東京のおでかけイベント情報満載

  • 男性
  • 年齢
    73
  • 非公開

nannokottaさんの口コミ一覧

20 件中 1~6 件を表示

  1. カフェテラスに木登りパンダ現わる

    カフェテラスに木登りパンダ

    上野駅前上野グリーンサロンで博物館帰りにお茶しました.座席は右側入口ぎわ,ふと外をながめると屋外のテラス,ケヤキの木の上ににパンダが出現.カレー・オムライスといったメニューのみならずテーブル・食器まで店内にはパンダがいっぱい.ガラスのいたずらでした.

    上野恩賜公園(上野公園)2013/10/11

    詳細を見る

  2. 化石をみつけました-2億5千万年前といわれても…

    • とても小さい粒も見えています
    • 立体的に見たところです
    • そう,石灰岩でつくられた公園のネームプレ-トなんです
    • 2億5千万年前に絶滅したフズリナの殻だそうです.
これで単細胞というのですから,またビックリ!

    練馬区羽沢児童遊園(羽沢2-13-7).石畳に雨粒が落ちたようにも見える白い円形はなんでしょう.大きなもので直径12mm.
    参考サイト
    http://www.asahi-net.or.jp/~ep3n-kizm/zukan/kaseki/yukou.htm
    http://www.ymg.urban.ne.jp/home/akihaku/kagaku.site/kaseki.site/fusulina.html

    東京都2012/4/29

    詳細を見る

  3. 怪球Xあらわる-街なかの木の実-モミジバフウ

    • 木がはだかになれば,オヤこんなところにと思わせるものが出現します.右下に鳥の巣跡(キジバトか?)が…
    • 霞が関一丁目交差点,右側合同庁舎前はモミジバフウ,左はプラタナス.
    • 霞ヶ関駅A10出口が至近.

    霞​が​関​周​辺​に​は​さ​ま​ざ​ま​な​街​路​樹​が​植​え​ら​れ​て​い​て​楽​し​い​.​桜​田​通​り​に​は​マ​ロ​ニ​エ​(​ト​チ​ノ​キ​)​・​プ​ラ​タ​ナ​ス​(​ス​ズ​カ​ケ​)​が​あ​る​こ​と​は​聞​い​て​い​ま​し​た​が​,​仕​事​納​め​の​日​に​と​お​り​か​か​り​モ​ミ​ジ​バ​フ​ウ​に​出​会​え​た​こ​と​は​さ​い​わ​い​で​し​た​.​今​年​は​紅​葉​が​お​そ​い​よ​う​で​,​そ​の​名​の​と​お​り​美​し​い​葉​と​と​も​に​,​た​わ​わ​な​果​実​が​寒​風​に​た​え​て​ゆ​ら​い​で​い​ま​す​.​歩​道​に​落​ち​て​い​る​形​の​よ​い​実​は​リ​ー​ス​の​素​材​に​で​も​と​思​い​拾​っ​て​帰​り​ま​し​た​.

    東京都2011/12/29

    詳細を見る

  4. まっかな実り 街なかの木の実-クロガネモチ

    • 自由通路わきのクロガネモチ.モチノキのなかまは雌株にたくさんの実をつけ,赤く熟して魅了します.
    • 自由通路となっている階段・エスカレーターが,数段のテラスをむすび,泉ガーデンビルへと導きます.
    • テラスに植え込まれた二本のサクラが秋の名残りとなる彩りを見せています.

    大倉集古館へ出かけました.屋外に展示されている鋳銅製灯篭・梵鐘などに,いますいます来年のエトである龍がたくさん.往きは溜池山王駅から霊南坂教会の前をたどりましたので,帰りは六本木一丁目駅を目指すことにします.そこには想いがけない緑地が広がっていました.「泉ガーデン」という再開発地,低地に高層の住宅ビルとオフィスビルを建設して住友会館を移転,もとあった会館の庭園を緑地として高台に残したそうです.かたちのよい灌木の熟れた赤い実をついばみに四,五羽のメジロが来訪しているのに出会ったのは,驚きであり至福のときでもありました.

    東京都2011/12/3

    詳細を見る

  5. 小さい秋-街なかの木の実-ヤマボウシ

    • 新宿通りと外苑西通りが交差する四谷四丁目交差点,歩道一画の植え込みに茂っています.
    • 小花の集合体が果実へ.4枚の白い苞が残る緑の実から,黄・赤へ成熟する変化がわかります.

    このトゲトゲの物体はナニ…?じつはヤマボウシ(山法師)というミズキ科の木の実,いまが黄色・オレンジ・赤色に熟する季節です.すてきな花の写真はmdeguさん「神代植物公園は花盛り」メイン画像でお愉しみください.

    東京都2011/9/13

    詳細を見る

  6. 八丁湖-水面の錦と水鳥たち

    • アオサギとシラサギ(チュウサギ),このあとにこぜりあいがあってシラサギは去っていった
    • 小魚を取りそこねたアオサギを尻目に…
    • 冬鳥のガン・カモ類
    • メタセコイアと相似形の波紋がいさぎよい
    • 推定総数500基以上と解説してあるのにはビックリ
    • 堤防の上から北西を望む

    埼玉県吉見町は国指定史跡「吉見百穴」という古墳時代終末期の横穴墓群の所在地として知られています.ここから北東,同じ凝灰岩からなる丘陵上には坂東三十三観音札所のひとつ「吉見観音」があり,すぐ裏の谷あいは溜池となっています.比企郡には農業用溜池が数多くありますが,近在では大きな方で「八丁湖」と名づけられ親しまれています.
     谷あいをめぐる湖岸一周1.6kmは舗装された遊歩道として整備され,北岸に露出した岩肌には,「黒岩横穴墓群」の一部を見ることもできます.
     紅葉のほか2本のメタセコイアの黄葉もすばらしく,水面に映える錦を裁つように泳ぎ,もぐる,水鳥のおこす波紋の妙が時を忘れさせる.
       (2010.11.21.撮影)

    埼玉県2010/11/22

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

20 件中 1~6 件を表示