エンタメ・体験・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

(PR)冷え対策で美脚もかなう!?「エスポートミズノ」でカリスマパーツモデルが温活エクササイズと日常ケアを伝授

いよいよ冬本番!寒い季節の女性の悩みと言えば“体の冷え”ですよね。今回は神保町にあるミズノのフラッグシップショップ「エスポート ミズノ」で行われた、体を温め、美も手に入る「温活イベント」に潜入。パーツモデル・金子エミさんを講師に迎え、温活にもなる美脚エクササイズや、体を温めてオシャレできるミズノの注目素材「ブレスサーモ」の紹介が行われたこちらのイベント。今すぐ取り入れられる充実の内容をレポート!

Date2018/12/20

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
無敵女子

スポーツショップで温活できる⁉さっそくイベントに参加

エスポートミズノ イベントに参加する土屋香織さん


神田小川町にある「エスポートミズノ」は、あらゆるスポーツ用品やウェアがそろうフラッグシップショップ。またショッピングだけでなく、ランニングやヨガなど、季節に合わせ様々な参加型イベントも開催されています。

今回のイベント「温活×ミズノ 内面からキレイを磨く 冬の代謝アップ講座」に参加するため、初めてエスポートミズノを訪れた土屋香織さん。会場に入るとまず、ミズノが独自に開発した吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使った、お部屋でくつろぐ用の靴下がプレゼントされました!

発熱機能や保温・消臭効果だけでなく、ゆる~い着圧感で履き心地のよさにもこだわった「ブレスサーモゆるぬくゴム無し靴下」。足がむくんで靴下の跡が気になる女性にうれしいアイテムです。ネイビーなどの定番色から、クリームボーダーのようなキレイ色まで、カラバリも豊富なので、くつろぎタイムの足元をおしゃれに彩ってくれます。

冷え性が悩みという土屋さん。夕方には足が冷えてむくんでしまうそうですが「早速家で履いてみようと思います!効果が楽しみ」とにっこり。



講師は日本を代表するパーツモデルの金子エミさん!

金子エミさん


“体の冷え”には「温活」が大切だと言われてますが、具体的に何からやればいいの?という女性も多いはず。

今回のエスポートミズノでのイベントは、冷えない体づくりに大切な代謝アップの方法や、また、すぐできる冷え対策として、ミズノの吸湿発熱素材「ブレスサーモ」のインナーや衣類で体を冷やさないことなど、「日常でできる"温活"を、多くの女性に知ってもらいたい」と企画されました。

講師を務める金子エミさんは、手や足など「顔、胸、お尻以外」のパーツで勝負するモデル。48歳となった今も第一線で活躍する、まさに日本を代表するパーツモデルです。

モデルとしての経験や知識を生かし、美容研究家としても活躍しています。


金子エミさん


いよいよイベントがスタートし、司会者の紹介で金子エミさんが壇上へ。

「パーツモデルの現場では、毛穴が写るほどカメラが寄ることも(笑)。なので、肌のコンディションを整えておくことが大事です。

特に冬は肌が乾燥しますが、それは冷えて代謝が悪くなっているせいなんです。また、体が冷えるとむくみもひどくなりますよね。なので、美肌を保つにも、体形を維持するにも、体を冷やさないことがまず大切なんです」

そんな金子さんが体を冷やさないためにしていることは?

「仕事柄ボディラインを見せないといけないので、普段から薄着なんですよ(笑)。そんなときは、高機能インナーを着用し、体を冷やさないようにしています。今日はTシャツの下にミズノの『ブレスサーモ』を着ていますが、じんわり温かくて心地よいですね」


金子エミさん


また、体を冷やさないためには、筋肉量を増やすことも大切なのだそう。

「男性よりも女性に冷え性が多いのは、筋肉量が少ないから。代謝を良くして体温を上げるには、筋肉の量を増やすことが大切です。特に下半身の筋肉は重要。体の筋肉のうち、2/3は足に集まっているんです。だから、あれもこれもとよくばらず、足を鍛える運動だけを毎日行って筋肉をキープしています」

「私自身は20代の頃の足よりも、今の鍛えた足の方が気に入っているんですよ!」と笑う金子さん。そう聞いて、思わず金子さんの足に注目。細いのにキュッとメリハリがあって素敵です!


