食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

モチふわ~!ポーランドのドーナツ「ポンチキ」を知ってる?噂の専門店で至福のおやつタイム♪

「ポンチキ」とはポーランドの伝統的なペイストリーで、ドーナツのような揚げ菓子のこと。日本ではなかなかお目にかかれませんが、2018年6月に調布に専門店がオープンしました。ピンクを基調にした店内でポンチキを味わう、幸せタイムをお届けします♪

Date2019/04/03

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
エリア
柴崎

ポーランドのソウルフード「ポンチキ」を楽しめる/ポンチキヤ

ポンチキヤ 外観


ポーランドの伝統的な揚げ菓子「ポンチキ」をご存知ですか?

16世紀に誕生しドーナツの原型となったといわれるポンチキは、ポーランド人にとっては“おばあちゃんの味”であり、朝ごはんやおやつなどとして食べる馴染み深い食べ物。

ポンチキヤ 入口


そんなポンチキが食べられるポンチキ専門店が、2018年6月、調布にオープンしました。それが今回ご紹介する「ポンチキヤ」。




手作り感のあるかわいいフォトジェニックな店内

ポンチキヤ 店内


中に入るとパッと目を引く、カラフルなポーランドの町並みを彷彿とさせる、ピンク色の壁。

ポンチキヤ 店内


外国風の装飾で彩られた店内は、まるで海外のよう!

ポンチキヤ 店内


壁には、“日本とポーランドのいいところ、悪いところ”について、さまざまな国籍の人が書いた紙が貼ってあります。

ポンチキヤ 店内


「ポーランドのおばあちゃんちをイメージした」というお店のほっこりするかわいさは、SNS映えもバッチリ!ぜひ友達と一緒に写真に収めて。

ポンチキヤ お客さん


ポーランド人のお客さんも多く、1日1組は必ず来客するそうですよ。一緒に居ると、本当に海外に来たかのような気分に♪




驚きのふわふわ食感!素朴な甘さのポンチキに舌鼓

ポンチキヤ ショーケース


オーナーの坂元さんは、学生時代から何度かポーランドに渡り、何百個ものポンチキを食べ歩いてきたのだそう。

「ポンチキと一口に言っても作り手によって全然違って、油っぽいずっしりしたものもあれば、ハード系パンのようにむっちりしたものも。私が目指しているのは、もっちりふわふわした食感の程よい軽さのポンチキです」と坂元さん。

そんなご自慢のポンチキを、早速いただいてみましょう。

ポンチキヤ 「薔薇のポンチキ」(320円)、「濃チョコレートのポンチキ」(260円)、「カヴァ・ムロジョナ」(550円)


オーダーしたのは、「薔薇のポンチキ」(320円)と「濃チョコレートのポンチキ」(260円)、「カヴァ・ムロジョナ」(550円)というポーランドではお馴染みのドリンク。

ポンチキヤ 「薔薇のポンチキ」


薔薇のジャムが入った「薔薇のポンチキ」からいただきます。「ポンチキといえば薔薇」というほど、現地では定番なのだそう。

ポンチキヤ 「薔薇のポンチキ」


豊かな香りの甘酸っぱいジャムが、素朴な甘みのある生地に絶妙にマッチ。無農薬のダマスクローズの花びらを使い、香料などは一切使わずに手作りしているそう。糖度が40%以下と低く、保存期間が短い分、フレッシュな香りと味わいが楽しめます。

ポンチキヤ 「濃チョコレートのポンチキ」


続いて、日本人向けに開発したというチョコレート味の「濃チョコレートのポンチキ」。

ポンチキヤ 「濃チョコレートのポンチキ」


カカオ55%と70%の、添加物の少ない2種類のチョコレートをブレンド。かなり甘さ控えめな、大人味のフレーバーです。友達と違う味を選んで、シェアするのもいいですね。

ポンチキ


どちらも、生地のふわふわ具合もさることながら、さっぱりした後味にも驚きます。

「油を浸み込みにくくするために、アルコールを生地に混ぜ込んでいます。あとは生地を1グラムの誤差もなく分割して、揚げる前と後に重さを量ります。揚げた後、他に比べて明らかに重いものは油が入り過ぎているということなので、提供しません」と坂元さん。

そのこだわり具合には、ポーランド食へのリスペクトと、お客様へのホスピタリティを感じます。

ポンチキ


ポンチキはテイクアウトもOK。お家で食べるときは、500~600Wの電子レンジで10秒ほど温めるのがオススメとのこと。また無くなり次第終了なので、確実に購入したい場合は、Webショップなどから予約しておきましょう。

ポンチキヤ 「カヴァ・ムロジョナ」


ポンチキを味わったら、ドリンクも♪

コーヒーにアイスクリームを入れて、その上にドサッと生クリームを盛る「カヴァ・ムロジョナ」は、コクがありながらも甘さ控えめ。これからの季節にピッタリの、涼しげなドリンクです。

その他、スープなどポーランド料理も用意。「添加物や香料が好きではない」という坂元さんが作るポーランド料理は、全て無添加でナチュラル。海外を感じる本格的な味わいながら、体に優しい食材が使われているのはとてもうれしいですよね。

ポンチキヤ チラシ


またWebショップでは、食べ物の他にポーランド製の陶器の販売も行っています。ポーランドに興味を持ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

ポンチキヤ 陶器


今後は店舗でも陶器を取り扱う予定とのことなので、足を運んだ際には要チェックですよ!




ポーランドの魅力に触れられる空間

ポンチキヤ 店内


本格派のポンチキを味わいに、友達とお店に足を運んでみては?美味しい料理はもちろん、ポーランド愛あふれるオーナーさんや、異文化の入り混じる雰囲気、フォトジェニックなピンク色の空間が楽しめる、すてきな時間が待っていますよ♪



ポンチキヤ
住所:東京都調布市菊野台1-27-20
電話番号:なし(連絡はWebショップかFacebookのメッセージから)
営業時間:11:30~20:00(閉店時間は、事前の予約で延長も可能)
定休日:水、木曜
最寄り駅:柴崎



取材・文/大下杏子

※2019年4月3日現在の情報です。価格やメニューなど、内容は変更になる場合があります。
※料金はすべて税込です。



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える