東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
Let's スタッフ

 公式

Let's スタッフ

  • 女性
  • 年齢
    17
  • 非公開

Let's スタッフさんの口コミ一覧

173 件中 13~18 件を表示

  1. 「OTTIMO Seafood Garden」で春ランチ

    • 上野駅が見えるテラス席

    上野の森さくらテラスにあるシーフードイタリアンレストラン
    「OTTIMO Seafood Garden」でランチを食べてきました♪

    大きな窓からは太陽の光が降りそそいでポカポカ。
    外はまだちょっと寒いけど、ひと足お先に春気分を味わえました。

    このレストラン、ビルの3階なのですがテラス席もあります。
    目の前は上野駅。
    忙しそうに歩く人たちを観察したり、
    線路を行き交う電車を眺めたり……、
    この席に座れば何時間いても飽きなそう。

    春になったら再訪しよっと!

    OTTIMO Seafood garden 上野の森さくらテラス店2015/2/18

    詳細を見る

  2. 「COCORICO DELI」でお惣菜を買ってお花見へ

    • 色とりどりのお惣菜が美しい!

    上野の森さくらテラス1階にある「COCORICO DELI」は、
    大山鶏のロティサリーチキンが自慢のレストラン
    Cafe & Rotisserie LA COCORICOに併設されたデリ。
    ジョエル・ロブションのセクションシェフを担当した
    高橋八大さんが料理をプロデュースしているそうです。

    ジューシーなロティサリーチキンはもちろん、
    サラダやソーセージなど、LA COCORICOの味がテイクアウト可能です。
    ロティサリーチキンと好みのお惣菜を選んでオリジナルの
    お弁当が作れるロティサリーランチボックスは
    上野公園でお花見するときにおすすめ!

    Cafe&Rotisserie LA COCORICO 上野の森さくらテラス店2015/2/18

    詳細を見る

  3. 2k540の「MIYABICA」で雅な漆のジュエリーを発見!

    • イケてる!(1)

    2k540の「MIYABICA」は漆ジュエリー作家の峰岸奈津子さんが営む
    「漆Stoneジュエリー」のアトリエ&ショップ。

    漆(うるし)というと漆器のイメージが強いので、
    おしゃれなイメージとはほど遠い気がしますが、
    「MIYABICA」の「漆Stoneジュエリー」は繊細でステキ!

    堆漆(ついしつ)という技法を用い、
    天然の漆を200回~300回も塗り重ねて漆100%の板をつくり、
    それを彫ったり削ったりして加工し、磨き上げることで、
    艶やかで美しい「漆Stoneジュエリー」が出来上がるそう。

    しずくの形をしたネックレスは桜の花びらみたいにキュートでした。

    2k540 AKI-OKA ARTISAN2015/2/18

    詳細を見る

  4. 2k540の「Hacoa」で見つけた桜のステーショナリー

    • イケてる!(1)

    桜グッズを探して2k540 AKI-OKA ARTISANを歩いていたら
    木材で作ったステーショナリーやインテリア用品のショップ「Hacoa」で
    アメリカン・ブラック・チェリー(アメリカ東部に生植するさくらんぼの木)の
    木を使ったカードケースと印鑑ケースを発見!
    (写真左:Hacoa card case 8,100円、写真右:Hacoa seal case 5,400円)
    温かみのある木材と直線的でクールなデザインとの対比が何ともスタイリッシュ。
    蓋を開け閉めしたときにカチッと心地よく収まり、
    精密に計算されたデザインであることがわかります。
    春は門出の季節。入社祝いのプレゼントにも喜ばれそうです。

    Hacoa DIRECT STORE 2k540店2015/2/18

    詳細を見る

  5. 浅草中屋で手ぬぐいとがま口ポーチをトータルコーディネート

    祭り用品の専門店「浅草中屋」では本格的な染め生地から
    リーズナブルなプリント生地まで約150種類を自社管理して
    さまざまな商品を開発しています。

    あるものはポシェットになったり、あるものは手ぬぐいになったりするので、
    同じ柄の複数のアイテムをトータルでコーディネートできるのです。

    写真はその1例。
    左はがま口ポーチ(3,456円)と手ぬぐい(1,512円)、
    右はがま口ポシェット(3,564円)と手ぬぐい(1,620円)

    がま口ポーチは浴衣で歩く女性をイメージしたそうですよ。

    浅草中屋 本店2015/2/18

    詳細を見る

  6. 浅草中屋でみつけた和風のテディベア「てぬぐま」が可愛い!

    • 鉢巻や腹掛け、袢天などを着けると一気に浅草風。

    祭り用品の専門店「浅草中屋」で、手ぬぐい生地でできた和風の
    テディベア、その名も「てぬぐま」(2,700円)を発見しました!

    和柄のテディベアが巷に出はじめた頃は、そのほとんどがちりめん素材の外国製。
    中屋になら、もっとできることがあるだろうと「メイドインジャパン」と「オンリーワン」をコンセプトにイチから開発したのだとか。

    色柄豊富な「てぬぐま」はコレクター心がくすぐられます。
    春気分を盛り上げてくれる超キュートな桜柄もありますよ。

    別売りの鉢巻(216円)や袢天(1,080円)などを着せると
    一気にお祭りモードに。下町浅草のお土産にもおすすめです!

    浅草中屋 本店2015/2/18

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 最後

173 件中 13~18 件を表示