東京のおでかけイベント情報満載

  • 男性
  • 年齢
    非公開
  • 新宿、銀座・有楽町・日比谷・築地、東京・丸の内・日本橋、お台場・豊洲、原宿・表参道・青山、恵比寿・代官山・中目黒、神田・御茶ノ水・秋葉原、千葉・幕張、船橋・浦安・舞浜、柏・松戸・流山

c_a_t_i_s_mさんの口コミ一覧

8 件中 1~6 件を表示

  1. 生誕300年記念 若冲展

    生誕300年記念若冲展に行ってきました。

    自分が若く多感な時期に若冲だけ変な凄みがある気がしていたので、代表作がまとめて観れるこの展覧会はとても見ごたえがあり良かったです。

    大きな広い空間にぐるっと見渡す感じで縦長の大きな作品をたくさん展示していた部屋がとても良かったです。

    鶏の緻密な描写からマンガに出てきそうなゾウ・カラス・魚・・・
    実際に絵を描く人がお手本にしたい要素のたくさんある展覧会でした。

    パンフレットには「ひと月限りのこの世の楽園」とのこと。。まさしくそんな感じでした。

    技術的な感想は書くとながーくなってしまうのでこのへんで。

    また観に行くかも

    東京都美術館2016/4/30

    詳細を見る

  2. 竹久夢二美術館名品コレクション展

    竹久夢二とアールヌーボーと開館25周年記念、竹久夢二美術館名品コレクション展に行ってきました。以前に一度行ったことがある美術館なので根津駅を出てすぐのお惣菜屋さんでしっかり割引付きの地図をいただきてくてくと。。。お惣菜屋さん、何も買わなくてごめんなさい。。。展覧会は丁度学芸員の方がギャラリートークをする時間にあたり充実した時間になりました。竹久夢二美術館の1階の名品コレクションが自分には見ごたえがあり、亡くなる何年か前に異国の地で描かれた作品は少し足を止めて見入ってしまう不思議な魅力を感じました。自分は描くことはストレスなく出来るのですが美術史とか解説とかまったく無理なタイプなので1時間ちかく解説する学芸員さんをただただ尊敬してしまいました。とても充実した美術館めぐりになりました。

    竹久夢二美術館2016/4/28

    詳細を見る

  3. 「LOVE」のオブジェ

    新宿アイランドへ「LOVE」のオブジェをふらりと見に。。
    「V」と「E」の間を触れずに通りぬけると恋が実る都市伝説があるとかないとか・・
    新宿から歩くと遠く、西新宿の駅からすぐでした。

    ビル群の中にある真っ赤なLOVEの文字は存在感がありました。

    新宿アイランド「イッツ」2016/4/28

    詳細を見る

  4. カラヴァッジョ展

    カラヴァッジョ展に行ってきました。
    世界初公開の「法悦のマグダラのマリア」が一番美しい作品に感じました。
    とてもシンプルな構図でよけいなものが無く見ごたえがあり。。。といったところかと。
    画面右下に見落としがちにドクロが描かれているのもなかなか。

    最近観たボッティチェリと比較するとボッティチェリの方が繊細で見ごたえのある箇所が多く感じました。

    今年は良い展覧会が多く両方観るのがおすすめではないかと思います。

    国立西洋美術館2016/4/28

    詳細を見る

  5. 谷崎潤一朗文学の着物を見る

    「谷崎潤一朗文学の着物を見る」を観てきました。
    いつも弥生美術館に行くとほっとする不思議な安心感があります。
    今回もお出かけ帰りに寄りつつ。

    着物の展示は思っていたより量が多く楽しめました。
    当方詳しくないですが帯などもいろいろあり時代背景からくる美しさがあったりと・・・

    自分はパンフレットの赤い着物が一番魅かれました。

    着物で観に来ているお客さんが多く男子の僕はちょっとびっくり。

    弥生美術館2016/4/28

    詳細を見る

  6. ボッティチェリ展。

    ボッティチェリ展へ行ってきました。
    ボリュームのある展示でとても見ごたえがありました。
    チケットになっている作品は思っていたより小さく意外でした、とはいえ作品の前に立つと
    しばらく動けなくなってしまう様な魅力がありました。
    作品の前にイスがあったので時間のある時に腰をかけゆっくり作品と対話してみようと思います。
    まだ数回行くと思う良い展覧会です。

    東京都美術館2016/4/28

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2

8 件中 1~6 件を表示