友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

(PR)【秩父で叶う、至福の女子旅】貴重な銘酒に酔うワイナリー・酒蔵巡り&観光列車付きツアー

都心からのアクセスも良く、日帰り旅で訪れる人も多い「秩父」。豊かな自然やパワースポットなどが有名ですが、実は市内で日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、ビールの5種類のお酒が造られている、国内有数の酒どころでもあるんです。そこで今回は、お酒好き女子二人が体験した一泊二日の“酒蔵巡りツアー”をレポート♪行き帰りの電車でも贅沢な時間が楽しめるので、最初から最後までたっぷりと旅行を満喫できますよ。

Date2021/01/15

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
無敵女子
エリア
西武新宿池袋

【おでかけ時のポイント】

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう



美酒と美食に酔いしれる!大人の贅沢を詰め込んだ一泊二日秩父旅

ラビュー号


国内有数の酒どころでもある埼玉県・秩父エリア。それもあって、2019年に秩父市を含めた秩父地域1市4町で「ちちぶ乾杯共和国」の“建国”を宣言。今回はその「ちちぶ乾杯共和国」が2021年2月に実施する、秩父の美酒や美食を巡る一泊二日ツアーを実際に体験してきました。

都心から秩父へは、2019年3月にデビューしたばかりの新型車両「特急ラビュー」でGo!西武鉄道池袋線・池袋駅から最速77分で到着できます。

「特急ラビュー」の車内は贅沢なリビングのような空間。「ソファみたいな座り心地♡」と、おしゃれな黄色いシートにさっそく気分が上がる古田ちさこさん(左)と小谷津友里さん(右)。大きな窓には沿線の景色がパノラマで流れ、早くも旅行気分が高まってきました。



西武秩父駅


景色を眺めながら電車に揺られていたら・・・あっという間に西武秩父駅に到着!

美味しいお酒を飲み歩いて、夜は温泉宿でしっぽり♪自由時間も楽しんで帰りは観光列車に・・・という大人の贅沢とワガママを詰めんこんだ旅の様子をレポートします。



【ツアー1日目】世界を魅了するジャパニーズウイスキー/ベンチャーウィスキー

ベンチャーウィスキー


ツアー1日目は「酒蔵巡り」。

最初に訪れたのは、日本で唯一のウイスキー専門メーカー「ベンチャーウイスキー」の秩父蒸溜所。普段は一般非公開ですが、今回のツアー限定で見学OKに!麦の粉砕から貯蔵庫までウイスキーの製造工程を見学できます。

ウイスキーの発酵工程で、ミズナラの木桶を利用するのは世界でも同社だけ。ツアーではそんなミズナラ槽の中も覗き見OK。蒸留前の発酵中の液体は、青リンゴのように爽やかさながらも強い香りで、槽の上に顔を出すと一瞬でぶわっと香りに包まれる体験は、なかなか貴重ですよ。


ベンチャーウィスキー


同社のウイスキー「イチローズモルト」は、イギリスの専門誌に評価されたことを皮切りに、世界的な品評会で何度も賞を受賞。世界中のウイスキーファンがこぞって注目する存在です。

見学後には、入手困難な「イチローズモルト」各種だけでなく、樽に詰める前の透明な原酒なども試飲できます。「イチローズ モルト&グレーン リミテッドエディション」(写真右)をひと口飲むと目を輝かせたのは小谷津さん。「まろやかでアンズみたいな甘さが広がる~!」

この機会に世界に誇る秩父産ウイスキーの豊かな香りと味わいを確かめてみて。


ベンチャーウィスキー秩父蒸溜所
所在地:埼玉県秩父市みどりが丘49
電話番号:0494-62-4601
見学(通常時):一般非公開



【ツアー1日目】甘美な飲み心地!秩父生まれのワイン/兎田ワイナリー

兎田ワイナリー

※今回は取材のため特別にこの場所で試飲しています。

続いて訪れたのは「秩父ファーマーズファクトリー」の「兎田(ウサギダ)ワイナリー」。ワイナリーのある秩父市吉田地区は、通年で降雨量が少なく昼夜の気温差が大きいので、糖度の高い高品質なブドウが育つのだそう。

同社では年間で約30,000本のワインを生産。秩父産にこだわり、ブドウの収穫はもちろん、ラベル貼りやコルク栓も一つ一つ手作業で行われているというからビックリです。

ツアーでは、ブドウ畑や醸造所を見学。テイスティングでは、「しなやかな飲み心地で飲みやすい!」とさっそく笑顔がこぼれる二人。ブドウの品種や熟成させる樽の素材の組み合わせによって、異なる味わいや香りが体感できます。


