンチでも飲みたい!何も気にせず友だちや同僚と好きなだけ飲んで食べて盛り上がりたい!そんなシーンにぴったりな東京・板橋の百均酒場「SHOWA」は、常識を超えた酒飲みの天国。その衝撃の一部始終をぜひ、ご覧ください。

Date2017/09/01

誰と行く
友達・仲間
カテゴリ
食・グルメ
エリア
板橋

いつでも誰とでも財布を気にせず飲める酒飲み天国「SHOWA」


showa



お財布を気にせず、いつでも友だちや仲間を呼んで好きなだけ食べて飲んで楽しみたい。

そんな酒飲みの夢が叶う「酒飲みの天国」とも言える、お酒もつまみも100円で楽しめるとウワサのお店が、こちらの「SHOWA」です。

お店があるのは板橋駅から徒歩数分の「御代の台 仲通り商店街」という、夜はひときわ静かな雰囲気のエリア。

一見ごく普通の立ち飲み屋さんですが、よく見てください!



showa



マジすか・・・!?本当に「な~んでも100円居酒屋」なの・・・!?

人間、自分の常識を超えた情報に出会うと、いくら安いと言われてもそこに飛び込むのには躊躇してしまうものですが、勇気を出して一歩踏み出しましょう。

そこには、まさに“天国”としか言いようのない空間が待っています。



showa



お、店内はごく普通の酒場じゃないですか!

中央に大きな立ち飲み用テーブル。周囲の壁際にカウンターの椅子席。
お店の奥は大きな厨房になっていて、数人のスタッフさんが忙しそうに働いています。

同店はシステムが少し独特なんですが、一度理解してしまえばこれ以上わかりやすいものはないというシンプルなもの。

・おつまみが並ぶ冷蔵庫や棚から好きなものを持って注文カウンターに持っていく。
・お酒は飲みたいものを注文カウンターで注文する。


たったこれだけ!

ただし、キャッシュオンというわけではなく、最初の注文時に、必ず100円券が10枚つづりになった、1,000円分のチケットを購入します。 ここから、必要に応じて券をちぎって支払う、食券制というわけ。

正確には、消費税の増額にともない、現在チケットは1,100円に値上げされています。つまり厳密に言うと、全品税込で全品110円均一ということ。

が、メニュー表記は便宜上全て100円となっていますし、そもそもが激安すぎるので、あんまり細かいことを気にせず楽しんじゃいましょう。



showa



ホッピーセットはナカ(焼酎)が100円、ソト(ホッピー)も100円で、合わせて200円。

注文カウンター付近の冷蔵庫や棚には、美味しそうな料理の数々がずらりと並んでいて、種類が多すぎて目移りしてしまうほど。

そしてどれも100円とは信じられないほどボリューミー!



showa



「冷奴一丁」はスーパーで見るままの姿。頼むと薬味と一緒にお皿に盛ってもらえます。



showa



新鮮そうな「とまと」は2個で100円。



showa



「ちくわのツナ&チーズ焼」。
あ、こういうの、酒のつまみに最高なんですよね! しかし量が多いな・・・!



showa



「茄子とトマトのマーボー茄子」もあります。何度でも言いますが、本当にこれらすべて100円!



showa



「ひめたら一夜干し」、丸ごとのでっかい身が4尾も!

おつまみは、必要に応じて温めなおしたり、オーブンで焼いたりして出してもらえます。 だから魚の干物だって、いつでも焼きたてにありつける!

安いだけじゃなく、手間暇も惜しまずに提供してもらえるのがありがたすぎますよね。



showa



「Mixピザ オーブンで焼きます」!もちろんこれも100円です。もしかして日本一安いピザなんじゃないでしょうか?



showa



メンチカツ1つの値段が100円でもまったく不思議じゃないのに、「メンチカツとスコッチエッグ」や「メンチカツとカキ串」など、洋食屋のプレートのように豪華な盛り合わせたち・・・。



showa



「手作り羽根付餃子」、100円なら冷凍ものでも全然いいのに!下の煮物もやたらと豪華ですね。



showa



宮城県産の殻付きの「焼カキ」は、1個100円でも十分なのに、サービス精神から「3個200円」というおそろしい価格設定に。



showa



キンキンに冷えた「冷酒」や、「乾き物」なんかもあります。

とても一度来たくらいでは堪能しきれないほどに、メニュー数もそれぞれのボリュームもうれしすぎるほどに過剰なんですが、とにかくできる限り味わってみましょう。

まずは「ホッピーセット」から始めますか。



showa



ナカの量もたっぷり!

