東京のおでかけイベント情報満載

カバー写真
学園祭グランプリ/現地レポスタッフ

学園祭グランプリ/現地レポスタッフ

  • 性別
    非公開
  • 年齢
    非公開
  • 非公開

学園祭グランプリ/現地レポスタッフさんの口コミ一覧

82 件中 1~6 件を表示

  1. 【学園祭訪問レポート】明治大学 第15回 生明祭

    こんにちわ。
    学園祭グランプリレポートスタッフのNです。

    雨が降りそうな雲行きの中、新宿から電車にのり、やってきました、明治大学の生明祭へ。
    大学の入り口には生明のカラフルな看板があります。
    可愛い羊ちゃんも出迎えてくれました。

    ここから坂を上るのですが途中にもHave a nice tripなど手作りの看板があります。
    そして坂の上に到着するとそこには見事なタージマハールがあるではないですか!

    外側だけでなく、中のデザインも凝っていて、その大きさ、カラフルさには目を見張るものがあります。来場者の方はみなさん、このタージマハールの中を通り、すごいね!と関心していました。

    また、校内を歩いていると随所随所に凝ったオブジェがあります。
    インド、中国、シンガポールと日本の壁画(なんとここの傘も手作りだとのこと!)
    万里の長城を模したオブジェ、自動車を模したオブジェはどれほど時間がかかっただろうと感心するばかりです。

    オブジェ大賞があるとしたらこの明治大学に決まり!と思うほど、看板、オブジェは感動するものばかりでした。

    次にひとだかりがあるステージへ。
    模擬店総選挙がはじまるようです。
    昨年度に引き続き生明祭のNo1模擬店を決める模擬店総選挙。
    最終日の審査員には、ゴー☆ジャスさん、アイドルグループのサンミニが登場
    されるとのことで、大入り満員盛り上がっていました。

    少し歩くと子供たちが駒で遊んでいるのが見えます。
    ここは縁日です。
    今日はベーゴマ大会が開催されています。
    ベーゴマを教えているのは地域の方とのこと。
    毎年、協力をして子供たちにベーゴマをおしえてくださっているそうです。

    またしばらくいくと「廃油」の看板が見えます。
    家庭ででた油を持ってきてもらい、それを景品と替えられるそうです。
    集まった油を売って、地域に寄付をするとのこと。すごくいいアイディアです!
    色々な工夫で地域の方とのつながりやエコの工夫をしている学園祭なんですね。

    次に農学部の野菜や花の販売エリアへ。
    ここは農学部の方が育てている野菜や花を売っています。
    カラフルなお野菜がたくさんあり、思わず買ってしまいました。

    最後に毎年好評企画とされるお化け屋敷に。
    予約制ではいれるので、並ぶ必要もなく時間になると続々人が入ってきます。
    お化け屋敷を出る人の中には「ひえ~ほんと怖かった!」と興奮している方も・・・・。
    みなさん、楽しんでいました。

    大学の特色をとてもアピール出来ている、
    そして地域の方とのつながりをとても大切にしている楽しい学園祭でした。

    明治大学 第15回 生明祭[学園祭・大学祭2015]2015/12/3

    詳細を見る

  2. 【学園祭訪問レポート】東京理科大学 第21回 久喜地区理大祭

    こんにちは!学園祭レポートスタッフのIです。

    今回は埼玉県久喜市で行われていた「理大祭」にお邪魔してきました。
    最寄駅から出ているスクールバスに揺られキャンパスへ。
    キャンパス入口には「WELCOME TO KUKI」と書かれた大きな幕が。
    久喜市と深い結びつきがある、久喜キャンパスらしい大幕です。
    この「理大祭」、今回が久喜市での最後の開催と言うことで
    そんな中、この大幕を使うと言う意味を考えると、
    学生さんの色々な感情を少しのぞけた気分になりました。

    そんな大幕をくぐり、まずインフォメーションでパンフレットを貰いに。
    ちょうどパンフレットの補充のために本部へ行くところだったようで
    少しインフォメーションを眺めて待つことにします。

    インフォメーションには「理大祭」のことだけではなく
    地元のイベントや施設に関するパンフレットも置いてありました。
    様々なジャンルのものが置いてあり、なかなかに興味をそそられます。
    と、眺めていると学生さんがパンフレット片手に戻ってきました。

    しかしこのスタッフ学生さんが着ているパーカー、目立ちますね…
    赤地に背中には花火が描かれており、なかなかにお祭り感が出ています。
    聞くと、花火は久喜の特徴であり、今回の「理大祭」でも打ち上げるとか。
    時間的に参加が難しかったので見ることは叶いませんでしたが
    花火を見上げる学生さんの背中に赤い花火がある姿を想像するだけで
    なかなかにこみ上げるものがありますね。

    さて、パンフレットを貰いふらふらと移動を始めることにします。
    まずはキャンパス内広場中央に設置されたステージにしましょう。
    が、ちょうど転換の時間だったようなのでステージを囲む模擬店を回ることに。
    学生さんの元気な呼び込みと、子供の楽しそうな声を聞きつつ
    将棋ができるカフェでの熱い一局を眺めていると、ステージでイベントが開始。
    あわてて見に行くと、ステージでは地元のダンススクールの人たちによる
    ダンスが披露されていました。
    地元の子供たちによる様々なダンスが披露され
    時に明るく、時に静かな世界を作り上げて、観客を魅了していました。
    ステージでは他にも、高校生による演奏会なども行われており
    その時その時によってステージが違う輝きを持っていました。

    ステージを堪能した後、少し構内を回ることにします。
    パンフレットで興味をそそられた「理大祭」の歴史が見れると言う教室へ。
    教室にはこれまで使われたパンフレットやポスターなどが貼られており
    まさに「理大祭」の歴史が感じられました。
    様々なデザインやアイデアが詰め込まれており、当時の学生さんたちが
    どのように盛り上げようとしていたか、想像するのが楽しかったです。

    歴史を想像しつつ教室を出て一階に戻ると、どこからか元気な声が!
    行ってみるとボードゲームを楽しんでいる子供たちがいました。
    兄弟でカードゲームを行っているようで、学生さんがルールを説明しながら
    相手をしていました。
    学生さんに教えてもらった内容を兄が弟に「こうだよ!」と教えている姿は
    非常に微笑ましい光景でした。

    ボードゲーム教室を出て少し歩いていると、久喜市ののぼりが立っている
    教室を発見したので入ってみました。
    中では、久喜市民まつりと東京理科大学の歴史について展示がされていました。
    久喜市の方が説明をしてくれましたが、久喜市民まつりは29年続くお祭りで
    ボランティアの方々の手によって支えられているそうです。
    そのボランティアの中には、この東京理科大学の学生さんもいらっしゃるそうで
    若い力を惜しみなく貸してくれ、非常に助かっていたとのこと。
    そのあたりにも、久喜市とのつながりを大事にしているんだなと言う感想を抱きました。

    そのほかにも、豪華商品があたる大抽選会や
    久喜の象徴である花火の打ち上げ大会などビッグなイベントが開催されており
    久喜キャンパスでの最後の学園祭らしい内容となっていました。
    地元とのつながりを大事にした学園祭をたっぷり堪能できた一日でした。

    東京理科大学 第21回 久喜地区理大祭[学園祭・大学祭2015]2015/12/3

    詳細を見る

  3. 【学園祭訪問レポート】東京大学 第66回 駒場祭

    こんにちわ。
    学園祭グランプリレポートスタッフのNです。

    やってきました!東京大学駒場祭へ!
    今日はからっと晴れた学園祭日和。
    駒場東大前で電車を降りるとホームは学園祭に向かう人々でラッシュアワーのようにホームは混んでいます。

    さすが人気の駒場祭です。
    企画数約500、来場者数10万人超の学園祭とだけあります。
    今回のテーマは「祭は旅だ。」だそうです。
    楽しみになってきました。

    駅からの階段を下りるとすぐ目の前に大きな学園祭の看板が見えます。
    その大きさに圧巻です!みんな記念撮影をしています。

    正門を入ると広場にまた人だかりが。。。
    「女の子のダンスグループ?」と思いきや、現役東大生が女の子の恰好をして踊っているではないですか?!
    その可愛さに唖然としていまいました。

