食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

群馬発「大とろ牛乳」が都内で食べられるのはここだけって知ってた?

新食感スイーツとして今注目を浴びている「大とろ牛乳」をご存知ですか? 群馬県みなかみ町にある「大とろ牛乳」というお店で販売されているスイーツなのですが、それを買うために群馬県に足を運ぶお客さんが後を絶たないとSNSでも話題。実はこの「大とろ牛乳」を提供しているお店が都内に一店舗だけあると聞き、お邪魔してきました♪

Date2019/02/16

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
エリア
早稲田

フランスで修業したパティシエが営む洋菓子店/D-style TOKYO(ディースタイルトキヨ)

D-style TOKYO外観


今回やってきたのは、東京メトロ・早稲田駅から徒歩3分のパティスリー「D-style TOKYO」。フランスの名店で修業を積んだオーナーが営む、この地で10年以上愛されている洋菓子店です。


D-style TOKYO大とろ牛乳


ここで味わえるのが、群馬県みなかみ町で話題の「大とろ牛乳」。「こんなの食べたことない!」と口コミで評判になり、群馬のお店では1日に1,200個売れることもあるほどの人気なのだとか。

そんな「大とろ牛乳」は、牛乳とコラーゲンを独自の技術で凍らせた新感覚のスイーツ。群馬県の東毛酪農の低温殺菌牛乳を使用していて、牛乳特有のくさみもなく、後味がさらっとしています。シャリシャリとした食感なのに、ふわっとした口あたりで、なんだかクセになる味わいなんです。


初めての体験!“シャリシャリ&ふわっ”な口あたりが魅力「大とろ牛乳」

D-style TOKYO 大とろ牛乳


同店では1日限定20食の「大とろ牛乳」と、それに合わせるトッピングを常時数種類用意しています。群馬で人気の味を東京に居ながらにして食べられるうえ、トッピングまで付けられるなんて、なんだか贅沢!!

今回は特別に、トッピングの“人気ベスト3”を教えてもらいました♪


D-style TOKYO 大とろ牛乳「罪なチョコクッキー」


まず第3位は、「罪なチョコクッキー」(750円)。サクサクのチョコレートクッキーと、「大とろ牛乳」のミルクの甘み、シャリシャリした食感のコントラストが楽しい一品♪

と、ここで発見しました!「大とろ牛乳」を食べ進めていると、スプーンとストローを使うのとでは、舌触りがまったく異なるんです。

なんで!?不思議!!実際にスプーン派とストロー派で好みが分かれるそう。一緒に訪れた友達と「どっちが好み?」なんていう話題で盛り上がりそうですね♪


D-style TOKYO 大とろ牛乳「キウイ」


トッピングの人気ランキング第2位は、「キウイ」(750円)です!みずみずしいフルーツは女性からの支持が厚いそう。トッピングのフルーツはすべて国産で、保存料などの添加物も一切不使用。安心安全なのは体にうれしいですね♪


D-style TOKYO 大とろ牛乳「ゴロゴロいちご」


そして一番多くの支持を集めた、人気ランキング第1位は、「ゴロゴロいちご」(800円)!その名の通り、国産いちごがどっさりゴロゴロ。

「大とろ牛乳」はテイクアウトもできるので、友達と写真を撮りあい、街歩きしながら味わうのもいいですね。ただし時間が経つと溶けてしまうので、おうちへ持ち帰るのは難しそう。買ったらすぐに食べましょう♪


D-style TOKYO 大とろ牛乳「ゴロゴロいちご」


シャリシャリ&ふわっとした食感がクセになる~!珍しくって美味しいスイーツに、ガールズトークもいつも以上に花が咲きます♪


甘さひかえめ、香りや風味を重視したフランス菓子も

D-style TOKYO 店頭


「大とろ牛乳」だけではありません。同店はパティスリーなので、店頭にズラリと並ぶケーキも魅力的です。「実は甘いものは苦手でね…」とひかえめに話すオーナーさんが作るスイーツは、香りや風味を重視し、どれも優しい甘さに仕上げているとのこと。


D-style TOKYO 「カクボウ」


こちらは、お店の近隣にある早稲田大学の角帽をオマージュして作られた「カクボウ」(430円)。早稲田大学OBのお客さんからのオーダーがきっかけで生まれた商品なんだとか。


D-style TOKYO 「カクボウ」


せっかくなので、「カクボウ」もいただいてみます♪

「カクボウ」は、チョコレートに生クリームを加えたガナッシュをベースに、四角いチョコレートをのせています。ガナッシュは蒸し焼きにしているので、くちどけがなめらか。濃厚なカカオの香りが堪能できます。


D-style TOKYO 「阿波黒蜜プリン」


こちらは「阿波黒蜜プリン」(330円)。卵のコクを感じるプリンは、きめが細かくトロトロ。まずはぜひプリンだけで味わってみて♪次に、黒蜜を上からトロリ。


D-style TOKYO 「阿波黒蜜プリン」


黒蜜には、和三盆の精製過程にできる希少な糖蜜が使われているとのこと。この深い味わいの黒蜜を活かしたいと考えて生まれたのが、こちらのプリンなのだそう。黒蜜の風味と甘みが、クリーミーなプリンとベストマッチ♪


D-style TOKYO 「焼き菓子」


店頭では焼き菓子も販売されていて、可愛らしいクマさんも。手土産にはもちろん、自宅でお茶をするとき用に買っておくのもいいですね。

まとめ

群馬県まで足をのばさないと味わえないと思っていた「大とろ牛乳」はいかがでしたか?今後もイベント出店をのぞけば、都内では同店でしか販売しない予定とのこと。また、「大とろ牛乳」以外のスイーツも、魅力的!都内でここだけの特別な味を求めて、ぜひ友達と一緒に訪れてみてくださいね!至福の時間を過ごせることうけあいですよ!


D-style TOKYO
住所:東京都新宿区戸塚町1丁目102番地MYビル
電話番号:03-5858-6610
営業時間:12:00~20:30(イートインスペースは19:30まで)
定休日:水曜、日曜
最寄り駅:早稲田



岡田彩花

岡田彩花さん

1993年生まれ。成蹊大学ミスコン2014グランプリ、Miss of Miss2015アナトレ賞。TVや雑誌、ラジオなど幅広く活躍中。レギュラー番組に、文化放送「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」レポーター、NACK5「GOGOMONZ」DREAM CARAVANレポーターなどがある。

岡田彩花さんの近況はこちらもチェック♪
⇒岡田彩花さんのツイッター


取材・文/CafeSnapなかくきくみこ
※2019年2月16日時点の情報です。内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込みです。



こちらの特集もチェック!

>>>おしゃれでリーズナブル!満足度◎の女子会に使えるおすすめのお店


あわせて読みたい記事

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える