グラスが多少小ぶりではありますが、何の文句もない焼酎の濃さ。 そして、瓶のホッピーが1本100円って、ほぼ原価ですよね・・・。

最初のおつまみは、まずは健康的に野菜を食べておこうかと「グリーンサラダ」をチョイス。



showa



純粋に美味しそうなサラダ!

ただ食べられるようにちぎったキャベツがドサッと乗ってるだけ、とかじゃなくて、品目が多く、手が込んでいて、盛り付けのセンスまで感じる一皿です。 これが100円なんて、すごいなぁ・・・。



showa



「イタリアンドレッシング」や「棒棒鶏(バンバンジー)」など、ドレッシングもこんなにそろってます!

それから、この日の目玉メニューのひとつだった「マグロカマ焼き」もゲット。



showa



で、でかい!



showa



おさらいしましょう、これぜ~んぶで、400円です!

信じられますか?
信じられませんよね。
だけど、嘘じゃないんです!



showa



だってほら、100円の券がきっちり6枚余ってるでしょ!それでは早速いただいていきましょう。

まずはサラダを軽くつまんで、よ〜く冷えたホッピーをグイッとやったら、 大物、マグロのカマに取りかかります。



showa



あとからあとから身が発掘されます。

甘辛いタレを塗りじっくりと焼かれたマグロのカマ、身がホクホクで、食べるところがたっぷりあって、満足度高すぎ!



showa



続けてホッピーのナカをおかわり。心持ち、さっきより量が多くなってます。

ここまでに使った金額が500円。
つくづく、どうかしてますよ。
いい意味で。


そして僕、もはや少々ほろ酔い&お腹が膨れてきてます。だって、一皿ずつの量が本当容赦ないんですもん!毎度のことながら不甲斐ない・・・。

ここは、あれだ、何人かで来て、「うわ、あれもこれも安い〜!」とか大喜びしながら、いろいろとシェアして楽しむのにも最高のお店だ。

部下におごらなきゃいけない給料日前の上司の方でも、この値段ならなんとかなりますしね!

それに、何を頼んでもちゃ〜んと美味しいので、「部長、おもしろい店ご存じなんですね!」なんつって、逆に評価が上がってしまうことだって十分にありえますよ。

だってほら、



showa



なんと「法蓮草のチーズココット」に「赤ワイン」なんて、お洒落なメニューだってあるんだもん!

そもそも「ココット」なんてほとんど聞いたこともないような料理だと思ったら、調べてみると、なんとフランス料理だそう。

そんなオシャレなメニューが、オーブンで焼きたての熱々で登場。目の前だけを見ていると、自分がどこにいるか忘れてしまいますが・・・



showa



やっぱりまだ700円しか使ってないんだな~!



showa



ほうれん草もチーズもたっぷり、そこに半熟玉子がからんで・・・。

ふぅ、今日はここで本当に限界。
なんと1,000円分のチケットを使い切ることができませんでした。

もちろん、残ったチケットは次回来店時に使えるので、捨てたりポケットに入れたまま洗濯しちゃったりせず、しっかりと保管しておきましょうね。

一度ではすべて紹介しきれませんでしたが、SHOWAには、ビール、サワー、カクテル、ワイン、焼酎、日本酒など、さまざまな種類のお酒も用意されています。

さらには、



showa



「松茸釜飯」なんて、信じられない締めのメニューまで!

「SHOWA」はコスパだけでなく豊富なメニューやサービス精神も素晴らしく、友人や同僚などと訪れて、ワイワイと楽しむにはぴったりなお店でした。

次は必ず、何人かで連れ立って来てみないとなぁ・・・。



SHOWA

住所:東京都北区滝野川6-47-3
電話番号:03-3576-6266
営業時間:17:00~0:30
定休日:日曜・祝日
最寄駅:板橋




※2017年9月1日の情報です。価格、内容は変更になる場合があります。




パリッコさん

取材・執筆:パリッコ

DJ・トラックメイカー/漫画家・イラストレーター/酒場ライター。 酒カルチャー雑誌『酒場人』の監修をはじめ、さまざまなメディアで酒と酒場に関する記事を執筆中。






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える