    次にガイドツアーの待ち合わせ場所へ。
    ガイドツアーは、現役東大生が来場者の皆さんのために
    駒場キャンパスをご案内する企画ですとのこと。
    キャンパスにまつわる驚きのまめ知識や、知られざる東大生の生活を知れるチャンスです。

    私は「お手軽ツアー」に参加させて頂きました。
    図書館やそして駒場池周辺を見て回るツアーだったのですが
    東大の構内の自然の多さにびっくりしました。
    まるで公園のようです。
    近所の方も犬をつれてお散歩に来ているとのこと。

    またカフェテリア前では東大生が日ごろどうやって学園生活を送っているかをおしえてもらったのですが、
    お金を節約してる学生さんはおうちからごはんを持ってきておかずだけカフェで注文するとのこと!
    がんばって節約している東大生に親近感がわきました~。

    次に人だかりのある模擬店へ。長い行列が出来ています。
    見てみると「鹿肉焼いちゃいました!」とあるではないですか~!
    なんで鹿肉?と思い、メニューを持っているイケメンのお兄さんに聞いたところ、

    農学部の保有している森で捕れた鹿やイノシシの肉を焼いて提供しているとのこと。
    なるほど~と納得しました。
    さっぱりしておいしいとお勧めのシカ肉を食べてみましたが、くせが少なく美味でした~♪

    次に歩いていているとすごい歓声が!
    見るとリングにプロレスラーがたくさんいます。
    どうやら、プロレスサークルのようです。
    本格的なリングにサウンド、見ていてすごく燃えました~。

    校内に入りいくつか教室を覗いてまわるとたくさんの人でごったがえしている所を発見。
    特に小さな男の子がたくさん。東大レゴ部駒場祭展示2015の教室でした。

    街や船のレゴはレゴを作ったことのない私でもウキウキ♪
    端のブースでは学生さんが子供たちにレゴを教えています。
    男の子たちは目をキラキラ輝かせています。
    夢のある世界ですね。

    次にしばらく歩いていくと今度はプレゼンを真剣に聞く人だかりが!
    そう、この教室は「東大研究最前線」のプレゼン会場だったのです。
    聞いている方は若い方よりは中高年の方が多く、みなさん真剣に聞いていらっしゃいました。

    また、途中大きなごみの集積場を見つけました。
    集積所にも手作りの看板があり、エコ活動にも力を入れてるようのがわかりました。

    門を入ってから出るまで、「第66回駒場祭」を満喫してもらおうと企画されているだけあって、本当に1日で見切れないほど、充実した学園祭でした。
    他の大学に比べて、1人で来ている来場者の方、年配の来場者の方が多いのも魅力的な学園祭だからなんでしょうね。

    東京大学 第66回 駒場祭[学園祭・大学祭2015]2015/12/3

    詳細を見る

  4. 【学園祭訪問レポート】成蹊大学 第54回 欅祭

    こんにちわ。
    学園祭グランプリレポートスタッフのNです。

    今日はお天気にも恵まれて学園祭日和です。
    吉祥寺からバスに乗り10分、成蹊大学の欅祭にいってきました。

    黄色く色付いたイチョウ並木を歩いていると見えてくるのが正門に設置されたアーチ。
    デザインはCrescendoをイメージしたオリジナルとのこと。
    実行委員が夏休みに協力して作っただけあって力作です。

    また校舎には今日の模擬店やイベントの垂れ幕がかかっています。
    大きくてきれいな垂れ幕はとても目立ち学園祭を盛り上がています。

    少し歩くときちよこという可愛いフラグが見えます。
    ここは地域のお店が出店しているようです。
    クリスマスらしいお花を売っているお花屋さんや
    おいしいお茶を売っている食べ物やさんなど
    吉祥寺らしくおしゃれな出店でした。

    次に本館前へ。
    人だかりがしているのは何かと見たところ、競技ダンス部の方が華麗なペアダンスを披露してしているところじゃないですか?!

    キンタロウさんで最近、メジャーになってきた競技ダンスですが、こんなに身近にみるのは初めてです。
    お客さんの近くで華麗にワルツやタンゴのターンをしてくれて
    思わず、「おぉ!!」という歓声が!会場は大盛り上がりでした。

    次にBINGO ~夢を叶えろAngels~の会場へ。
    こちらのビンゴはただのビンゴではなくアイドル育成のストーリー仕立てになっている
    お客様参加型のビンゴ。
    毎年成蹊大学恒例のビンゴ大会とのことで会場は満員です。

    賞品も豪華でルンバや旅行券があたるとだけあって、みなさん当てる気満々。
    小さいお子様連れから年配の方、もちろん学生さんも楽しんでいました。

    次に体験型謎解きRPG 勇者ノエルの大冒険を見に行きました。
    これは体験型ゲームで、謎解きをしていく途中に巫女さんなどが立ってて次の謎解きの答えを教えてくれます。
    ゲーム好きにはたまらない企画です。

    中庭ではバンド演奏を聞いている人、フリーマーケットを覗いている人模擬店の料理を食べている人、みんな芝生やベンチに座りながらのんびり学園祭を楽しんでいます。とってもいい雰囲気です。

    次にKEYAKINGと書かれている投票場所へ。
    イケメンのグランプリ?と思いきや、そっくりさんグランプリなど面白いグランプリのようです。
    私は大泉洋さんのそっくりさんに一票投票しました!

    パンフにもエコ活動ページがありましたがゴミ箱はきちんと分別されていて、特に生ごみもきちんと分別しているのを見てエコに力を入れている学園祭と感じました。

    途中、ライフセービング部が水着で模擬店の宣伝をして回っているのに遭遇!まっちょな水着姿にさすが海の男!と感心してしまいました。

    おしゃな大学のイメージというだけでなくエンターテイメント性も高く色々な年齢層の方が楽しめる学園祭でした。

    成蹊大学 第54回 欅祭[学園祭・大学祭2015]2015/12/3

    詳細を見る

  5. 【学園祭訪問レポート】東京女子大学 第62回 VERA祭

    こんにちは!
    学園祭レポートスタッフのAです。

    さて、秋が深まりつつある11月14日、東京女子大学の学園祭である「VERA祭」に行ってまいりました!

    ところで皆さん、東京女子大学に行ったことはありますか?
    JR中央線西荻窪駅が最寄りなんですが、商店街の中を抜けながら歩いて大学まで行くことが出来るのです♪
    雑貨屋さんやカフェなどが並ぶ商店街を歩くのはとっても楽しくて楽しくて…
    なかなか大学に辿り着けない!?
    しかしそんな誘惑に打ち勝ちながらも、大学を目指してトコトコ歩きます。歩きながらもお店を横目に見ていると、駅を始め商店街の店先にはVERA祭のポスターが♪
    大学周辺の地域も応援してくださっている様子が感じ取れます!

    この日のお天気はあいにくの雨でしたが、商店街は東京女子大学を目指して歩いていく人が何人も。
    正門付近に到着すると来場者で溢れかえっていました!
    実行委員なのか、多くの学生の皆さんがカッパを着ながら正門のところへ立ち、来場者の方に挨拶をしていました。寒い中頑張ってますね!

    さて、大学構内を入っていくと、目の前には広場が広がり、その一番奥にはステージが。楽しげな学生の歌声と歓声が聞こえてきます。
    この大学の中心となるステージでは、様々なイベントが行われていましたが、
    中でも素敵だったのが、「TONJO GIRLS COLLECTION 2015」
    何とファッションショーが行われていたのです!
    さすが女子大という特徴を活かし、来場者を楽しませるイベントをやっています♪

    ファッションショーは女子大生の「日常」と「非日常」がテーマということで、
    普段からよく着ている親しみのあるような服装で演出された1st Stageと、日常から離れフォーマルやドレスアップを楽しむという演出の2nd Stageと、二部構成に。
    各Stageの中でもまた違うテーマを設けて、それに併せた演出・・・小物を使ったりダンスをしたり、来場者を飽きさせず魅了し続ける工夫が隅々まで凝らされています。
    また、出演している学生が、本当のモデルみたいに完璧に近い!
    雨でステージも濡れていて大変な中、足元を見ずに視線をまっすぐに向けて、颯爽とウォーキングする姿に、観客も拍手喝采でした。
    司会役の学生もしっかりとした口調で、イベントを明るくまとめあげ、雨の中のファッションショーは観客も減らず大成功でしたよ。