金子エミさん


ここからは、金子さんが普段から行っている「足を鍛えるエクササイズ」を教えてもらうことに。
「毎日足を鍛えているせいか、代謝が上がって、体が冷えることがあまりないんです。みなさんもエクササイズで、全身を温めていきましょう!」

最初は「膝まわりとふくらはぎを鍛えるエクササイズ」。女性なら年齢とともに気になってくる、膝上のお肉を撃退できるのだそう。

まず、椅子に浅く腰掛け、右足の膝を曲げたまま垂直に引き上げます。


金子エミさん


次に脚が真っすぐになるように右足を伸ばし、そのままキープ。伸ばした足を再び膝を曲げて戻し、地面に下ろすという動作を10回程度繰り返します。左足も同様に。右左3セット程度を目安に行います。


金子エミさん


続いて「ももとふくらはぎのエクササイズ」。この運動をすると、お尻の裏側の筋肉が鍛えられ、お尻と太ももの境目がしっかりできて、足が長く見えるのだそう。

背筋を伸ばした直立の状態から、右足を一歩前に踏み出してスタンバイ。そこから腰を下ろしながら、左膝は地面に近づけ、右膝も曲げていきます。このとき、右膝は90度になるように。

反対側の足でも同様に行い、30回繰り返します。


金子エミさん


最後は上級者向けと言いながら、「脚全体を細くするエクササイズ」も教えてくれました。こちらは、太ももやふくらはぎ、足裏までも鍛えられるそう!

両足を肩幅の二倍程度に開き、背筋を伸ばしたまま、膝が90度になるまで腰を落としていきます。さらに両足のかかとを上げて爪先立ちになり5秒キープします。

「最初は、かかとを上げられない人も多いけれど、この運動を毎日続けていると、ふくらはぎの筋肉がキュッと上向きになって、足の形がキレイになりますよ」と金子さん。

まずは自分ができる回数、理想は30回続けて。


会場全体


冷えにくい体だけでなく、美脚も手に入るエクササイズと聞いて、全員真剣!土屋さんもやりながら「体も温まってきました!」とびっくりしていましたよ。



ブレスサーモ


イベントの中盤、ミズノの吸湿発熱素材「ブレスサーモ」の効果を体感できる実験も行われました。ブレスサーモは、人の肌から常に発散されている微量な水分(水蒸気)を吸収し発熱する、特殊な繊維です。

配られたブレスサーモの繊維に水を垂らし、手で揉みこんでみると・・・あら不思議、じんわり温かくなりました!垂らした水分はあっという間に吸収され、繊維自体はサラサラでドライな状態をキープしています。

この素材を使ったインナーやウェアなら、着ただけで即、温かさを実感できるはず!


イベント集合写真


その後は、参加者による金子さんへの質問タイム。

冬は特に足先が冷えて困るという声には、「末端が冷え性になるのは、足首を動かしていないことも原因。ブーツやパンプスを履いた日は、意識的に足首を動かすことも大切ですよ」とアドバイスしていました。

イベントは金子さんと参加者全員による記念撮影で終了。教えてもらったエクササイズを今日からがんばって続けよう!とみなさん意気込んでいましたよ。



吸湿発熱素材「ブレスサーモ」でオシャレしながら温活!

