「Let's Enjoy TOKYO」ビューティサロン予約システム利用規約
第1条(目的)
本規約は、Let's Enjoy TOKYO事務局(以下「事務局」といいます)が運営するウェブサイト『Let's Enjoy TOKYO』(以下「本サイト」といいます)において、事務局が提供する「ビューティサロン予約システム」(以下「本システム」といいます)により提供されるサービス(タイムセール電話予約サービスを除く)をユーザー(Let's会員を含みます)が利用するための条件を定めることを目的とします。

第2条(適用範囲、利用条件)
1.本システムを通じて提供されるサービスのうち以下のサービスが、本規約の適用を受けるものとします。
 a. 本サイトに掲載される各種加盟者(以下「加盟者」といいます)が提供する各種サービスに対するユーザーからの予約を代行し、当該予約を成立させるサービス(以下「インターネット予約サービス」といいます)
 b. 加盟者が提供する各種サービスに対するユーザーからの予約申込を取り次ぐサービス(以下「インターネット仮予約サービス」といいます)
2.インターネット予約サービスは、Let's会員規約を承認の上、Let's会員として登録しなければ利用することができません。Let's会員を退会した場合は利用できません。
3.Let's会員が本システムを利用する場合、本規約の他Let's会員規約が適用されるものとします。この場合、本規約とLet's会員規約に矛盾が生じるときは、本規約が優先するものとし、本規約に定めのない事項については、Let's会員規約が適用されるものとします(以下、Let's会員が本システムを利用する場合は、本規約にはLet's会員規約を含むものとします。)。なお、本規約における用語の定義は本規約で定める場合を除き、Let's会員規約と同一とします。
4.本システムの詳細、利用条件等は、本規約のほか、事務局が別途定める条件(以下、 本規約と併せて「本規約等」といいます)によるものとします。
5.事務局は、本システムの詳細、利用条件等を随時見直すことができるものとします。

第3条(予約の成立)
1.インターネット予約サービスによる各種サービスの予約は、本システム内の所定の画面に当該予約にかかる予約番号が表示された時点で成立するものとします。
2.インターネット仮予約サービスによる各種サービスの予約は、加盟者からの当該予約に対する承諾の通知がユーザーが予め指定した連絡先へ到達した時点で成立するものとします。インターネット仮予約サービスを利用した場合は、当該加盟者の都合により予約が成立しない場合があり、この場合はユーザーと当該加盟者との間で各種サービスの利用について協議するものとします。

第4条(各種サービスにかかる責任)
1.本システムにおける事務局の責任は、本システムの提供によって各種サービスの予約代行または予約申込の取り次ぎを行うことに限られ、これ以外については、本規約等で定める場合を除き、一切の責任を負いません。
2.各種サービスの予約成立後における、予約内容の変更、キャンセル(キャンセル料金が発生する場合があります)等の手続きは、ユーザーの責任において、ユーザーと加盟者との間で直接行うものとします。
3.ユーザーと加盟者との間でトラブル、紛争等が生じた場合は、ユーザーは、加盟者との間で直接解決するものとし、事務局は一切の責任を負いません。当該トラブルによって事務局に損害が発生した場合、ユーザーはこれを補償するものとします。
4.加盟者に関する質問、クレーム等の一切については、当該加盟者が受付けるものとし、事務局はこれらに対応する責任を負わないものとします。

第5条(会員の責任)
1.ユーザーは、本システムの利用にあたっては、本規約等の他、事務局の定める手順・セキュリティ手段を遵守するものとし、この遵守を怠った場合その他事務局が本システムの運営上不適当と判断した場合、事務局は、当該行為を停止させ、または本システムの利用の停止及び法的措置を含む損害賠償等必要な措置を取ることができるものとします。
2.ユーザーは、本システムの利用に際し、自ら行った行為について責任を負うものとし、第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用負担で解決するものとします。

第6条(禁止事項)
ユーザーは本システムの利用にあたり、不正な行為を行わないものとします。 不正な行為とは以下に定める行為を含みますがこれに限りません。
 a.詐欺その他不正に利益を得る目的の行為
 b.事務局もしくは他人の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害に結び付く行為
 c.他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為
 d.違法及び他に迷惑を及ぼす行為
 e.虚偽の情報を故意に送信すること、風説の流布とみなされる送信
 f.自己を主張し、もしくは他を害するなどの目的で同一の情報を意図的に多数回送信すること
 g.本システムの趣旨から著しく逸脱した情報の送信
 h.公序良俗に反する行為もしくはその惧れがある行為、または公序良俗に反する情報を他の会員または第三者に提供する行為
 i.犯罪的行為もしくは犯罪に結び付く行為、またはその惧れのある行為
 j.選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為
 k.性風俗の宣伝、営業活動
 l.特定の宗教、政党及び思想信条に基づく言論
 m.コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じ、または本サービスに関連して使用し、もしくは使用に供する行為、準備行為
 n.法令に違反、または違反する惧れのある行為
 o.他人になりすまして本システムを利用する行為
 p.その他事務局が社会通念上、不適切と判断する行為

第7条(個人情報) 
事務局は、本システムを通じて取得するユーザーの個人情報を別途定めるプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱うものとします。

第8条(一時停止)
事務局は、以下に該当する場合、ユーザーの承諾なしに本システムの全部又は一部の提供を一時停止できるものとします。 この場合において、ユーザーに損害や不利益が発生しても、事務局はその賠償を負担しないものとします。
 a.定期的又は事務局が緊急と判断したときに行うシステム・回線の保守、更新
 b.落雷、火災、停電等の不可抗力事由などにより本システムの提供が困難なとき
 c.上記の他、不測の事態により本システムの提供が困難なとき

第9条(免責)
1.本システム及び事務局は、各種サービスの予約の成立即ちユーザーと加盟者との間の合意について、いずれの当事者の代理も行うものではなく、ユーザーに対し各種サービスの予約の成立について何ら保証を行うものではありません。
2.事務局は、ユーザーに対し、本システムにおいて提供される情報の真偽、正確性、信頼性等につき一切保証しないものとし、当該情報に起因してユーザーに発生した損害について、一切の責任を負いません。
3.事務局は、ユーザーが本規約等に違反したことによって生じた損害について、一切の責任を負いません。
4.事務局は、本システムに関して、不具合やエラー等が生じたとしても責任を負いません。
5.事務局は、天変地異、サーバーダウン、ウィルス、不可抗力、その他の事由によって、データ消去及び変更並びに本システムの停止等が生じ、ユーザーに損害が生じた場合であっても、責任を負いません。
6.ユーザーは、本システムのセキュリティ機能において、現時点での技術上取れる水準で安全かつ適切な措置を取ったとしてもなお限界があること、事務局がユーザーのプライバシーや秘密等を完全又は万全に保つことの保証ができないことを了解の上、本システムを利用するものとします。
7.事務局は、加盟者の責に帰すべき事由によりユーザーに関する情報の流出、消失等により発生した当該ユーザーの損害について、事務局の故意及び重過失による場合の他は一切責任を負いません。

第10条(規約の改訂等)
1.事務局は、ユーザーに対する事前の通知なく本規約等を改定できるものとし、本規約等改定後は、改定後の本規約等を適用するものとします。なお、ユーザーが本システムを利用した場合、改定後の本規約等に同意したものとします。
2.事務局は、その裁量によりユーザーに事前に通知することなく、本システムの全部または一部を変更・廃止することができるものとします。

2009.3.11 制定