※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

ゲルハルト・リヒター展

  • 2022/06/07(火) ~ 2022/10/02(日)
  • 東京国立近代美術館
  • 竹橋駅
    3分
  • ▲展覧会メインビジュアル

  • ▲ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ(937-1)》 2014年 ゲルハルト・リヒター財団 油彩、キャンバス 260×200cm (c) Gerhard Richter 2022 (07062022)

  • ▲ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ(937-2)》 2014年 ゲルハルト・リヒター財団 油彩、キャンバス 260×200cm (c) Gerhard Richter 2022 (07062022)

  • ▲ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ(937-3)》 2014年 ゲルハルト・リヒター財団 油彩、キャンバス 260×200cm (c) Gerhard Richter 2022 (07062022)

  • ▲ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ(937-4)》 2014年 ゲルハルト・リヒター財団 油彩、キャンバス 260×200cm (c) Gerhard Richter 2022 (07062022)

〝現代アートの最高峰〟ゲルハルト・リヒターの大規模展開催!近年の重要作品《ビルケナウ》を日本初公開。

ドイツが生んだ現代アートの巨匠ゲルハルト・リヒター。本展は、1960年代に本格的に活動を開始して以来、世界のアートシーンの最前線を走り続けてきたリヒター待望の大規模個展として、日本の美術館では16年ぶり、東京では初めての開催となります。リヒターが90歳を迎える2022年に、自ら愛蔵してきた作品群を中心に、60年にわたる画業を紐解きます。

注目は、日本初公開の大作、《ビルケナウ》(2014年)。第二次世界大戦時、ユダヤ人強制収容所でひそかに撮られた写真のイメージを出発点として描かれた、幅2メートル×高さ2.6メートルの作品4点で構成される巨大な抽象画です。
リヒターの心をずっと捉え続けながら、直接的にはなかなか取り組むことのできなかった「ホロコースト」という積年の関心事を主題に、2014年、ついにリヒターはこの大作を完成させました。この近年の重要作品と目されている作品が、これらとしばしば組み合わせて展示される鏡、絵画と同寸法の写真作品とともに、この度日本で初めて公開されます。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    東京国立近代美術館
    竹橋駅(徒歩3分) / 九段下駅(徒歩15分)

  • 所在地

    〒102-8322

    東京都千代田区 北の丸公園3-1

  • 開催期間

    2022/06/07(火) ~ 2022/10/02(日)

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    展覧会公式サイト

  • 注意事項

    展示作品、会期等については、今後の諸事情により変更する場合がありますので、展覧会公式サイト等でご確認ください

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました