東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
ニックネーム未設定

ニックネーム未設定

  • 性別
    非公開
  • 年齢
    非公開
  • 非公開

ニックネーム未設定さんの口コミ一覧

19 件中 13~18 件を表示

  1. 世界に誇る職人技とデザインを再確認しよう

    • 先の尖っていないマッコウクジラのナイフ。使いやすさも抜群。
    • 錫100%のカゴは柔らかく形が自由に。これが金属なの?と驚き。
    • 銅を叩いて形成する技術はまさに職人芸。一生物にも出会えます。
    • 檜と胡粉の白で幸せの象徴鳩を彩っています。かなり和みます。
    • 東北に伝わるこぎん刺しのボタン。クッションやバッグにつけて。
    • 一人分のご飯がレンジで炊けます。一人暮らしや海外のお友達に。

    日本に生まれ育った私たち。小さな国なのに、四季や風土から、生きる為にうまれた様々な技術や素材の生かし方には素晴らしい伝統と職人技が息づいています。小さな頃から見慣れた当たり前の物から、知らなかった〜という新鮮な物まで様々な日本の技を一同に見る事が出来るお店が表参道にあるんです。

    『Rin』 日本の“凛”とした姿勢を伝える為のとっても素敵なギャラリーショップ。ここにくると思うのです。職人さんって凄い!って。素材の扱いや形成して行く行程のほとんどは“勘”なのだそう。なのにどうでしょう!?本当に使いやすく美しいデザインです。もちろん、今の暮らしに調和しているものをセレクトしているから、すぐにでも取り入れられるものばかりです。

    木、金属、糸、紙、土などすべて自然からの恵みによって生まれた素材。それらを生かした製品作りを行った先人。そして、それを伝承する職人さん。見ているだけで幸せな気分にさせてくれます。しかし、いまや後継者不足になやまされているのだそう。お願いだから、なくなって欲しくない!そう心から願ってしまいます。

    ここは日本の素晴らしさを再確認できるショップ。プレゼント選びや外国人のお友達を連れて行っても喜ばれます。路地裏にある落ち着いた場所です。ちょっと一息できるカフェもあり、待ち合わせ場所にもおすすめです!

    Rin(リン)2010/3/4

    詳細を見る

  2. スタイルや国籍をこえたインテリアで刺激と安らぎを

    • ラオスの刺繍アクセサリーは、アケビのカゴとも相性ぴったり
    • タイのチーク材のリンゴ型容器。厚みもあって存在感抜群
    • パラグアイのレースはデザインも色もモダンで、アートのよう
    • アメリカのSWANS ISLAND BLANKETは一生物の肌触り
    • 中まで色が施されたオリジナルのシェードで模様替えは如何?
    • フィンランド製BACKMANのヴィンテージトレーは色が素敵

    時々、気分転換に、あるいは刺激を求めに、向かってしまう場所があります。今回ご紹介するお店は、その中のひとつ、『QUICO』です。

    「何スタイル」と一言では表現できない、日本国内をはじめとした、世界のクラフトやアート、アンティークやモダン、ここは無国籍にちりばめられた感性の宝庫です。国を超えてミックスされたアイテムは「こんな組み合わせもあるんだ〜!」と日々の暮らしの楽しさを教えてくれます。

    インテリアの中心は、北欧のヴィンテージ家具や小物。質の高い家具は、いつかは欲しいな〜と思わせる品揃えで、見ているだけでうっとりしてしまいます。

    また、アジアで作られているオリジナルの家具や器、日本の作家物やクラフト、世界中から収集されたプリミティブなファブリックなどのセレクトもさすがです。そして、それ以上にそれらを組み合わせるセンスに脱帽です!

    個人的に、ラオスの少数民族がつくる刺繍のモチーフはとても好みで、アクセサリーの他に、壁の飾りやドアノブやフックに掛けてみたり、カーテンタッセル代わりに使ってみても面白そうです。レースなどの一見甘そうなアイテムも洗練された大人のかっこよさを連想させてくれるところもこちらのお店の凄いところ。他にファッションのアイテムも揃っていてそちらもおすすめ!
     
    とても刺激にあふれたお店だけど、なんだかほっとする。最終的にそんな思いにさせてくれて、不思議に癒される。実は暮らしにはそこが一番重要なのではないでしょうか?だからつい足が向かってしまう。。。そうか、納得。

    QUICO2010/2/16

    詳細を見る

  3. 今や家電選びはインテリアショップが基本!

    • アロマ機能を備えた小型サイズの加湿器S(アロマ)と、
即暖可能なセラミックファン式のヒーター
    • 庫内の美しい仕上げに注目の二段型オーブントースター&
世界最小かも?!コンパクトなポップアップ式
    • 朝食が楽しくなる食パンの形をしたお皿やフタつき容器、
マラカス型のしお・こしょう容器
    • A4コピー用紙500枚分がモデルという照明。立てても横にしてもOK
    • 後ろまで包みこまれたカバーのデザインにびっくり。欲しい!
    • お辞儀をしている様な微妙な角度の電話機。機能も抜群

    本格的に寒さが身にしみる季節になってきましたね。
    私はとても寒がりなので、まずはあったかい素材の服を重ね着し、暖房器具をスイッチオン!皆さんは、どんな防寒でお過ごしでしょうか?着るものでおしゃれを楽しむのももちろんありですが、暖房器具も、インテリアの一部として考えれば、寒い季節も楽しく過ごす事ができますよ。

    最近は、デザイン家電も多く見かけるようになりましたが、今回ご紹介するのは、なかでもシンプルで、『こんなの欲しかった!』と思わず叫んでしまいそうな素敵なアイテムをずらり揃える±0(プラスマイナスゼロ)。今や、グッドデザイン賞受賞の日本を代表するプロダクトを次々と発表しています。しかも凄いのは、デザインだけではないところ。かゆいところに手が届く機能、さらには微妙な色展開など、とてもセンスの良い家電を中心に、日常の暮らしを快適かつ素敵に演出してくれるものばかり。

    毎日のさりげない「スイッチを押す」「手に取る」などの仕草を通じて、「どこにでもあるあたりまえのものを使うだけで、毎日がこんなに楽しいなんて!」と気づかせてくれるのが、こちらのアイテムなんです。

    シンプルだからこそ、素材や質感にこだわりぬき、デザインと機能を兼ね備えた±0(プラスマイナスゼロ)のプロダクト。モノづくりを極めた日本発の美しいアイテムは知れば知るほど欲しくなります!

    ±0青山本店2010/1/28

    詳細を見る

  4. インセンスの香りで暮らしを彩って。

    • 季節に合わせた、アソートの限定商品は初心者におすすめ。
    • ナチュラルカラーは、色やネーミングの固定観念なしで楽しめる。
    • 木のアイテムはお部屋を優しいイメージに。
    • 旅行先でも、お気に入りの香りが楽しめる革のケース。
    • 刺繍が美しいサシェ。バッグやポケットにいかがですか。
    • スワロフスキーがきらきら光る
アクセサリーサシェ。

    こんにちは。インテリアスタイリストの石井佳苗です。
    のんびりと家でくつろぐ時間は、至福のとき。
    お気に入りのコーヒーを挽いてゆっくりとハンドドリップ。
    一人がけのソファに深く腰を下ろして音楽のスイッチをいれます。
    そして、欠かせないのが香りの存在。我が家の香りはインセンスです。

    私が愛用しているのは、『lisn』。こちら青山のショップには随時150種類の香りが揃えられています。
    店内は、和紙の照明がオブジェの様に美しく、とても幻想的。
    インセンスの香りが空気の流れに乗って現れたようです。

    ゆっくりとお店の方と相談しながらそのときの気分に合わせて一本一本選べるという贅沢な時間。
    香りのひとつひとつにストーリーのあるネーミングが施され、そこから感じる香りのイメージを楽しむのもおすすめです。

    香りの感じ方は、人それぞれ。香りから『今の自分を知る』ことも出来るんです。
    『lisn』のインセンスで静かな感性の刺激を!

    リスン 青山2010/1/6

    詳細を見る

  5. 日常使いの器は、伝統とデザイン力で決まり!

    • ぶたの親子のオーナメント。デフォルメした様子に癒されるー。
    • 360度お玉を快適にホールド。料理中はもちろん、お鍋にも。
    • ねじりのある木の葉の形が、いつもの食卓をおしゃれに選出。
    • 様々な絵付けが美しい、平らで大ぶりなご飯茶碗の見事なコレクション。
    • 手書きの植物柄はノスタルジック。現在は直営店のみの販売。
    • あるようでなかったミニサイズのしょうゆ差し。デザインは2種。

    こんにちは。インテリアスタイリストの石井佳苗です。
    いつもの時間、いつもの習慣。。。日常のくらしにとけ込んで、いつもの自分でいられる器、『白山陶器』をご紹介します。

    九州の焼き物と言えば有田焼が有名ですが、こちらは隣町の波佐見焼。長崎県波佐見町は古くから日常使いの器をつくる窯元が点在する歴史ある場所なのをご存知ですか?とりわけ『白山陶器』はデザイナーの森正洋氏による器が有名です。美しく、かつ機能的なデザインで、今日まで実に多くの人たちに愛されていて、なおかつリーズナブルなところが嬉しいんです。

    中でも 1958年以来ベストセラーの『G型しょうゆさしは』はあまりにも有名ですよね。『あれ?コレ家の実家にある!』なんて声も聞こえてきそうです!実は、今回の取材でミニサイズのしょうゆ差しを早速購入してしまいました。使ってみると、なるほど、長く愛される秘密がわかります。「飽きのこないものこそが美しいデザイン」なんですね。

    時代に左右されないデザインと使い心地は、使う人の愛着に必ず答えてくれます。日本のみならず、世界が注目する器の魅力に是非浸ってみてください。思わず、「日本人で良かった〜」って実感するはずですよ!

    HAKUSAN SHOP2009/12/18

    詳細を見る

  6. 個性派アートでパリジェンヌ気分

    • モロッコより、陶器と錫のコンビがオリエンタルなティーセット。
    • 手持ちのキャンドルに錆びた羽を付けて、おめかしを。
    • 布の彫刻家といわれるアン ヴァレリの作品。インパクト大!
    • 人気のアスティエド ヴィラットのテーブルウエアー。
    • アスティエのキャンドルやステーショナリーも揃う。
    • インドで作られたファブリックは柄や色使いがおしゃれ。

    こんにちは。インテリアスタイリストの石井佳苗です。ヨーロッパを旅すると感性が刺激されてどきどきしませんか?そんな気分を味わえるお店、表参道の裏通りに位置する『H.P.DECO』をご紹介します。

    こちらでは、主にフランス人アーティストによる新感覚のインテリアアイテムがセレクトされ、所狭しとディスプレイされています。ヨーロッパで活躍中のアーティストの作品はもちろん、インドやモロッコなどに在住のアーティストが作成したオリエンタルテイストを感じるハイセンスなアイテムも見応えがあります。 店内に一歩足を踏み入れると、ショップというよりおしゃれなパリジェンヌの家に遊びに来たかのような錯覚におちいります。アーティストの作品とともに海外で買い付けた中古家具や蚤の市で見つけたアンティークの雑貨などがミックスされた統一感のある空間。セレクトの妙にホント脱帽です!

    ちょっと個性的なアイテムを探したい方だけでなく、普段はシンプルなインテリアがお好みの方にも、ひとつ加えるだけで素敵なアクセントになるキャンドルやオブジェが見つかるので、大変おすすめです。また、ギフトをお探しの方も是非一度足を運んで下さい。思わず『さすが、おしゃれ!』って声をあげて喜んでもらえる事請け合いですよ!

    H.P.DECO2009/12/9

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

19 件中 13~18 件を表示