ポーラ ミュージアム アネックス展 2024

  • 【前期】2024/02/09(金)~2024/03/10(日)【後期】2024/03/15(金)~2024/04/14(日)
  • ポーラ ミュージアム アネックス
  • 銀座一丁目駅
    2分
  • 西田秀己「fragile passage」 2021 製材 サイズ可変

  • 砂田百合香「Interspace」 2021 ステンレスミラー、鉄、アクリル、モーター 180×170×80cm

  • 江原梨沙子「Evil dispersal」 2021 フレスコ、金箔、パネル 410×318×20mm

  • 水永阿里紗「第九」 2023 フロートガラスにシルクスクリーン印刷 300×200mm 

  • 菊池奈緒「Propシリーズ サイデリアル」 2022 陶、アクリル塗料 各108×45×113mm

  • 鶴見朋世「somewhere between us」2018 レーヨン、モノフィラメント 1200×2400×600mm

若手アーティスト6名によるグループ展が開催されます。

ポーラ ミュージアム アネックス展は、公益財団法人ポーラ美術振興財団が行っている「若手芸術家の在外研修助成」を受けられた方々の研修成果を披露いただく展覧会として毎年開催されているもので、今回で22回目を迎えます。ポーラ美術館 木島俊介前館長 監修のもと「表彰と趣意」と題し、近年の研修員より採択された6名の作品が紹介されます。また3月8日から3日間は、国際的なアートの見本市「アートフェア東京」にも出展し、より多くの方々に作品を目にしていただく機会を設けるとともに、作品の販売も予定されます。若手芸術家の在外研修に対する助成事業とは、公益財団法人ポーラ美術振興財団が実施している活動のひとつで、40歳未満のアーティストを対象に海外での研修を援助し、更に活発な創作活動を奨励しようとするものです。

【前期】 2024年2月9日(金) – 3月10日(日)【31日間】*会期中無休
アーティスト:西田秀己・砂田百合香・江原梨沙子

【後期】 2024年3月15日(金) – 4月14日(日)【31日間】*会期中無休
アーティスト:水永阿里紗・菊池奈緒・鶴見朋世

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    ポーラ ミュージアム アネックス
    銀座一丁目駅(徒歩2分) / 銀座駅(徒歩3分)

  • 所在地

    〒104-0061

    東京都中央区 銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

  • 会場

    ポーラ ミュージアム アネックス

  • 開催期間

    【前期】2024/02/09(金)~2024/03/10(日)【後期】2024/03/15(金)~2024/04/14(日)

  • 時間

    開始 11:00 / 終了 19:00
    入場は18:30まで

  • 料金・費用

    入場料:無料

  • 公式サイト

    https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、会場・主催者の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました