東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
ニックネーム未設定

ニックネーム未設定

  • 性別
    非公開
  • 年齢
    非公開
  • 非公開

ニックネーム未設定さんの口コミ一覧

66 件中 61~66 件を表示

  1. いぢめる?

    • コメント(3
    • 私をたべて。編
    • ここがサーロイン。
    • 食べごろです。

    偶然兄弟のような牛たち。
    何で、そんなものかぶってるんですか?と突っ込みたくなります。

    ちなみに、右側の牛のタイトルは、「罪と罠とある日の雌牛」。
    なるほど、雰囲気でてます。

    ニッポン放送と第一生命ギャラリービルにあります。



    東京都2008/10/1

    詳細を見る

  2. まつりだっ、まつり!

    • いえ〜ぃ。100円 綿菓子だ!
    • これこれ、やってみたい!この機械。子供のころ一度はほしいと思ったことがあるハズ。
    • 街はそりゃあ、もう大騒ぎさ。
    • もういっちょ、おみこし画像

    吉祥寺秋祭りが9月中旬にあった。
    普通に買い物に出かけたとき遭遇。

    なんだか人が多いとおもったら神輿やら出店で大賑わい。
    なつかしぃなー、この雰囲気。
    こちらは、子供のころから住んでるわけでもないので
    神輿を担ぐほどのつながりがないので残念。

    一緒にハッピきて騒ぎたい血が、ちょっと騒いだので<br>せめて出店で、祭りを味わうべしと、物色。

    東急のとこにもいくつか店が。

    その中にな、なんと100円の破格綿菓子発見!!!

    綿菓子って500円くらいぢゃなかったっけ?こんな安くてよいの?

    と疑問をいだきつつ、子連れのお父さんの後の列に並ぶ。いい大人が自分のために並ぶなんて・・・いや、けど、並ばねば後悔する。
    そんなことは許されないと、毅然として並んだ。

    その結果GETしたのが、下の写真。
    あの、綿菓子をくるくるするのやってみたいんだよね〜とおもいつつそれより食い気。

    あまーっっ!

    当たり前だけど、ふわふわ感がたまりませんっ。

    思わず、遭遇したノスタルジーに大満足の一日でございました。

    東京都2008/10/1

    詳細を見る

  3. たまには・・

    • 見た目も味も美人でした。フルーティなソースがポイント高し。
    • すっきりとした店内。写真にはうつってないけどお花に見立てたワイングラスがかわいかった。

    たまには、ちょっと気取ったランチを。ってことでTOKIAのイタリアンへ。
    「ルクソール 丸の内」
    ここは、TOKIAビルの入口吹き抜けを2階から横に眺める位置にあって面白い。店内のインテリアは、女性を意識していてお花にみたてたワイングラスとか見どころあり。

    肝心のお食事の味はというと、店内の雰囲気に負けず劣らずなかなか。
    前菜のサラダは、フルーツソースがきいててほんと女性向き。
    こういの作れたらポイント高いなぁ〜〜とひそかに感心しつつ平らげる。

    パスタはチキンとキノコのクリームソースを注文。
    ショートパスタにソースがよく絡んで、具とのバランスもGOOD!

    パンもいっしょに出てくるのだけどオリーブオイルのなかにバルサミコがはいっててナイスなコラボ。全体てきににバランスがよいレストランでしたぁ。

    女の子を連れていくレストランにまよったら、いーんではないでしょうか?

    東京都2008/10/1

    詳細を見る

  4. うしし☆3兄弟

    新丸ビルの中にも牛は席巻。
    こちらは、ちょいと小さ目の子牛たち。

    それにしても、真白な牛にみんないろいろストーリーをつけますね。
    著名人や、アーティストなど今回の牛デザインをした人もさまざま。

    私だったらどんな牛にするだろ・・?
    ってつい想像してしまう。

    負けず嫌いなので、アッおどろく趣向を凝らしたものを創りたいけど
    同時にそれ以上にめんどくさがりなんで、その両方をみたすアイデアないかなぁ。

    まあ、依頼は来ないだろうから、それこそいらぬ心配だ。

    2008/10/1

    詳細を見る

  5. 牛も飼い主に似る?

    • 全体像。色づかいが好き。
    • こんなふうに立ってます。雨のせいかさみしげ。

    東京駅のすぐちかくのTOKIAのところに、知花さんデザインの牛発見。
    やっぱ、人柄というかご本人の美しさとかわいらしさがでてますな。

    目もとパッチリなとこが何ともいえず、個性的で。

    ほかにもいっぱい丸の内界隈に牛出現中。
    外人さんも思わずカメラに収めてました。

    いや、日本人でもついとりたくなっちゃうくらい個性的な牛たちです。

    ちょっと歩くだけでもたくさん出会えます。

    2008/10/1

    詳細を見る

  6. 元祖!早矢仕ライス’sDNA

    • こんな風に外を眺めながら・・
    • 早矢仕ライスを発明?した早矢仕さんのことを説明したプレート。目がでっかい。
    • メニューはこんなにあるよ。
    • 店内はこんなにオサレ。前の屋上にあったときとはえらい違いだ。

    日本橋丸善が改装して依頼、あの黒いソースと濃厚な味を懐かしく思ってたけどOAZOに、そのDNAを引く店があると知ってずっと行く機会うかがっとりましが、ついに行ってきました!

    懐かしいあの味を、もう一度!
    いつものようにオムハヤシを頼もうと思いましたが、今回はちょっと奮発して「早矢仕andカレーのオムライス」を注文。 1250円なり。
    看板メニューは早矢仕ライスだけど、私は、黒っぽいソースのビーフカレーのほうがおススメ。創業以来ちょっとずつ足してきたのか、家庭では決して出せない深みのある味なんです。早矢仕ライスも、移転前は深い味で写真のように深みのある色でしたが、今はトマトソースがベースになってるのか、複雑な深みはなくなってるみたい。
    とはいえ、看板メニューももちろん食べたいでしょうから、私のように2色カレーをたのんじゃうのもありかもしれません。けど、やっぱ何度も行ってお気に入りを見つけるほうが絶対おススメです。

    また、ここは、アクセスは抜群。一人で来ると窓際の席を案内してくれるので外を眺めながらいただくのもいいもんです。電車からも、この「M&C caf&eacute;」見えるんですよ。

    丸の内は、丸ビル、新丸ビルのほかにも人気ブランドの店が点在してるので、買物するには、ぴったり。しょっちゅういろんなイベントがやってるので結構あきません。オフィスが近いので助かってます。

    東京都2008/9/30

    詳細を見る

  1. 最初
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11

66 件中 61~66 件を表示