食・グルメのスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「やっぱりセンスいい」と思われる池袋土産5選!クッキー缶やお花スイーツetc.

仕事にプライベートに、さまざまな場面で重宝する手土産。気遣いやセンスが問われるだけに、毎回アイテム選びには悩みますよね。今回は、暑い季節でも持ち運びやすい焼き菓子にフォーカスして、池袋の5軒をご紹介します。デパ地下、老舗、新顔とバラエティに富んだラインナップなので、相手の好みに合わせて選べますよ。

Date2019/07/08

エリア
池袋

バターたっぷりのフランス菓子/ビスキュイテリエ ブルトンヌ 池袋東武店

ビスキュイテリエ ブルトンヌ 池袋東武店


幅広い世代に喜んでもらいたいなら、焼き菓子専門店「BISCUITERIE BRETONNE(ビスキュイテリエ ブルトンヌ)」がオススメ。

発酵バターとラム酒が香るザクザク食感の厚焼きクッキー「ガレット・ブルトンヌ」をはじめ、マドレーヌやカヌレなどオーソドックスなフランス菓子がそろっています。


ビスキュイテリエ ブルトンヌ 池袋東武店


焦がしバターの深いコクと皮付きのアーモンドプードルの香ばしさを閉じ込めて焼き上げた「フィナンシェ」(5個入り・1,080円)は、ほのかに効かせたゲランドの塩が絶妙と評判です。

豊かなバターの香りとやさしい口当たりは、年代を問わず喜ばれそう♪


ビスキュイテリエ ブルトンヌ 池袋東武店


きちんと感を出したい場合は、6種類を詰め合せた「ブルターニュ クッキーアソルティ〈缶〉」(23個入・2,484円)がいいでしょう。

上品なミントグリーンのパッケージも素敵♡全国に3店舗しかないので、人とかぶりにくいのもポイントです。


BISCUITERIE BRETONNE

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店 池袋店 B1F9番地
電話番号:03-6812-1090
営業時間:月~土10:00~21:00、日祝10:00~20:00
定休日:東武百貨店池袋店の休日に準ずる





直前に買いたい焼き立てアップルパイ/RINGO 池袋店

RINGO池袋店


すぐに食べてもらえる場合は、作り立てを持参するのも粋な心遣い。札幌の老舗洋菓子店「きのとや」がルーツの焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO 池袋店」では、焼き立てのアップルパイを買うことができます。

同店の商品は基本的に「焼きたてカスタードアップルパイ」(1個399円)のみ。バターの味がしっかりしみた144層の自家製パイ生地はドーム型で、サクサク感を大いに楽しめます。

中には2cm角にカットされたリンゴがたっぷり♪ 甘みの強い青森県産の「葉とらずリンゴ」などを使っています。


RINGO池袋店


濃厚なカスタードクリームは、なめらかな口当たりと上品な甘みが評判です。

一度焼いた後にカスタードクリームを入れて再度焼くことで、冷めても美味しい仕上がりになるのだそう。4個以上買うとかわいいボックスに入れてもらえますよ。


RINGO 池袋店

住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅1F
電話番号:03-5911-7825
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし





花をモチーフにした上品スイーツ/TOKYOチューリップローズ

TOKYOチューリップローズ


大人の女性への手土産であれば、2019年3月にオープンした「TOKYOチューリップローズ」へGo!パリで腕を磨いた若きパティシエが、花をモチーフにした上品なスイーツを手掛けています。

看板商品は、チューリップをかたどったラングドシャクッキーの中にホイップショコラを薔薇のように絞った「チューリップローズ」(4個入・756円)。ベリー、パッションマンゴー、キャラメルナッツの3種のフレーバーがあります。


TOKYOチューリップローズ


フルーティーなチョコレートタルト「ショコラロージー」(5個入・1,188円)も大人気。オレンジとベルガモットが香る、薔薇型のホイップショコラがかわいらしさ満点です♡


TOKYOチューリップローズ


両方贈りたい場合は、チューリップローズとショコラロージーがセットになった「チューリップローズコレクション」(10個入・2,160円)をどうそ。上品さと可憐さを兼ね備えた箱やショッパーも喜ばれそうです。


TOKYOチューリップローズ

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店B1 西武食品館〈スイーツ&ギフト〉北ゾーンB通り3番地
電話番号:0120-229-333
営業時間:平日・土10:00~21:00 日10:00~20:00
定休日:西武池袋本店の休日に準ずる





変わらない味と老舗の風格が魅力のロングセラー/タカセ 池袋本店

タカセ 池袋本店


懐かしい味を探したいときは、大正9年創業の「タカセ 池袋本店」へ。都内に5店舗を展開するパンと洋菓子の店で、昔ながらの製法で作り続けているロングセラー商品が数多くあります。

同店の人気No.1の焼き菓子は「アーモンドチュイル」(1,200円)。バター、はちみつ、生クリームと一緒に煮詰めたスライスアーモンドをビスケットにのせ、チョコレートでコーティングしたオリジナル商品です。アーモンドの香ばしさと程よい甘さが後を引く美味しさ♡


タカセ 池袋本店


スイスのエンガディン地方発祥の「エンガディナー」(1,200円)も、同店の定番品の一つ。ザクザクしたクッキー生地でクルミとキャラメルを挟んだもので、甘さと苦みのハーモニーが秀逸です。

包装紙には東郷青児のイラストがあしらわれ、古き良き昭和時代の雰囲気がたっぷり。老舗の風格が感じられます。年配の方はもちろん、レトロテイストが好きな人にも喜ばれるでしょう。


タカセ 池袋本店

住所:東京都豊島区東池袋1-1-4
電話番号:03-3971-0211
営業時間:8:00~22:00(1階パン・洋菓子コーナー)
定休日:なし





おしゃれなパッケージで乙女心をキャッチ/Tartine

バターバトラー


かわいらしさを重視するなら、ポップでキュートなパッケージで人気沸騰中の「Tartine(タルティン)」で決まり。2018年11月に初の常設店がオープンした、注目のブランドです。店名は、タルトとツイン(双子)を掛け合わせてつけたのだそう。

タルティン家の庭に咲く花をモチーフにした「マルチェナ」(8個入 1,210円)は、花びらはパイ生地で、真ん中はホワイトチョコレート。軽い口当たりのパイ生地に、ザラメとミルクチョコレートの甘みがよく合います。


バターバトラー


「ストロベリーアーモンドタルト」(9個入 1,458円)は、ラムカスタードチョコクリームの上に飴がけアーモンドと板チョコがトッピングされたプチサイズのタルト。クリームの下には苺ソースが入っています。

一つひとつにストーリーを持たせ、双子のタルティン姉妹が暮らす世界を表現するスイーツは、女子を虜にするかわいらしさと楽しさがいっぱいです♪
※時期により商品が異なります。


Tartine

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F6番地
電話番号:03ー5992ー8180
営業時間:10:00~20:00
定休日:東武百貨店池袋店に準ずる





取材・文/佐々木 志野
※2019年7月8日時点の情報です。価格や内容など、情報は変更になる場合があります。
※価格はすべて税込です。


あわせて読みたい記事

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える