このイベントは終了しました

※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画

  • 2021/08/07(土) ~ 2021/09/11(土)
  • 川越市立美術館
  • 本川越駅
  • ▲『霧のなかの少女』イラスト (ショウワノート)1967年

  • ▲『落窪物語』 (中央公論社)1997年

  • ▲「花明の譜」Jour (双葉社)1989年

  • ▲当時の文房具など

  • ▲展示風景 嘉麻市立織田廣樹美術館(2019)

  • ▲花村えい子 Eiko Hanamura

2020年12月3日に惜しくもこの世を去った、少女漫画のパイオニアとして活躍した漫画家、花村えい子の展覧会。デビューから60年以上に及ぶ制作活動の軌跡を辿ります。

【展覧会の見どころ】

■女性アーティストが描く女性像の軌跡
約140点の原画作品を制作時期に基づいて6つの章に分けて展示。

■ミニシアターでの上映
①2019年に収録されたインタビュー:約20分
②オリジナル「モーションコミック ふたりのふうせん」:約15分

■世代を超えた漫画家達との交流
ちばてつや、さいとうたかを、わたなべまさこ、辛酸なめ子など、交流のあった漫画家からの画業60周年のお祝いメッセージや瀬戸内寂聴氏からの直筆手紙などを展示。

■子供から大人まで楽しめる展示
大型のBOOK型什器や特製フォトスポット(会場内はすべて撮影可)、ぬり絵コーナーなど、カラフルで立体的な展示会場で少女漫画の世界を体感でき、誰でも楽しめる。

(c)FMG/Eiko Hanamura


※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    川越市立美術館
    本川越駅 / 川越駅

  • 所在地

    〒350-0053

    埼玉県川越市 郭町2-30-1

  • 会場

    川越市立美術館

  • 開催期間

    2021/08/07(土) ~ 2021/09/11(土)

  • 時間

    開始 9:00 / 終了 17:00
    入場は16:30まで
    休館日 月曜日(8/9は開館)、8/10(火)

  • 料金・費用

    600円(一般)/300円(大学生・高校生)/中学生以下無料
    ※団体料金(20名以上)480円(一般)/240円(大学生・高校生)
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方とその介護者は1名無料
    ※「川越きものの日」にちなみ、毎月8、18、28日に着物で来館された方は、団体料金を適用

  • 公式サイト

    画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画

  • 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました