東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
ニックネーム未設定

ニックネーム未設定

  • 性別
    非公開
  • 年齢
    非公開
  • 非公開

ニックネーム未設定さんの口コミ一覧

105 件中 1~6 件を表示

  1. 書道に国文学、レトロモダンなかほりが充満

    • 熱々のモツ煮込み、最高でした! 朋友会メンバーの仲良しぶりもポイント高し!
    • 書道体験で完成させた作品は教室の表に自分で貼り出すこともできます
    • 毎年恒例の国文学喫茶。自分たちで豆を挽くところから始める本格派コーヒーが自慢
    • 実行委員会2年生が一丸となって作り上げた横断幕

    こんにちは。
    学園祭グランプリレポートスタッフのOSです☆

    大東文化大の板橋キャンパスへ。
    実は昨年に引き続き、2度目の訪問だったりします。
    前回は東武練馬駅からスクールバスを利用しましたが、
    そういえば駅からバス停までちょっと離れてたなぁと思い、
    今回は都営地下鉄三田線の西台駅から歩いていくことに。

    裏門をくぐり抜けると、目の前は野外ステージで、
    10時から始まる開会式を待つ学生さんが、
    たくさん集まっていました。
    実行委員長さんの高らかな開祭宣言で、
    大きな大きなクラッカーが迫力満点に打ち鳴らされ、
    わぁ~!という歓声とともに、大東祭の幕が上がりました。

    この日は前日の雨とは一転、気持ちのよい秋晴れに。
    明るい陽射しを受けた赤や黄色の葉っぱが、
    学内にチラチラと舞い散ってとってもキレイでしたよ。

    そうやって何となく空を見上げながら歩いていると、
    図書館前の渡り廊下あたりで、何やら楽しげな看板を発見。
    今年の装飾テーマは「宇宙」ということで、
    ワクワク感を上手に煽ってくれていました~。

    あれこれ見学する前にまずは腹ごしらえ。
    フランクフルトやじゃがバターにトッポギなど、
    おいしそうなものばかり並んでいるブースを目の前にして、
    素通りなんてなかなかできませんよね?(笑)

    ふんわりと漂ってきたモツ煮の、
    いーい香りにノックダウン。でやっぱんまい♪
    大きめの具材がゴロゴロ入っているところと、
    ねぎと七味を自由に盛れるのが嬉しかったです。

    食欲を満たしたところで、
    チェックしておいた「書道体験」へGO!
    大東文化大学は日本で唯一、
    書道の研究と芸術活動を行う研究機関なんですって。
    皆さん、知っていましたか?
    書道学科があるって、けっこう個性派ですよね。
    そんな好奇心からの、今回の書道体験です。ドキドキ。

    はがきサイズの厚紙に自由に文字を書くというもの。
    イラストを添えて絵ハガキ風にするもよしとのことでしたが、
    わたしは見本に倣って来年の干支「未」を書くことに。
    周囲を見渡すと一般のお客さんでもみんな上手です。
    思いきって最も崩した書体でチャレンジしたところ、
    「わぁ、とっても趣きがある字!」との評を受け、
    気を遣わせてスミマセンと恐縮しきりの体で教室を後にしたのでした。

    習字はとにかく心を鎮めることが大切とのこと。
    一画一画丁寧に書いていくことで、
    また気持ちが鎮められるということもありそうです。
    うーん、奥が深いなぁ~。

    最後は温かいコーヒーとお菓子を無料でふるまってくれる
    「文学喫茶冬紅葉」へ。
    クラシック音楽が静かに流れる空間で、
    部員たちによる小説本をペラペラとめくりつつ、
    ゆったりとした時間で締めくくった大東祭訪問となりました。

    第92回 大東祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  2. 節目の年に学生さんたちの気合いも上昇!

    • こんな感じで声をかけられたら、ついつい買っちゃおうかな〜と思いますよね☆
    • この光景だけを見ると、どこかの人気アトラクションだと思いますよね!
    • 17時からスタートのイルミネーション。なかなか本格的だと思いません?
    • なかなか本格的な味わい。可能なら「お持ち帰り」したいくらいでした

    こんにちは。学園祭グランプリレポートスタッフのMです。

    今年で50回目という節目を迎えた、獨協大学の「雄飛祭」にやってきました。
    東武スカイツリーラインの松原団地駅から近いということでしたが
    ちょっと歩いただけで目の前にドーンとキャンパスが!
    大きなグラウンドの脇を通り抜け、会場へと到着。