    他にも、VERA祭のマスコットキャラクターである「ベラべあ」とハローキティがコラボしたグッズを売り出しているコーナーがあったり、
    子ども向けのゲームのお店には、子どもだけでなく多くの大人も参加して白熱していたり。
    地域のお菓子屋さんとのコラボ商品である焼き菓子なんかも売られていて、とっても美味しそう。。売り切れ続出で大人気のようでした。

    女子大ならではのきめ細やかさで、しっかりと工夫と準備がされていたVERA祭。絶対誰でも楽しめること間違いなし!
    あなたもぜひ来年行ってみてくださいね♪

    東京女子大学 第62回 VERA祭[学園祭・大学祭2015]2015/12/1

    詳細を見る

  6. 【学園祭訪問レポート】東京外国語大学 第93回 外語祭

    訪問レポートスタッフのOです。

    2年続けて東京外国語大学の外語祭に行ってきました!

    昼過ぎついた多磨駅は既にものすごい人の山。
    この所ぐずついていた天気も今日は落ち着いて絶好の日和になったこともあってか、かなり大勢の方が外語祭目当てに来られたようです。

    外語祭の目玉はなんといっても円形広場にずらっと並んだ各国料理。
    これだけを目当てに来ている人も結構な数いらっしゃるんじゃないでしょうか。
    とはいえ去年散々食い散らかしていることもあり、今回は後回しにして屋内企画を先に見て回ることに。

    まずは何も考えずにふらふらを一周…しようとしたところで早速目に入る「世界のまちおか」の文字。
    円形広場を後回しにしたくせにお菓子につられてほいほい入っていく食い意地が憎い。
    数は少なかったですがイギリスやロシアなんていうメジャーどころだけじゃなくウガンダが混じってるチョイスに感嘆!
    これもこれも、と買っている内に1000円近く飛んでいきました…

    次にたどり着いたのは南アジア研究会。
    決して流れ聞こえてきたインド映画の音に釣られたからでは…

    こちらではぱっと目を引く展示などはありませんでしたが、100円で学生さんにヘナをつかったペインティングをしてもらえるということだったのでやってもらいました。
    染料の独特な香りが漂うなかすいすいと複雑な模様を描いていく学生さんの技に思わず見惚れてしまいました。

    その他にもいくつか企画を見たところでいい加減お腹を満たすべく円形広場へ。
    既にお昼時ということもあってどのお店も長蛇の列で学生さんが慌ただしく調理中でした。
    去年も食べたチェコ流シチューのグラーシュ、タイのパッタイをつつき、円形広場をでて模擬店エリアに。

    お目当ては模擬店の垂れ幕の中でどこよりも強烈な視線を送って来ていた「留年の多いトルコ料理店」。
    スパイスの効いた出来立てのサジタヴァがめっちゃ美味い!今まで学園祭で食べてきた中で一番美味いと断言できるレベル!
    これがキャンパスの端っこにあるのはもったいない。。。

    最後の企画は去年は人が多すぎて並ぶのを諦めた「世界の文字で綴る私の名前」。
    タイミングよく行列がはけていたので早速突撃。
    ビルマ文字・キリル文字・タイ文字・ヒエログリフで名前を書いてもらいました!

    …が。ヒエログリフは象形文字だけあって流石に変てこ、なんじゃこりゃ??な仕上がり。
    これは鳥なのかなんなのか…?

    家族連れが書いてもらった名前を嬉しそうに見ていたのも納得の不思議さでした。

    二度あることは三度ある、ということで来年も来ることになれば今度は語劇に挑戦してみようかな。

    東京外国語大学 第93回 外語祭[学園祭・大学祭2015]2015/11/27

    詳細を見る

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 最後

82 件中 1~6 件を表示