兎田ワイナリー


ランチは、近くにあるワイナリー直営レストラン「ツーリストテーブル 釜の上 秩父うさぎだ食堂」へ。同店イチオシの「わらじかつ丼+ミニうどんのセット」(1,380円~)を注文しました。

秩父名物・わらじかつは、オリーブオイルとバルサミコ酢で味付けられたトマトが添えられ、意外とさっぱり。カツ全体にかかるタレには兎田ワイナリーの赤ワインが使われています。隣接するチーズ工房でチーズを作る際にうまれる副産物“ホエー”を活用したうどんは、あっさりだけどチーズのようなコクのある新感覚な味わいで、どちらもペロリと完食♪

どちらも兎田ワイナリーの「ワイン」(グラス 600円~)と相性バツグンなので、ぜひマリアージュも楽しんでみて。


兎田ワイナリー
所在地:埼玉県秩父市下吉田3720
電話番号:0494-26-7173(受付時間10時~17時)
見学(通常時):事前予約制



ツーリストテーブル 釜の上 秩父うさぎだ食堂
所在地:埼玉県秩父市下吉田3942
電話番号:0494-77-1123



【ツアー1日目】秩父で長く愛される銘酒の酒蔵へ/酒づくりの森

酒づくりの森


秩父のお酒を巡るなら日本酒はハズせない!ということで・・・続いては、秩父で長く愛されてきた「秩父錦」を造る「矢尾本店」の観光酒蔵「酒づくりの森」へ。

全国的に自家精米する蔵元が減っている昨今、精米からこだわる同店。埼玉県に2台しかないという精米機は現役で稼働中。施設内には270年続く同店の歴史を学べる資料館や、お土産が販売されている物産館もあります。

常時8種以上をそろえる試飲コーナーでは、「秩父錦」各種をはじめ、米焼酎や梅酒、食用米で造る日本酒なども。二人同時に声をあげたのが「にごり生酒」。「しゅわっとスッキリしてるのに、喉越しがとろんとしてる〜♡」とうっとり。お気に入りの一本が見つかったみたいです。


酒づくりの森
所在地:埼玉県秩父市別所字久保ノ入1432
電話番号:0120-800-187
見学(通常時):随時受付(10名以上は要予約。資料館は入場料200円)



【ツアー1日目】絶景、美食、温泉がそろう/ナチュラルファームシティ 農園ホテル

農園ホテル


ツアーでは、数十軒ある秩父温泉郷の中から「ナチュラルファームシティ 農園ホテル」にステイ。さっそく浴衣に着替えて「今日一日でたくさんのお酒が楽しめたね♪」と、ほっこり。

秩父市を見おろす高台の上に立つ同ホテルでは、全部屋から奥秩父連山や秩父市街の絶景が見渡せます。12月から2月の寒い日の早朝には、雲海が見られることも。ゆったりくつろげる展望風呂「温泉 四季彩乃湯」からも、夜は美しい夜景が望めます。

そして自慢は「農園ホテル」という名の通り、無農薬野菜や果物をふんだんに使った料理。ツアーではコースの夕食とバイキング形式の朝食が楽しめます。


ナチュラルファームシティ 農園ホテル
所在地:埼玉県秩父市大宮5911−1
電話番号:0494-22-2000



【ツアー2日目】創業260年の酒造で利き酒&試飲/武甲酒造

武甲酒造


ツアー2日目は、帰りの電車まで自由行動。まずは創業260年の「武甲酒造」へ。「わぁ、かっこいい!」と二人が目を奪われる佇まいの店舗は、江戸時代に建てられたもの。国の登録有形文化財にも指定されています。

ツアーでは、土蔵造りの仕込み蔵や、仕込み水にも使われる武甲山伏流水が湧く井戸などを見学。「武甲正宗」各種の利き酒をはじめ、同蔵で造る果実酒などの試飲も楽しめます。

“秩父に来ないと飲めない酒を”と丹精込めて造られる日本酒は、その言葉通りほとんどが地元で消費されてしまうため、秩父を訪れたら必ず手に入れたい一本です。


武甲酒造
所在地:埼玉県秩父市宮側町21−27
電話番号:0494-22-0046
見学(通常時):10名以上で実施。事前予約(現在は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より休止中)



【ツアー2日目】関東屈指のパワースポットを参拝/秩父神社

秩父神社


次は関東屈指のパワースポットとして注目される「秩父神社」へお参りし、旅の無事を願うことに。

現在の社殿は、江戸初期に徳川家康が寄進したもの。日光東照宮の三猿や眠り猫を掘った名工・左甚五郎による「つなぎの龍」や「子宝 子育ての虎」など、鮮やかな彫刻が本殿をぐるっと彩ります。