    今年は第50回目という節目の年ということで
    あちこちに「50th」の文字が踊ります。
    それに呼応するかのように、多くの学生さんが行き交っていて
    実に活気ある雰囲気。

    ズラリと並んだ模擬店も、目立つ看板を作っていたり
    揃いのコスプレに見を包んでいたりと、気合いの入った呼び込みを展開。
    すべてのお店に引き込まれそうになる中、
    手作りの可愛らしい看板を持った女子たちに声を掛けられ
    バレーボールサークル「RADISH」の「たこせん」を購入。

    懐かしくも香ばしい味を堪能した後、いろいろ見て回っていると
    まるで人気テーマパークのような長蛇の列を発見!
    なんとそれは、実行委員会オススメの企画である
    「ホラーハウス 愛憎」への入場を待っている列だったんです。

    何でも「4つの部屋を使用した大規模なお化け屋敷」ということで、
    昨年の「雄飛祭」ではなんと700人以上もの人が訪れたんだとか。
    ならばぜひ体感したい…と思ったものの、その時点ですでに
    多くの方々が並んでいたため泣く泣く断念。

    その後、同時開催されていた「オープンキャンパス」との
    コラボ企画という、恋愛成就や合格祈願などの願いを
    書き込んで後に奉納するという企画「獨協神社」の絵馬を見学。
    大学に入る前も、入った後も、人間って悩みは尽きないものなんですなあ。

    そうこうしているうちに、辺りはだいぶ暗くなってきました。
    するとこちらも人気テーマパークに設置されていそうな
    すごく立派なイルミネーションを発見!
    学生さんは幻想的な雰囲気にうっとりと酔いしれ、
    子どもたちはきらびやかな光の芸術に歓声を挙げていました。

    そんな中でも、売り切れた一部の店舗を除いて
    まだまだ元気に呼び込みを続ける模擬店の学生たち。
    今度は「管弦楽部」の焼き鳥を購入することに。
    つくねは売り切れていたので、オススメだという
    かわ&ももの「ゆず胡椒味」をチョイス。
    できれば後の晩酌の際に頂きたいくらい、いい味出ていました。

    遅い時間まで多くの人で賑わいを見せていた「雄飛祭」。
    学生さんたちの熱気を見ていると、
    今後もこのキャンパスでさらに歴史を重ね
    伝統を作っていくんだろうな…と感じました!

    第50回 雄飛祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  3. サプライズ満載で興奮の嵐、さすが工業祭!

    • 正門横のイラストに見惚れちゃう~。模擬店には「パズーの残業スープ」なるメニューも♪
    • フレームから細かい部品に至るまで全て手作り。すごいぞフォーミュラ工房!
    • 夢とリアルが詰まった蒸気機関車、日本工業大の象徴といってもいいのかも
    • 研究室企画実験でなかなかコマが回らないと奮闘するキッズ。このあと笑顔に☆
    • コツがわかれば命中率の上がるストラックアウト、大人も子どもも絶対ハマります

    こんにちは。
    学園祭グランプリレポートスタッフのOSです☆

    今回は東武動物公園駅から徒歩15分、
    日本工業大学へ行ってまいりました。

    もう少しで正門、というところで
    大学の塀に沿ってズラリと並ぶイラストに
    目が留まり、おぉ?と立ち止まる。
    トトロや千と千尋の神隠しに紅の豚、
    天空の城ラピュタなど、どれもプロ顔負けの出来栄え♪
    よーく見てみると、
    6枚のキャンバスをひと組にした超大作だったようで、
    学生さんの熱意と根気に脱帽したところから、
    学園祭巡りのスタートとなりました。

    正門をくぐってすぐの模擬店ブースでは、
    天空の城に出てくる「パズーの残業スープ」を発見! 
    ついさっきイラスト見たわよねぇ!
    こんな偶然ってなんか嬉しーい☆☆

    「おじちゃん!肉団子ふたつ入れて!」
    なんて言わずともちゃんと肉団子はふたつ入り。
    もしかすると女子にはサービスだったりして?
    ゴロゴロ野菜も入ってボリュームもたっぷり、
    とってもおいしいミネストローネでしたよ^o^

    実はこの日は朝から本降り。
    楽しみにしていた「フォーミュラ走行イベント」が、
    見送りになったので、
    せめて駆体だけでも拝みに行こうと展示ブースへ。

    今年9月に開催された、
    全日本学生フォーミュラ大会で全種目を完走し、
    みごと上位にランクインしたレーシングカー。
    ピンクと黄色のカラーリングがキュートです!
    地面すれすれの慣れない運転席に座り、
    走り出さない仕様のアクセルを、
    ドキドキしながら踏ませてもらって、
    迫力のあるエンジン音に大コ・ウ・フ・ン!
    本当に貴重な体験をさせていただきました。

    お礼を言ってその場を離れると、
    学内の工業技術博物館の格納庫から、
    今度は蒸気機関車が白い噴煙を上げながら
    走ってくるのが目に飛び込んできました。
    こちらもなかなかお目にかかれない光景で、
    これでもかと続くド迫力にテンション↑↑

    沸騰したアタマをクールダウンさせるべく、
    工業大らしい研究室企画「空中で回るコマを作ろう!」へ。
    磁石を利用したミニタワーレス風車を工作します。
    息を勢いよくふぅ~っと吹きかけると、
    おもしろいほど勢いよく回り、
    子どもたちも目を輝かせていました。

    キッズつながりで何となくのぞいてみた
    「キッズイベント」がまさかの大当たり!
    ストラックアウト、転がせボール、バンバンバウンド、
    投球くんと4つのゲームにチャレンジし、
    合計得点に応じて景品がもらえるというもの。
    どれも簡単かつ奥深いゲームばかりなので、
    大人のわたしもついアツクなり夢中になった結果、
    C賞の携帯歯みがきセットをゲットしラッキー♪

    そうこうするうちに、
    本日の目玉「コスプレショー」の時間に。
    世界コスプレサミットの運営会社とコラボしたこの企画は、
    マンガやゲーム、アニメなどの登場人物に扮した
    11組のコスプレーヤーたちがステージに登場。
    おしゃれで華やかなパフォーマンスに、
    会場はこの日最高潮に盛り上がったのでした。

    ちょい堅めのイメージだった日本工業大学。
    意外にもサプライズの連続で本当に楽しかったです!
    よい秋の一日となりました。

    日本工業大学・宮代キャンパス・若杉祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  4. バルーンリリースも秋空四重奏に一役

    • 正門手前のウッドデッキで発見した階段アート。学内にあったほうもいい感じでした!
    • 山男(山女も?)だけでなく、スタミナ源はカレーで決まり☆
    • 横国ではなく国大と略すここだけの神社が登場。女子の巫女姿もなかなかサマに☆
    • どのメンバーもハッピーオーラ全開で聴きごたえ抜群でした

    こんにちは♪ 学園祭リポートスタッフのOSです。
    今回は三ツ沢上町駅から歩いて約15分、
    横浜国立大学へおじゃましてまいりました。

    緑豊かな広~いキャンパスは、
    大学というよりもちょっとした公園みたい。
    正門までなぜか回り道をしてしまったおかげで、
    すっきり快晴となったこの日は、
    すっかりハイキング気分になっていました。

    正門の学祭アーチをくぐる前の階段には、
    黄色を基調にしたポップなアートが施され、
    自然と気分がウキウキ高まります。

    学園祭に来たらまずはグルメを堪能するのが、
    食いしん坊のわたしの流儀。
    今回はどんなおいしいものに巡り合えるでしょうか?

    おいしそうな香りと呼び込みの活気が充満する、
    メインストリートを狙いを定めるべく往復すること3回。

    ホットドックやじゃがバターにチョコバナナなどの
    定番に混じって、
    おかずクレープや爆盛焼きそば、
    スープチャーハンといった変わりだねも並んでいます。
    和田町で採れたはちみつを利用したホットクや、
    鎌倉フードなど地域の特色を生かしたメニューも。

    目移りする中でもチョイスしたのは、
    ワンダーフォーゲル部の横浜中華風カレーです。
    山で究めたカレーはひき肉入りのチャーハンにルーをかけ、
    さらに餃子をのっけ盛り! おいしくてスタミナもたっぷり、
    彼らならではのカレーといえるでしょう。

    お腹が満足したところで、今度はぶらぶら歩き。
    図書館を通りがかると何やら盛況の様子です。
    地域の子どもたちのために、
    ミニチュアフードづくりや紙すき体験、スタンプラリー、
    昔懐かしい昭和の遊びなどさまざまな企画が用意されていました。
    子どもたちは大はしゃぎ、
    大人も十分楽しめる内容だったと思います。
    わたしは館内の国大神社で、
    おみくじをひいて運試しすることに。
    そしたら大吉♪で、
    さらにおすすめ屋台メニューが「カレーライス」で偶然にびっくり!
    なんかいいことありそうな予感♪

    このあとまたも爆盛焼きそばを手に食べる場所を探していたら、
    学生さんからアカペラのライブ会場で座ってどうぞとお声掛けが。
    渡りに船とはまさにこのことです。
    たくさんのアカペラサークルが交代で美声ハーモニーを披露、
    とっても素敵でした。
    さて実はこの日は学園祭の最終日。
    13時から野外音楽堂でグランドファイナルを迎えます。
    ちょっと早めにステージ前の芝生広場をのぞいてみると、
    まだほとんど人は集まっておらず、両親と一緒のこどもたちが
    模擬店のシャボン玉を吹いて楽しむ、
    微笑ましい光景に出会い心が温かくなりました。

    開始時間には芝生広場の斜面を埋め尽くす人出に。
    ウルトラクイズ大会やビンゴゲームなどで、
    たっぷり1時間以上楽しんだあとは、
    子どもたちを優先にふうせんが配られて
    いよいよクライマックスのバルーンリリース!

    司会者の掛け声で一斉に空へ解き放たれて
    舞い上がるふうせんたちの姿は感動モノで、
    ひとつも見えなくなるまで空を見上げていました。
    何となく「平和」とか「愛」とか「幸せ」とか、
    そんなキーワードを思い浮かべながら。

    常盤祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  5. 巨大な学校に収まりきらない熱気とパワー!

    • 広大な面積を使った学祭なのに至る所で多くの人が賑わっていました。熱気が凄いですね
    • 「学祭生中継」のカメラを学祭の様々なところで目撃。寒い中撮影隊の皆様お疲れ様です
    • 「鳥人間の会」が2015年に作成予定の新機体模型。完成したらまた見に行きたいです
    • 学祭の様々な場所で見かけた「フリーハグ集団」。ハグさせてもらって癒されました

    こんにちは。学園祭グランプリレポートスタッフのMです。
    今年も張り切ってレポートしていきたいと思います。

    今回お邪魔したのは筑波大学の第40回「雙峰祭」。
    最寄り駅はつくば駅、秋葉原駅からつくばエクスプレスで約45分、
    つくば駅からはバスで約10分ほど乗れば学校に到着します。

    大学に着いてまず感じたのはその広大な面積。
    南北に5km、東西に1kmもの敷地があり、
    4つのエリアに区切られ、
    各エリアで物品・飲食販売の模擬店が立ち並びます。
    驚いたのがエリアが広いからこその「学祭生中継」企画。
    色んな場所に視聴場所を設け、
    学祭の様々なエリアの生中継をWEB上で配信。
    誰もが学祭の全てを余すことなく楽しめるアイデアには脱帽!

    お楽しみの皮切りは「TMP」と題された、
    筑波大学の学園祭ライブ。
    「つくばでプロのアツいライブが見たい!」という
    想いから一昨年より始まったライブイベントなのだそう。
    野外ステージで迫力満点の演奏と、
    1000人を超える観客が大熱狂!
    大学実行委員の皆さんの熱意が乗り移ったかのような
    アーティストの演奏に、
    僕自身も我を忘れて演奏に酔いしれてしまいました。

    学園祭ライブを満喫した後は、大学構内の食堂へ。
    ここでは「つくば鳥人間の会」の展示企画を開催。
    読売テレビが主催する鳥人間コンテストで受賞歴もあるだけに、
    展示物にも凄みを感じてしまいます。
    飛行機が飛ぶ仕組みや、大プロジェクトでの苦労話なども解説してくれ、
    非常に感銘を受けてしまいました。
    2015年完成予定の新機体の模型も見せてもらい、
    完成形をまたこの目で見たい気持ちになりましたね!

    そして18時からは、
    学祭最終日に訪問したこともあり「後夜祭」が開幕。

    オープニングセレモニーのあとには豪華イベントが目白押しで、
    まずはミスコンやミスターコンの結果発表。
    選ばれた美男美女が、
    学祭の最後を見届けようと集まった
    大観衆の歓声に迎えられます。
    照れた顔がこれまた可愛い!