エスポートミズノ 1階ブレスサーモコーナー


体を動かしポカポカしてきたところで、吸湿発熱素材「ブレスサーモ」をもっと知りたいと思った土屋さん。まずはブレスサーモのインナーを扱う1階のコーナーへ。

見えないところでしっかり温かさをキープできるインナー類だけでなく、着圧ソックスなど、自宅でのくつろぎタイムのケアに使えるアイテムまで勢ぞろいしています。

「インナーは長袖もタンクトップもあり、ラウンドネックなので、首の開いたニットの下に着ても見えないのがいいですね。腹巻き付きのハイウエストロングタイツも使えそう!」


エスポートミズノ 3階 「ブレスサーモダウンコート」(28,080円)


続いて、タウンユースウェアがそろう3階へ。そう、ブレスサーモはインナーだけではなく、アウターやニットにも取り入れられているんです。

まずはファーが可愛い「ブレスサーモダウンコート」(28,080円)を試着。お尻まですっぽり隠れるロング丈で、寒さをしっかりシャットアウトできます。

「全体的にスッキリしていて、着ぶくれしないシルエットなのがいいですね」と土屋さん。


「ブレスサーモVネックセーター 」(16,200円)


続いて、肌色をキレイに見せてくれるピーチピンクの「ブレスサーモVネックセーター 」(16,200円)をお試し。デコルテが見える女性らしいデザインながら、温かさもキープできるスグレモノです。


ブレスサーモパデットキルトハーフコート(24,840円)、ブレスサーモボトルネックセーター(16,200円)、ブレスサーモノンストレスパンツ(15,660円)、ブレスサーモジャガードストール(7,020円)


▲ブレスサーモパデットキルトハーフコート(24,840円)、ブレスサーモボトルネックセーター(16,200円)、ブレスサーモノンストレスパンツ(15,660円)、ブレスサーモジャガードストール(7,020円)


キルティングのハーフコートをはじめ、ブレスサーモ搭載のアイテムでトータルコーデに挑戦。コートは薄手ですが、見た目以上の温かさです。

冷え対策というと着ぶくれしたり、オシャレは二の次なイメージがありますが、さりげなく全身に取り入れられるのがブレスサーモのいいところ。

「ミズノと聞くと、スポーティーなアイテムなのかなと思ったのですが、日常で着られる可愛いウェアが多くてうれしいですね」と土屋さんも驚いていました。

インナーから、アウターなどのおでかけ着まで、オシャレしながら温活できるブレスサーモは、この冬のマストアイテムになりそうです♡



まとめ

エスポートミズノ


女性の大敵・冷え性とサヨナラするためには、下半身の筋肉をつけて代謝をアップし、体温を上げていくこと。そして、体の熱を逃がさないために、吸湿発熱素材・ブレスサーモのインナーやウェアを普段から取り入れること。

万病の元と言われる冷え性を改善するために、エクササイズとミズノのブレスサーモを毎日のおしゃれに取り入れて、あったかい冬を過ごしましょう!

「エスポートミズノ」では、今後も女性の健康と美を磨く、参加型イベントを開催予定。ぜひショップへ足を運んでみて。



エスポートミズノ
住所:東京都千代田区神田小川町3-1
電話番号:03-3233-7000(売場番号案内)
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
最寄り駅:小川町(都営)/淡路町/新御茶ノ水/御茶ノ水/神保町
⇒エスポートミズノ 公式ショップサイト(外部サイト)




金子エミ

今回のイベント講師:金子エミさん

1970年11月14日生まれ、東京都出身。1991年にモデルデビューし、現在までにCM100本以上、雑誌出演、数百本をこなすパーツモデル。モデルとしてだけでなく、美容研究家としても活躍し、書籍も多数出版。現在、INAS・FID(国際知的障害者スポーツ連盟)が主催するINAS世界水泳選手権のDSクラス(ダウン症クラス)への日本の参加を求める署名活動を 『change.org 』で呼びかけている。


金子エミ オフィシャルブログ「emi's private life」(外部サイト)⇒https://ameblo.jp/emi-kaneko/l



撮影/中村圭介
取材・文/佐藤玲美
モデル/土屋香織
情報提供/ミズノ

※2018年12月20日時点の情報です。内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込み表示です。


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える