エンタメ・体験・子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

雨の日もOK!可愛い動物たちを見て、ふれあって、大興奮の進化系どうぶつパーク「オービィ横浜」をレポート

都会ではなかなか動物とふれあう機会は少ないものですが、屋内型どうぶつふれあいパーク「オービィ横浜」なら都会に居ながらにして、気軽に動物たちとふれあえるんです。カピバラやアルマジロなど、ちびっこに人気の動物たちとふれあえる他、国内最大級のスクリーンや4Dシアターを使った迫力の映像体験は大人も思わず夢中に!親子一緒に楽しめる「オービィ横浜」の魅力を体験レポートでお届けします。

Date2018/11/10

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
みなとみらい

駅直結で雨の日も思いっきり遊べる「オービィ横浜」

オービィ横浜


この日「オービィ横浜」を訪れたのは、4歳になるりおちゃんとママの希以さん。「オービィ横浜」はみなとみらい駅直結。雨の日にも濡れずにアクセスできるし、ショッピングのついでに立ち寄れる気軽さも嬉しいですね。



オービィ横浜


受付を済ませると渡されるのが、こちらのリストバンド。入場チケットや、エキシビションチケットを兼ねている他、パーク内のフォトマシンで撮影した写真も保存できる優れもの。



初めて見る動物たちに大興奮!「アニマルガーデン」

オービィ横浜「アニマルガーデン」


パークに入るとまず現れるのが、ジャングルを思わせる「アニマルガーデン」。なんとカピバラが自由に歩き回っていたり、オレンジのくちばしがトレードマークのニオオハシが飛び回っていたりと、まるで森に迷い込んだよう!どんな動物たちに会えるかな?冒険気分で探検スタートです!



フクロウ


アニマルガーデンには初めて見る珍しい動物たちがたくさん!りおちゃんが釘付けになっているのはユーラシアワシミミズクとアフリカワシミミズク。「フクロウは目玉が動かせないから首が270度もグリンって回るんだよ!」と館長さんに教わってますます興味津々。



アルマジロ


「アニマルガーデン」内の動物には、自由にふれあえる動物たちもいます。アルマジロはふれあいOKの動物!のーんびりした表情ですが、弾丸を跳ね返したという話もあるほど硬い甲羅の持ち主。



オービィ横浜


最初は初めて見る動物たちにびっくりしていたりおちゃんも、慣れてくると体を乗り出してケヅメリクガメにタッチ。図鑑を見るだけじゃ分からない、ふれあって初めて分かることがたくさん!珍しい動物たちを間近に観察したり、直接ふれあえる貴重な機会です。



大自然の中を旅する迫力の映像体験!

シアター23.4


「オービィ横浜」では映像を通して、真の大自然や動物を感じられるエキシビションも人気!「シアター23.4」は、国内最大級の巨大スクリーンと立体音響により、大自然や動物たちの姿を全身で体感することができます。



シアター23.4


現在上映されているのはちびっこミーアキャットの成長を追った「ザ・ミーアキャット」と、厳しい環境の中でごはんを求めるペンギンの物語「はらぺこペンギン・マックス」。どちらも30分程度なので、子どもでも飽きずに動物たちの世界を知ることができます。

さらに「シアター23.4」では、毎日13:30~フクロウやインコなど「オービィ横浜」にいる実際の鳥たちの「フライトトレーニング」が見学できるイベントも開催。広いシアター内を飛び回る鳥たちの姿に、子どもはもちろんママも童心に返って楽しめます。先着順なので少し早めに並んでおくのが◎



マウンテンゴリラ


「オービィ横浜」には映像で楽しむエキシビションが他にもいろいろ!ゴリラの生態に迫るエキシビション「マウンテンゴリラ」も見逃せません。専用メガネをかけて、立体映像で現れるゴリラは迫力満点!りおちゃん、顔をぷくーっと膨らませてゴリラに応戦中!?

この他にも、仮想飛行体験ができる「アースクルージング」や、30度以上もあるマウントケニアの1日の寒暖差を体感できる「マウント ケニア」など、エンタメ技術を駆使して世界の自然を体験できるエキシビションがたくさん!



キッズ専用スペース「メガバグズ」やフォトスポットもチェック!

キッズスペース


キッズスペース「メガバグズ」は昆虫たちの世界がテーマ!昆虫たちから見た、ビッグサイズの葉っや枝をモチーフにした遊具の遊び方は自由!子どもたちならではの発想で、思いっきり楽しむことができます。



キッズスペース


立体になった壁にも一工夫!カマキリやてんとう虫など様々な虫たちが投影されるんです。「カマキリの目ってこんなに大きいの!?」と、りおちゃんも大はしゃぎ!