最後に水に浮かべると文字がじんわりと浮かびあがる「幸せおみくじ」で運試しすると、なんと二人とも大吉!今日も楽しい一日になりそうです♪


秩父神社
所在地:埼玉県秩父市番場町1−3
電話番号:0494-22-0262



【ツアー2日目】本格秩父蕎麦を味わう/そばの杜

そばの杜


参拝後は、秩父神社近く「秩父ふるさと館」内にある「そばの杜」へ。本格秩父蕎麦が味わえる同店は、ピーク時は満席のことも。比較的空いている早めの時間に訪れるのが◎。

ランチには、秩父の郷土料理をちょっとずつ楽しめる「ちちぶ御膳」(1,650円)をセレクト。少し太めの手打ち二八そばは、香りと喉越しが絶妙で人気店というのにも納得です。

セットに添えられるのは、秩父を代表する「みそポテト」や「しゃくしな漬」、ナスと生姜を味噌で漬けた「おなめ」。いずれもお酒との相性もバツグンなので、乾杯のアテとしてもオススメ。


そばの杜
所在地:埼玉県秩父市本町3-1 ふるさと館2F
電話番号:0494-26-5335



【ツアー2日目】醸造所直送の造り立てクラフトビールを楽しむ/Mahollo BAR.

Mahollo BAR.


続いて石畳の参道を進み、昼間からオープンしている秩父初のクラフトビール専門店「Mahollo BAR.(まほろバル)」へ。「秩父麦酒」のオフィシャルタップルームである同店では、常時約10種の造り立て樽生クラフトビールが楽しめます。

今回は「飲み比べセット3種」(990円)をオーダー。「飲んだことのない初めての感覚!」と古田さんが目を丸くした「紅熊X(アカグマエックス)」は、苦味は少なくフルーティーな甘さが広がり、独特な香りの余韻が続きます。

ピリッと辛味の効いた自家製の「ピクルス盛り合わせ」(300円)をおつまみに、グラスを傾ける手が止まりません。


Mahollo BAR.
所在地:埼玉県秩父市番場町17-14
電話番号:0494-26-7303



【ツアー2日目】秩父夜祭にバーチャル参加/秩父まつり会館

秩父まつり会


「Mahollo BAR.」を後にした二人が向かったのは、秩父神社からほど近い「秩父まつり会館」。こちらは毎年12月に開催される、日本三大曳山祭りの一つ“ 秩父夜祭”の様子をいつでも楽しめる展示施設です。

1階で出迎えてくれるのは、原寸大の笠鉾と屋台。高さ6~7mある大きさと、提灯や彫刻に飾られた豪華絢爛な姿に圧倒されます。秩父夜祭の興奮と迫力をバーチャルで体験できるプロジェクションマッピングは、夜祭に参加している気分になれますよ。


秩父まつり会館
所在地:埼玉県秩父市番場町2-8
電話番号:0494-23-1110
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2021年2月7日(日)まで休館予定です。最新の営業状況等は公式サイトでご確認ください。



【ツアー2日目】駅近のおしゃれカフェでひと息/WAPLUS COFFEE

WAPLUS COFFEE


駅に向かうには少し早いので、駅へ向かう途中で見つけたステキな店構えの「WAPLUS COFFEE(ワプラスコーヒー)」でひと息。西武秩父駅からは徒歩10分ほどの場所にあります。


WAPLUS COFFEE


自家焙煎コーヒーは10種以上。迷ったらまずは、口当たりよくまろやかな「ワプラスブレンド」(ショート390円)をどうぞ。レジ横のショーケースには、スコーンやケーキなどの自家製スイーツも充実。冬の定番という「生チョコケーキ」(470円)は、「濃厚なのに軽いからいくらでも食べられちゃう」と、とろける味わいです♪

店内では雑貨販売やアート展示も行っているので、カフェ利用以外でもふらりと立ち寄りたいスポットです。


WAPLUS COFFEE
所在地:埼玉県秩父市上町2-8-13
電話番号:0494-22-0230



【ツアー2日目】複合型温泉施設でお土産を購入♪/祭の湯 

祭の湯


電車の時間が近づき、駅に向かった二人が最後に立ち寄ったのは、西武秩父駅に直結の「西武秩父駅前温泉 祭の湯」。温泉・フードコート・お土産の3つのエリアからなる複合型温泉施設で、温泉以外は入場無料。今回は出発ギリギリまでお土産選びを楽しみました。

まだまだ飲み足りない、という場合は、フードコート内の「酒匠屋台」に併設された角打ち「ちょい飲みコーナー」へ。時間に余裕があるなら、温泉で身体を温めてから出発するのも良いですね。

今回、自由行動で訪れたスポットはいずれも西武秩父駅から徒歩圏内。ツアー開催日には、駅周辺のショップやスポットを巡り、謎解きゲームやスタンプラリーを楽しむ企画も実施しているので参加してみてはいかが?