    さらには、芸人のあべこうじさんらを招いてのお笑いライブ。
    「テレビでは絶対に見られない爆SHOWがそこにある」と
    銘打たれただけあって芸人さんらも本気モード。
    大いに笑わせて頂きました。

    そして学祭3日間のダイジェスト映像を堪能しての
    花火フィナーレでシメ…。
    音楽に合わせて約15分ほどの
    美しい打ち上げ花火が上がります。
    笑いから感動への強烈コラボ。
    この構成考えた人すごいっす…。
    ちょっと青春の甘酸っぱい記憶が
    蘇ってきちゃいましたもんね。

    関東でもなかなかお目にかかれない
    広大な面積を使った大規模の学祭ですが、
    その「ハコ」に収まりきらないほど
    学生さんたちの熱気は凄かったです!
    素晴らしい時間を堪能できた
    大充実の1日となりました!

    第40回雙峰祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  6. 老若男女が楽しめるアットホームなお祭り!

    • ヒツジだけでなくウサギやアヒルも皆おとなしく、まさにふれあい放題!
    • 全国有数の強豪クラブの選手に教えてもらえれば、上達は間違いなし!
    • 千葉県のマスコットキャラ、チーバくん。さすが地元だけに、子どもたちに大人気!
    • 留学生会による「トムヤムヌードルと中華ギョウザ屋」。良い香りが漂ってました~
    • どちらもアジアを代表する味わいだけに、うまくマッチするんですよ、これが!

    こんにちは。学園祭グランプリレポートスタッフのSです。

    今回訪れたのは中央学院大学の「あびこ祭」。
    JR常磐線の我孫子駅からスクールバスに乗って8分ということで、
    早速乗り込みます。すると車内放送で
    「あびこ祭」実行委員会からの歓迎メッセージが!
    到着する前からきっちりムードを盛り上げてくれるなんて、
    なかなか心憎い演出じゃありませんか。

    続いて地元出身のアーティスト・手賀沼ジュンさんが作ったという
    「巻き起こせCGU旋風」なる歌が流れます。
    ちなみにCGUとは、中央学院大学の略称。
    「ちゅっちゅっちゅちゅ、おうおうおう~」という歌詞は、
    今も耳に残るほどインパクト大!
    大学&学園祭への期待が自然と高まっていきます。

    そんなこんなで大学に到着。ずらり並んだ模擬店には
    多くのお客さんが訪れ、かなりの賑わいを見せています。

    そんな中、エスニックないい匂いに誘われて
    留学生会の「トムヤムヌードルと中華ギョウザ屋」へ。
    ところがヌードルの麺がなんと売り切れ! 
    そう言われると食べたくなるのが人情というもので、
    追加の麺が届くまで他のイベントを見て回ることに。

    子どもがたくさん集まってる場所があるな…と思い近寄ってみると、
    そこはウサギやアヒル、さらにはヒツジまでが集合する「ふれあい動物園」。
    エサをあげれば近寄って来るし、カメラを構えても堂々としているし、
    ウサギなんかは抱きかかえてもおとなしいしで、
    子どもだけでなくその親御さんや学生もみんなニッコリ。

    他にも消防車やパトカーと一緒に写真が撮れたり、
    お馴染みの「チーバくん」をはじめとした地元ゆるキャラがいたりと、
    お子さんが楽しめるイベントが満載。
    かと思えば全国トップクラスの実力を誇るゴルフ部の選手たちによる
    ワンポイントレッスンのコーナーもあって、
    幅広い年齢の方が楽しめる部分に好感が持てました。

    そしてステージの方からは、聞き覚えのある
    「ちゅっちゅっちゅちゅ、おうおうおう~」の歌声が!
    なんとそこには、先程バスで流れていた
    「巻き起こせCGU旋風」を歌う手賀沼ジュンさんの姿が。
    「歌ネタ王決定戦2014」の優勝者だけあって、
    場をキッチリ盛り上げていたのはさすが!

    そうこうしているうちに「トムヤムヌードル」の麺が到着したということで
    早速「水ぎょうざ」と共に注文。
    「トムヤムヌードル」は本格的な香り&味わいながら
    決して辛すぎず、もちもちした「水ぎょうざ」との相性もバッチリ。
    これぞ味の国際交流!

    主役である学生さんたちはもちろん、おそらく地元の人と思われる
    家族連れ制服姿の中高生の姿も多く見られた「あびこ祭」。
    地域の人々にとっての「お祭り」として
    皆さんが心から楽しんでいる、実にアットホームな学園祭でした。

    第48回あびこ祭 [学園祭・大学祭2014]2014/11/7

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 最後

105 件中 1~6 件を表示