アニマルセルフィー

アニマルセルフィー


フリースペースには、動物に変身できちゃう不思議な鏡「アニマルセルフィー」というエキシビションも。シマウマ?それともヒョウ?動物に変身した姿で写真をパチリ!ここで撮影した写真は、最初にもらったリストバンドに保存できるので、気に入った写真は、ピピっとリストバンドをマシンにタッチして保存しておきましょう

さらに「エクストリームフォトスポット」というエキシビションでは、動物たちとの本格的な合成写真を撮ることもできるので、SNS映えしちゃう写真にも挑戦してみて!



もふもふ可愛い癒し系動物にキュン♡「アニマルスタジオ」

アニマルスタジオ


「アニマルスタジオ」は手のひらサイズの可愛い動物たちとふれあえるエキシビション。トテトテと、体を揺らしながら歩く愛らしいヒヨコたちにママの希以さんも思わず表情が緩んでしまいます。



アニマルスタジオ

アニマルスタジオ


くるりと体を丸めて眠る姿が愛らしいハリネズミに、飼育員のお姉さんの頭の上がお気に入りのズグロシロハラインコ。小動物たちが中心なので、小さい子どもでも怖がらずに動物たちと仲良くなれそうです。



プレーリードッグ


可愛い動物たちの中でも特にりおちゃんが仲良くなったのは、「アニマルガーデン」の人気者プレーリードッグ!ちょんと手を突き出した立ち姿が可愛い♡



猫好きにはたまらない!「キャットパラダイス」

キャットパラダイス


明るいグリーンを基調にした可愛らしい空間の「キャットパラダイス」には、種類も様々な猫ちゃんたちが思い思いに遊んでいます。大きな猫じゃらしを借りて、一緒にお散歩したり、おやつ(200円にて購入可能)をあげたり、自由にふれあえます。



キャットパラダイス


「キャットパラダイス」にはおよそ12種類の猫ちゃんたちが遊んでいるそう。珍しい種類の猫ちゃんたちにも会える、猫好きにはたまらない空間です。

さらに「オービィ横浜」では、「なりきりニャンコ展」も開催中!本物の猫ちゃんと遊んだ後は、猫になりきって参加できるコンテンツ盛りだくさんの企画展も一緒に楽しんでみてくださいね。



定番のぬいぐるみからママお助けグッズまで!最後のお楽しみはお土産選び

オービィ横浜


女の子のお土産人気ナンバーワンはもちろんぬいぐるみ。りおちゃんが選んだのはふわふわのうさぎさん♡プレーリードッグやインコなど、「オービィ横浜」の人気者たちも揃っていますよ。



トートバッグ


ママへのおすすめはこちら!しっかりとしたキャンバス地のトートバッグ(各1,080円)は、両手が自由になる肩掛けできるタイプ。荷物が多くなりがちな、こどもとのおでかけにはマストアイテムです。



動物形のカット焼きのり


いつものお弁当を可愛いくバージョンアップしてくれる動物形のカット焼きのり(各540円)もオススメ。お弁当作りの時間を楽しくしてくれそう!



オービィ横浜


リストバンドに保存した写真は、ショップスペースにある端末でチェックして思い出を振り返って楽しんだり、購入も可能。購入した写真にはコードがついているので自宅に帰ってからデータをダウンロードすることもできますよ!



まとめ

オービィ横浜


大自然と動物を五感で楽しめる「オービィ横浜」はいかがでしたか。動物たちの可愛さ、ユニークさに、子どもはもちろん、大人も夢中になれること間違いなし!ぜひ、親子一緒におでかけしてみてくださいね!



オービィ横浜
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 マークイズみなとみらい 5F
営業時間:月~木/9:00~21:00(最終入館 20:00)、金~日・祝・祝前日/9:00~22:00(最終入館 21:00)
※一部のエキシビションは営業時間が異なります。
電話番号:045-319-6543
定休日:不定休
入場料:大人 800円、中・高校生 500円、小学生 300円、幼児 無料、シニア 300円
パスポート(入館料+フリーパス)
大人 2,200円、中学・高校生 1,800円、小学生 1,500円、幼児 1,200円、シニア 1,700円
※入館料の場合は、各エキシビションご利用の際に料金が別途発生します。
最寄駅:みなとみらい


モデル/金子希以さん・りおちゃん
取材・文/大川枝里子

※2018年11月10日時点の情報です。内容は変更になる場合があります。
※料金は全て税込です。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える