イベントの順延や中止についてのご注意
店舗・施設の休業や営業時間の変更、イベントの順延や中止が発生する場合があります。また、昨年の情報で掲載しているイベントも混在しております。
おでかけの際は、公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

横浜でおすすめの初詣スポット

横浜の初詣におすすめの神社・寺院をご紹介。参拝者数や混雑情報のほか、縁結び・家内安全などのご利益、初詣に欠かせない屋台・露店情報などをお届けします。新しい年が良い一年になるようお参りしましょう。


伊勢山皇大神宮

『関東のお伊勢さま』として崇敬を集める横浜の総鎮守。平成30年の秋に竣功した新本殿は、伊勢神宮より譲り受けた内宮の旧社殿を移築し、伊勢にあった姿を再現したものです。

伊勢山皇大神宮は、明治3年に神奈川県によって創建された、はまっ子そして横浜港の守り神です。日本一の貿易港、そして文明開化の先駆けの街であった横浜の象徴として、また人々の心の拠り所として、伊勢神宮より勧請されたと伝わる古社を再興し、港を見下ろす丘の上に遷座されました。この時、5日間に渡る最大な祭礼が執り行われましたが、その総費用は15万両(現在の価値で数十億円)にも及び、当時の外務卿(大臣)を「外務省の半年の予算に匹敵する」と驚かせたといいます。この祭礼の様子は「日本一の祭り」として、生糸の輸送に伴って関東各地に伝えられていきました。これによって「関東のお伊勢さま」として崇敬を集めることになったのです。また、この祭礼をきっかけに、アイスクリームが世に広まることになったという、面白い逸話もあります。かつては神奈川県庁・通称「キングの塔」最上階に御分霊が祀られ、例祭日5月15日は横浜の祝日として、官公庁から会社、学校に至るまでお休みとなり、市を挙げてお祝いしました。 <初詣> 年越しの瞬間には、横浜港の船舶の汽笛が高らかに境内へ響き渡り、その光景は横浜の新年の風物詩として知られています。年越しの夜は、祈祷と授与品の受付も終夜行われます。 【例年の参拝者数】 30万人以上 【例年の混雑時間】 12月31日23:00~1月1日1:00 1月1日~3日 10:00~17:00 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日 20:00まで(12月31日は閉門せず) 1月2日・3日 6:00~20:00(授与所は7:00~20:00) 1月4日以降 6:00~19:00(授与所は7:00~19:00) 1月7日以降の授与所は 9:00~19:00 【屋台・露店】 あり(今回は規模を縮小し実施) 【初詣の特徴】 授与所あり、おみくじあり、御朱印あり <ご利益> 厄除け、家内安全、病気平癒、営業繁昌、縁結び、交通安全、その他全般 <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 手水舎の閉鎖、直会のお神酒拝戴に代わりお神酒飴の授与、三が日のみではなく節分までの期間で分散しての参拝、マスクの着用、体調不良・発熱時の参拝自粛、記念館入館時の検温・消毒の協力、状況により入場制限の実施

最寄駅
日ノ出町駅 / 桜木町駅
所在地
神奈川県横浜市西区宮崎町64番地
営業時間
参拝時間(通常時)6:00~20:00
社頭授与所受付時間、御朱印受付時間 19:00まで
最寄駅
日ノ出町駅 / 桜木町駅
所在地
神奈川県横浜市西区宮崎町64番地
営業時間
参拝時間(通常時)6:00~20:00
社頭授与所受付時間、御朱印受付時間 19:00まで

曹洞宗大本山總持寺

横浜鶴見にある曹洞宗の大本山。広大な境内地に、数多くの伽藍が立ち並ぶ禅苑。100人もの修行僧が、日々の厳しい禅修行に励んでます。

曹洞宗大本山總持寺は1321年、瑩山禅師によって能登半島に開創されました。瑩山禅師は幼少時より禅の道をあゆみ、常に衆生済度を願った大慈悲の高僧です。總持寺は開創後まもなく、大官寺に任ぜられ、曹洞出世第一の修行道場と称されました。瑩山禅師の後を継いだ峨山禅師は五院輪住制を導入し、寺院の基盤を整えました。また二十五哲といわれる優れた弟子たちを育成し、總持寺発展の礎を築きました。總持寺は特に江戸時代に教線を拡大し、関連寺院が実に17,000ヶ寺に及んだとされます。しかし、1898年に大火に会い伽藍のほとんどが焼失し存亡の危機に直面しました。その後に貫首となった石川素童禅師が横浜鶴見への移転を決断し、遷祖式が1911年11月5日に盛大に執り行われました。その後、次々と伽藍が整えられ、總持寺は見事に復興を果たしました。今日の大本山總持寺は、常に100人を超える修行僧が集い、古来受け継がれてきた曹洞禅を修行する、禅の根本道場です。 また、瑩山禅師の大慈悲の誓願を今に伝える祈願寺であり、多くの檀信徒にとっての菩提寺でもあります。交通の便もよく国内はもちろんのこと世界中の人々が、参禅に、そして心の安らぎを求めて訪れます。また移転以来、教育、医療、福祉、さらには地域交流に力をそそぎ、社会的役割を大いに果たせるよう精進しています。初詣、節分会、み霊祭り盆踊り大会、つるみ夢ひろば等の恒例行持への関心も年々高まり、常に賑わいを見せています。 <除夜の鐘> 重さ18.75トン、関東一を誇る大梵鐘が一般の方々により響きわたります。23時40分から27時まで。無料。 <初詣> 【例年の参拝者数】 約10万人 【例年の混雑時間】 1月1日 0:00~2:00 【参拝時間(年末年始期間)】 1月1日 0:00~3:00 【屋台・露店】 あり <ご利益> 合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