西武秩父駅前温泉 祭の湯
所在地:埼玉県秩父市野坂町1-16-15
電話番号:0494-22-7111



【ツアー2日目】全席レストラン車両でほろ酔いディナー!優雅な空間で特別体験を/「52席の至福」

52席の至福


出発時間よりちょっと早めに西武秩父駅へ。ホームで待っていると、西武秩父駅と西武新宿駅間を結ぶ(※日によって異なります)全席レストラン車両「西武 旅するレストラン『52席の至福』」が到着!

今回のツアーの締めくくりには、特別運行の「52席の至福 ちちぶ乾杯共和国トレイン ALL STAR with 秩父銘仙」に乗車します。この特別運行では、秩父産のお酒のサービス(ワイン、ウイスキー、ビールからワンドリンク)や、地酒の試飲が楽しめます。


52席の至福


車内は、建築家の隈研吾氏が渓谷などの自然をモチーフにデザイン。沿線の伝統工芸品や地産木材を使う内装は、洗練されているのにどこか温かい雰囲気です。

特急でビューンとあっという間に到着した行きとは対照的に、「52席の至福」では優雅な空間で食事を楽しみながら、のんびり約2時間半かけて帰路につきます。


52席の至福


特別運行では、食事もスペシャルな内容に。出発と同時に運ばれるシャンパンとアミューズの後は、「わらじかつ」や「秩父やまなみチーズ工房のチーズ」、「秩父産イチゴ」など秩父のご当地グルメや食材をふんだんに使った「特製秩父おつまみ重」を用意。

「これはお酒が進む~♡ 」

旅の思い出を振り返りながら、美酒と美食に心ゆくまで酔いしれる二人。最後のデザートまで優雅なディナータイムを堪能し尽くしました!(※料理内容は異なる場合がございます)


「52席の至福 ちちぶ乾杯共和国トレイン ALL STAR with 秩父銘仙」
日程:2021年2月23日(火・祝)
運行時刻:西武秩父 17時42分発→西武新宿 20時02分着
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、運行の中止・内容の一部変更が生じる可能性がございます。



まとめ

一泊二日で巡った秩父旅、いかがでしたか?「秩父が大好きになりました♡ 」参加した二人も、今まで知らなかった秩父の魅力を知ることができて大満足な様子♪

ちょっぴり贅沢で非日常感もたっぷりな“大人のゆったり旅”。秩父で実現してみてはいかがでしょう。今回のツアーは2021年2月22日(月)~23日(火・祝)に実施予定なので、早めにチェックしてみてくださいね。



秩父酒蔵巡りと観光列車「52席の至福」乗車の旅
企画協力:ちちぶ乾杯共和国
日程:2021年2月22日(月)~23日(火・祝)
料金:4名1室利用59,800円、3名1室利用71,800円、2名1室利用93,800円 ※基本客室ご利用時の一名分の旅行代金となります。
※「52席の至福」は、2021年3月12日(金)~13日(土)にもツアーの設定がございます。(特別運行ではなく通常運行の内容になります。また金額も少々異なります)

>>>>「秩父酒蔵巡りと観光列車『52席の至福』乗車の旅」の予約はこちらから!(外部サイト)



秩父温泉郷ロゴ


モデルさん

今回体験してくれたのは、
小谷津友里さん(左)

「お酒の生産者の方のお話を伺い作る過程を見て、愛情が伝わってきました。お酒もグルメもすごく美味しかったし、都内から少し足を伸ばすとこんなに自然豊かな場所に行けるなんて最高!心の底から楽しんだ2日間でした♪」


古田ちさこさん(右)

「秩父で生まれたお酒やグルメ、どれも美味しくて人もやさしく景色も美しい。知れば知るほど秩父を大好きになりました。季節ごとに訪れたいです。その際は都心からあっという間に着く特急ラビューも、ゆっくりお食事と景色を楽しめる52席の至福もどちらもまた利用したいです!」



写真・文/君島 有紀
情報提供/(一社)秩父地域おもてなし観光公社


※2021年1月15日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※撮影カット以外ではマスク着用を徹底するなど、当日は取材先とスタッフの安全に配慮して取材・撮影を行いました。
※本ツアーは、観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施されています。
※本ツアーは感染症対策実施マニュアルに則り、運営されています。また社会環境の変化に応じて、実施内容が変更になる場合もございます。詳細は主催元にご確認ください。
※本記事中の金額表示はすべて税込です。



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える