食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「仕事行きたくない…」憂鬱な連休明けを乗り切るコツ6つ

長かった連休も終わり、「働きたくない!!」と憂鬱な気分になっている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は連休明けの日々を楽しく乗り切るコツを上岡史奈さんに聞きました。

Date2021/05/06

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
カテゴリ
カフェ ランチ
エリア
田原町新橋

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう



自分をアゲて休み明けを楽しく乗り越える6つのコツをご紹介

sunset


連休明けは、現実の世界に引き戻されテンションが下がり気味になりますよね・・・。でも、そうも言ってられないオトナの皆さんへ、自分をアゲる6つのコツをご紹介していきます。休み明けを楽しく乗り越えたい人はぜひ参考にしてみてくださいね!


1.「連休中のよかったこと」を書き出してみる

連休明けの気持ちが憂鬱になる理由の一つは「仕事が面白くない」など、日常がつまらなく感じてしまっているから。そこで試してほしいのが、「連休中のよかったこと」を紙に書き出してみることです。大事なのは「できたこと」に焦点を当てて書いていくこと。

「部屋の片付けができた」「普段の睡眠不足が解消するくらい、たくさん寝られた」など、小さなことでも「自分の行動を肯定する」と、「明日からも良いことが起きそう」と前向きに捉えられるようになりますよ。


2.1カ所だけ徹底的に綺麗にしてみる

いろいろ面倒なことをまとめてやる予定だったのに、ダラダラ過ごしてしまって計画通りに行かなかった・・・。なんてこともあるはず。こんな状態だと「私ってダメだなぁ」という気持ちが強まり、明日からの毎日に希望が持ちにくくなります。そんなときは、目に付く場所を整えるのもオススメ。

大掃除をする必要はありません。机の上や洗面所、お風呂場など1カ所だけ徹底的に綺麗にしてみましょう。部屋だけではなく、ネイルのお手入れやかかとのザラザラなど、「目に付くもの」なら何でもOK!小さなことでも「ここはすごく綺麗になった!」と思えると、目に入るたびに達成感を感じられるので、自信につながりますよ。


3.SNSを閉じてみる

SNSにはみんなの「充実した連休の思い出」であふれています。見ていると「いいなぁ、私もそんな風に過ごしたかった」と、どうしても自分と比較してモヤモヤ・・・。

そんなときはスマホを閉じて、リラックスする時間を持ってみましょう。「ネットと向き合うより、自分と向き合う時間」を作ってみるのもいいですね。「新しい自分」をイメージして、今年の残りの期間でやりたいことをリストアップするのもオススメです。


4.姿勢と呼吸を意識する

鏡で今の自分の顔を、背筋を伸ばして見てみてください。気持ちが憂鬱なときって、前かがみで下を向いて呼吸も浅くなりがち。そこで、ラジオ体操のように思いっきり腕を伸ばして深呼吸をし、胸を張ってみましょう。いわゆる「偉そうな人」を思い浮かべて、ふんぞり返ってみてください。

人間、不思議なもので胸を張って視線を上向きにしながらネガティブなことを考えるのって難しいのです。「嫌だな」と思うことがあったら、それを吐き出すように深く呼吸し、姿勢を切り替えるだけで気分も切り替わりやすくなりますよ。ついでに口角も上げてみると、より気持ちが上向きに。


5.早起きしてみる

連休明けの前日、「明日から働きたくないなあ」とダラダラ夜更かししてしまうと、その憂鬱な気分のまま仕事を始めることに。少し早めに寝て体をしっかり休め、早起きしてみるのもオススメ。

ウォーキングやヨガなど軽い運動をしてから仕事を始める、ゆっくり朝食を楽しむなど、時間と行動を変えてみると気分も変わります。「早起きして活動している今日の私、良い感じ!」と、きっとポジティブな気持ちで初日を迎えられますよ。


6.美味しいものを食べる

手っ取り早く元気を出すには、人の手で丁寧に作られた美味しいものを食べるのも効果的です。体が喜ぶような優しい手料理を作るも良し、前から気になっていたお店のテイクアウトをするのも良し。「今日は仕事が終わったらあれ食べよう」と自分にご褒美を決めておけば、連休明けの仕事も気持ちが軽くなるのではないでしょうか。

そこで今回は、気分がアガるオススメの2店舗をご紹介します。


【浅草】美味しいコーヒーとパンを楽しむモーニング/FEBRUARY CAFE

TFEBRUARY CAFE


浅草駅と田原町駅からそれぞれ徒歩約5分、静かな路地裏に佇む「FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)」。

こちらのカフェで大人気なのが、「朝パンセット」。なんと、同店自慢のコーヒーなどとともに、田原町で連日行列の老舗ベーカリー「パンのペリカン」の食パンを使ったトースト(バター/チーズ)が楽しめるんです♪


FEBRUARY CAFE
所在地:東京都台東区駒形1-9-8 川尻ビル1F
電話番号:03-6802-7171
最寄駅:田原町/浅草/蔵前
※最新の営業状況は公式サイト等でご確認ください。



>>> ●オリジナル記事で続きを読む



【新橋】マニアおすすめ!「こぶたスコーン」が超キュートなお店/ニットカフェ森のこぶた

ニットカフェ森のこぶた


「ニットカフェ 森のこぶた」があるのは、“サラリーマンの街”として知られる新橋。駅から10分ほど歩くと見えてくる、赤いテントが目印です。

手作りのものであふれている同店では、カフェメニューもほとんどが自家製です。国産の小麦粉を使い、毎朝厨房で粉から手作りする自慢のスコーンは、なんと、こぶた型!

一つ一つ手作業で作るので、こぶた型のスコーンは数量限定ですが、スタッフさんが愛情込めて作っています。


ニットカフェ 森のこぶた
所在地:東京都港区西新橋2-2-2 澤ビル1F
電話番号:03-6699-1838
最寄駅:新橋/虎ノ門
※最新の営業状況は公式サイト等でご確認ください。



>>> ●オリジナル記事で続きを読む



上岡史奈さん

◆取材・執筆/上岡史奈

探偵歴11年の元・女探偵&探偵バー店長。
バー、デート向きのお店、ワインの美味しいお店の開拓が趣味でソムリエ資格も所持しているほどのお酒と食べ歩き好き。複数の女性向けメディアで恋愛コラムを中心に執筆中。

Twitter:@erumoamere

公式ブログ:http://ameblo.jp/erumoamere/




※2019年5月6日現在の情報です。情報、内容等は変更になる場合があります。
※2021年4月26日情報更新。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合がございます。最新情報は直接お問い合わせください。




あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える