東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
Let's スタッフ

 公式

Let's スタッフ

  • 女性
  • 年齢
    17
  • 非公開

Let's スタッフさんの口コミ一覧

表示:

173 件中 25~30 件を表示

  1. プリンスアイスワールド2006 リハ模様

    • コメント(1
    • 八木沼純子さんはプロスケーターの楽しく華麗な演技を披露
    • 村主章枝選手は扇子やバラを使った新プログラムの演技を披露
    • 浅田舞選手は大人っぽい優雅な演技を披露
    • 浅田真央選手はいつもの愛嬌たっぷりの演技を披露
    • 中野友加里選手は傘を持って登場。得意のドーナツスピンも披露
    • 豪華ゲストと総勢40名!プリンスアイスワールドチームの夢の競演!

    先日は記者会見の模様をお伝えしましたが、ついに行って参りました!「キョーリン プレゼンツ プリンスアイスワールド2006」。報道向けに公開されたリハーサルだったのですが、本番さながらの演技で感激!荒川静香、八木沼純子、村主章枝、浅田舞、浅田真央、中野友加里、エレナ・ルオーノワ&アンドレ・コワルコ、アレクサンダー・アプト、田村岳斗、プリンスアイスワールドチーム…と、超豪華な世界のトップスケーターたちが目の前で滑っているなんて夢のようでした。「サーッ、サーッ」と氷上を勢いよく滑る音が聞こえてきたりして、大興奮!本当にドキドキしました〜

    写真は、いわずと知れた荒川静香選手のイナバウアー。トリノのエキシビションの時と同じブルーの衣装で、曲も「You Raise Me Up」でした!

    このプリンスアイスワールドは1978年に日本で唯一のアイスショーとして誕生してから、なんと今年で29年目を迎えるそうです。やっぱりショーとしてのスケートは違いますね。オリンピックや大会になるとどうしても勝負がつきまとって緊張してしまうものだと思いますが、このようなショーはなんといっても出演者の表情がやわらかく、のびのびと滑っているので、観ている側も純粋にエンターテインメントとして楽しめます。工夫を凝らした演出や照明、きらびやかな衣装などもショーならではのものだと思います。

    残念ながら横浜公演のチケットは完売してしまいましたが、8月24日(木)〜27日(日)には、サントリー東伏見アイスアリーナで開催されますので、ぜひお見逃しなく!

    「キョーリン プレゼンツ プリンスアイスワールド2006」公式ホームページアドレス
    http://www.princehotels.co.jp/iceshow/

    神奈川県2006/5/1

    詳細を見る

  2. ホワイトクリスマスツリー

    • コメント(1

    三越の1Fにあったクリスマスツリーは、真っ白で綺麗でした。
    ロウソクや白いポインセチア、シルバー系の装飾、雪に見立てた白いパウダー……。
    ディスプレイのお仕事ってステキですよね。ちょっと憧れてしまいます。

    日本橋三越本店2004/11/24

    詳細を見る

  3. 歓喜の歌

    • コメント(1

    原宿新ビッグトップで開催中の「アレグリア2」を観に行って来ました。
    中央正面というまさに絶好の席だったこともあり、チケット購入の際に「チョット高イナ〜」と思ったSS席¥11,500也もいたしかたなし。と納得。
    CIRQUE DU SOLEILといえば、私が学生時代を過ごしたケベック州モントリオールが拠点。懐かしさを込めて応援しています。
    ちなみに、売店のコーラ(ガラナ味)、親子メロンパン、チュリオス、フライドチキン……(¥300〜450)がどれも美味しかったです。

    東京都2004/11/24

    詳細を見る

  4. カスタマイズド

    • コメント(1

    キレイにペイントされた虎ファンのものと思しきスクーター。カスタムペイントって結構お金かかるのに。
    これはもう、愛ですねっ、愛。


    東京都2004/10/20

    詳細を見る

  5. まだかな〜

    • コメント(1

    お好み焼き「豚キムチ玉天」を焼きながら。
    焼きあがるのが待ち遠しくて、友人と二人で頬杖をついて待っているところ。
    「近どう 本店」は人気のお店なので、名店ひしめく「月島もんじゃストリート」の中でも混んでいました。18時半くらいに行ったのですが、ちょっと並びました。

    それでもここのお店に行きたかった最大の理由はお食後のシャーベット。ゆずとライチがあるのですが、どちらもオススメ。(ライチシャーベットの方が希少感がありますが)
    ちょうどお台場特集のクーポンでコレが食べられるとあって、見逃すわけには行きませんでしたw

    ご馳走さまです。

    近どう 本店2004/8/30

    詳細を見る

  6. 「書道博物館」は下町のオアシス

    • 昭和に建てられた本館は、重厚で落ち着いた雰囲気。
    • 文化財に囲まれた静かな空間は非日常的。

    「書道博物館」は展示物もさることながら、庭や建物も魅力的。
    館内に一歩入ると、煩悩うずまく外とは対照的な空間が広がっている。

    昭和11年の開館当初に建てられた本館は、
    不折こだわりの鉄筋コンクリートづくり。
    空襲で不折の居宅や蔵を含む周囲が焼け野原になるなか、
    博物館と収蔵資料だけは無事だったそう。

    白い玉砂利が敷き詰められた庭の奥には、
    かつて不折が暮らしていた中根岸町(現在の根岸3丁目)から
    移設・復元した明治時代の蔵が。
    一般の住宅に紛れ込み、2011年まで存在を忘れられていたらしい。

    他に、大正に建てられた蔵と平成に建てられた新館もあり、
    一か所で明治から平成まで、4時代の建築物が楽しめる。

    台東区立書道博物館2015/10/2

    詳細を見る

  1. 最初
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 最後

173 件中 25~30 件を表示