食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

もっちりベーグル8種が食べ放題!メイン料理やフリードリンクも付いた神ランチが自由が丘にあるよ~!

2019年4月にオープンした「JUNO 自由が丘本店」は、ランチタイムにベーグルの食べ放題ができることで人気のお店。時間は90分、メイン料理やフリードリンクも楽しめるという超充実の内容です。今回はそんな魅力いっぱいのランチを徹底レポートします♪

Date2019/08/06

おしゃれな街、自由が丘でベーグル食べ放題ランチを堪能!/JUNO 自由が丘本店

JUNO 自由が丘本店


こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは、「JUNO 自由が丘本店」。1998年に自由が丘で誕生したベーグル専門ファクトリー「ジュノエスクベーグル」が、ブランド名を「JUNO」へと刷新し、バリエーション豊かなベーグルを楽しめるカフェとしてリニューアルオープンしたお店です。


JUNO 自由が丘本店


お店は自由が丘駅から徒歩5分ほど。線路沿いに建つビルの1階にあります。


JUNO 自由が丘本店


真っ白なイスが並ぶおしゃれな店内には、テーブル席をメインに全60席が用意されています。広々としているので隣の席を気にせず、友達同士で気兼ねなくおしゃべりを楽しめますよ♪


JUNO 自由が丘本店


入り口近くには、同店自慢の色とりどりのベーグルがズラリ!JUNOのベーグルは、北海道産の小麦と生イースト、塩、きび砂糖のみで作るこだわりの一品。粉の状態から焼き上げまでを職人が一貫して手がける“オールスクラッチ製法”を取り入れているのも特徴です。どのベーグルも小麦の甘味や風味がしっかりと感じられ、モッチリとした食感が楽しめます。


JUNO 自由が丘本店


そんなこだわりのベーグルを食べ放題で楽しめるのが、今回のお目当てである「ベーグルランチ」(90分制、1,620円)。おかわり自由のベーグルにディップ2種類、メイン、副菜、スープ、フリードリンクがセットになった、なんとも豪華な内容です。

提供時間も11~15時と長く、お昼時をちょっと外れた日でも大丈夫です♪



ほうれん草にチョコレートetc.常時約8種類のベーグルがおかわり自由!

JUNO 自由が丘本店


食べ放題のベーグルは常時8種類がラインナップされます。定番に加え、月替わりのマンスリーベーグルも楽しめます。


JUNO 自由が丘本店


こちらはベーグルに合わせるディップ。6種類から好きなものを2種類選ぶことができます。

ハーブの爽やかな風味が特徴の「チミチュリソース」や、白味噌とマヨネーズを合わせた「白味噌マヨネーズ」など、他ではあまり見かけない珍しいディップも用意されています。どれを選んだらよいか迷った時は、スタッフさんに聞いてみるのがオススメですよ。


JUNO 自由が丘本店


メインと副菜も数種類からセレクトできるようになっています。今回はメインを「バルサミコチキングリル」(※7月限定メニュー)、副菜を「キャロットラペ」に。

そして1個目のベーグルは「チーズペッパーベーグル」、ディップは「クリームチーズ」と「ブルーベリークリームチーズ」をチョイスしてみました。


JUNO 自由が丘本店


メインの「バルサミコチキングリル」は、噛み締める度に溢れ出すチキンのうま味がたまりません♪酸味の効いたバルサミコソースとも相性バツグンです。


JUNO 自由が丘本店


「チーズペッパーベーグル」は、チーズの芳醇な香りとほんのりとした塩気が絶妙なバランス。ブラックペッパーのピリッとした辛さも良いアクセントになっています。


JUNO 自由が丘本店


そのままでも十分美味しいのですが、せっかくなら「ブルーベリークリームチーズ」をたっぷりと付けて。チーズの濃厚なコクとブルーベリークリームチーズの爽やかな酸味が絡み合い、また違った美味しさを楽しめますよ。


JUNO 自由が丘本店


ベーグル1個では、まだまだお腹が満たされません!追加でオーダーしたのは「ほうれん草ベーグル」(右)と「トマトカレーベーグル」(左)。それぞれグリーンとオレンジのカラフルなビジュアルが印象的です。


JUNO 自由が丘本店


「ほうれん草ベーグル」はまろやかな味わいが印象的で、苦味やクセがなく、野菜が苦手な人にもオススメ。一方の「トマトカレーベーグル」は、カレー風味にほんのり酸味のあるトマトが夏にピッタリ!

どちらにもクリームチーズが相性バツグンなので、ぜひたっぷりと付けて食べてみて。クリームチーズの爽やかな酸味が、それぞれのベーグルの美味しさを、より引き立ててくれますよ。


JUNO 自由が丘本店


最後はデザート代わりに「ダブルチョコベーグル」(上)、「ハニービーツベーグル」(中央)、「ブルーベリーベーグル」(下)の3種類をオーダー。


JUNO 自由が丘本店


中でも感動したのが、一番手前の「ダブルチョコベーグル」。チョコレートの香りや甘さをしっかりと感じられ、スイーツ好きにはたまらないはず!


JUNO 自由が丘本店


そして、ベーグルと同じくおかわり自由のドリンクも、コーヒーや紅茶をはじめ10種類以上と充実のラインナップ!

塩気のあるベーグルにはさっぱりとしたオレンジジュース、甘いベーグルには苦味のきいたコーヒーというように、ベーグルに合わせてドリンクを変えるのも美味しく食べ続けるコツですよ♪


まとめ

JUNO 自由が丘本店


「JUNO 自由が丘本店」はいかがでしたか?これだけたくさんの種類のベーグルを一度に食べられるのは、食べ放題の醍醐味ですよね。ベーグルとディップを組み合わせるのも楽しく、何度でも足を運んでしまいそうです。全種類食べたい!なんて欲張りモードで、友達とシェアしながら、たくさんの味を楽しんでくださいね。


JUNO 自由が丘本店
住所:東京都世田谷区奥沢7-2-9
電話番号:03-5758-2557
営業時間:ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)/カフェタイム15:00~19:00(L.O.18:45)
定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
最寄駅:自由が丘




はなとも

◆取材・執筆/はなとも

スイーツコンシェルジュ・スイーツライター。
スイーツをこよなく愛するスイーツ男子。食べ歩きが趣味で、1日に5~6軒を食べ歩ける鉄の胃袋を持ち、何時間でも並べる気力と根性が最大の武器!


[Twitter] https://twitter.com/hanatomo84
[Instagram] https://www.instagram.com/HANATOMO84/



※2019年8月6日時点の情報です。メニューや価格等は現在と異なる場合がありますので、事前にご連絡ください。
※価格はすべて税込みです。

あわせて読みたい記事

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える