最寄駅
鶴見駅 / 京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
営業時間
参拝時間 9:00~17:00
最寄駅
鶴見駅 / 京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
営業時間
参拝時間 9:00~17:00

お三の宮日枝神社

関外総鎮守。「お三の宮」「お三さま」と広く親しまれ、横浜発展の礎「吉田新田」の完成から約350年の歴史を見守り続けている。

《初詣について》 ・数量限定の「朱塗りの鏑矢」ほか「破魔矢」「干支土鈴」等の縁起物は1/1 0:00~授与開始。 ・人気のオリジナル御朱印帳もあります。 ・ご祈祷(個人・団体)の予約受付中です。 《御由緒とご利益》 約350年前、かつて入海であった横浜市の中心地(中・南両区の一部)が開墾され、「吉田新田」が完成します。新田の鎮守として、江戸の山王社(旧官幣大社日枝神社)より勧請し、稲荷社と共に創建されて以来、横浜開拓の守護神として氏子をはじめ多くの人々に御崇敬を戴いています。 主祭神「大山咋命」は、近江国(現滋賀県)の日枝山(比叡山)に鎮まったのが最初で、万物の【成長発展】・産業万般の【生成化育】の御神徳があります。殊には、「丹塗の鳴鏑」(=放つと音を立てて飛ぶ赤い鏑矢)に化身する神霊とも伝えられ、その縁起より【開運】・【子授け】や【縁結び】の信仰があります。相殿神の宇迦之御魂命は、五穀豊穣の神・【商売繁昌】で有名です。また、神様のお使いが神猿(まさる)であることから「魔が去る」・「何事にも勝る・優る」に通じて【厄除け】・【勝負ごと】の御利益や、「おさん」から、お産【安産】の神・【子供の成長】の神としても広く知られています。 <初詣> 【例年の混雑時間】 1月1日終日、1月2・3日~午後 【参拝時間(年末年始期間)】 終日 【屋台・露店】 なし 【初詣の特徴】 24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり 【ご利益】 全般(特に厄除け、商売繁昌、安産、家内安全など) <年末年始の新型コロナウイルス対策、施設からのお願い> 三が日にこだわらず時期や時間帯をずらしてお参りください。 マスクの着用、手指の消毒、距離の確保、控え目な会話…ほか感染症予防にご協力をお願い致します。 ・新しいお神札や御守は年内に  年越しに向けて早めに新しいお神札を受けて新年を迎えましょう ・混雑を避けましょう  三が日にこだわらず時期や時間帯をずらしてお参りください ・マスクの着用をお願いします  会話を控えて静かにお参りしましょう ・間隔をあけて並びましょう  できるだけ人と人との距離を保ちましょう ・ご祈祷は予約をお願いします  日程や人数の調整をお願いする場合がございます

最寄駅
南太田駅(徒歩5分) / 吉野町駅(徒歩3分)
所在地
神奈川県横浜市南区山王町5-32
営業時間
参拝時間(通常時)終日
授与所受付時間 9:00~夕刻
御朱印受付時間 9:00~夕刻
最寄駅
南太田駅(徒歩5分) / 吉野町駅(徒歩3分)
所在地
神奈川県横浜市南区山王町5-32
営業時間
参拝時間(通常時)終日
授与所受付時間 9:00~夕刻
御朱印受付時間 9:00~夕刻

建功寺

緑豊かな建功寺には竹林に囲まれた鐘楼堂があり、都会の中にありながら緑豊かな静かな境内。大晦日には竹とローソクによって境内を幽玄に照らし出します。

建功禅寺は、永禄3年、(1560年)小田原の北条家に仕えていた五代目寺尾城主諏訪三河守右馬之助が開基のお寺。 諏訪氏の菩提寺を建立することを思いたった諏訪三河守右馬之助は、現在、伊勢原にある龍散寺の大洲長譽和尚を迎えて、建功寺を建てられました。 山号の徳雄山とは、諏訪三河守右馬之助の武士としての勇ましさ、『徳勇』が後に徳雄に変わったもの。五代目寺尾城主が寺院としての伽藍を整える以前は諏訪家の菩提処として、『瑞雲院』と呼ばれており、北条早雲の正式名の『宗瑞北条早雲』から、『瑞』と『雲』の2字を賜り『瑞雲院』として忠誠を誓ったと言われています。 寺号の建功寺とは、開基である、五代目寺尾城主諏訪三河守右馬之助の武勇をたたえ、その功績をもって建立した寺として建功寺とし、正式名を『徳雄山瑞雲院建功禅寺』と呼びます。 諏訪氏が開基である証として、諏訪氏の替紋である『諏訪梶』が寺紋として現在も伝えられております。 4月8日「花まつり」、12月31日「萬燈除夜の鐘」、1月1日「元旦祈祷会」など、お檀家さんだけではなく一般の人々が参加できるイベントもあります。 <ご利益> 健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

最寄駅
大口駅 / 鶴見駅 / 菊名駅 / 妙蓮寺駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区馬場 1-2-1
営業時間
参拝時間 9:00~17:00
最寄駅
大口駅 / 鶴見駅 / 菊名駅 / 妙蓮寺駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区馬場 1-2-1
営業時間
参拝時間 9:00~17:00

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました