食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

次の休日はここに行きたい!ロマンティックな海外ムード漂う原宿の人気ベーカリーに潜入♪

とどまるところを知らないパン人気で、街にはこだわりのベーカリーが増えていますよね。今回は、中でもおしゃれ女子がこぞって通う原宿の人気店をご紹介。なんでも、パンは毎日でも食べたい美味しさで、店内は女子が悶絶する可愛さなんだとか。「フードもインテリアも最高!」と話題のスポットを徹底レポートしちゃいます。

Date2018/09/02

ガーリーなおしゃれ女子が集う/The Little BAKERY Tokyo

The Little BAKERY Tokyo


やって来たのは、キャットストリートから一本入った路地裏にある「The Little BAKERY Tokyo(ザ リトル ベーカリー トーキョー)」。白地に赤のネオン管が60~70年代のアメリカを思わせて、外観からテンションが上がります♪ 電気が点く夜も素敵そう♡


The Little BAKERY Tokyo 外観


ガラス部分にロゴが入った木枠のドアも、海外のお店みたいでイイ感じ。


The Little BAKERY Tokyo 店内


店内もレトロな空間でフォトジェニック!木製のカウンターやアンティーク調のペンダントライトなど、まるで古い映画の世界に入り込んだみたい♡


The Little BAKERY Tokyo床


床もタイル張りでおしゃれ。入口にはアンティークゴールドのロゴがあるので、足を写し込んだ定番カットも撮れちゃいます。


The Little BAKERY Tokyo 店内


平日にもかかわらず、開店と同時にフェミニンなファションに身を包んだ女子が次々に来店。オシャレ女子に人気との噂は本当のようですね。若い女性スタッフがツナギを着ているのもカッコイイ!




ピンク×花柄がロマンティックなウォール

The Little BAKERY Tokyo 店内


ピンク色のバラを散りばめた壁は、アンティークな雰囲気。冷蔵ケースの上には同系色のドライフラワーがあしらわれていて、甘くガーリーな世界を楽しめます。


The Little BAKERY Tokyo 店内


鏡の横には、角の生えたウサギ。「どこかで見たことがあるような・・・」とデジャヴを感じる人がいるかもしれませんね。

実はこれ、代々木上原の「GOOD TOWN BAKEHOUSE(グッド タウン ベイクハウス)」にあるのと同じアニマルヘッド。系列店なんです。


The Little BAKERY Tokyo 店内


ちなみにココは、行列ができるバーガー専門店「THE GREAT BURGER(ザグレートバーガー)」と、スマイルマークのドーナツで有名な「GOOD TOWN DOUGHNUTS(グッドタウンドーナッツ)」の間にあるのですが、どちらも系列店です。




ブルー×花飾りが上品なウォール

The Little BAKERY Tokyo 店内


反対側のデザインも素敵すぎて、トキメキが止まりません♡ こちらもインスタ映え確実。壁を背景にドリンクを撮るだけでも、手軽にSNSフィードで目を引く一枚が撮れちゃいます♪


The Little BAKERY Tokyo店内


ピースマークの花飾りやアンティークな壁掛けライトが印象的なブルーの壁は、甘さを抑えつつ優雅な雰囲気を演出するのにぴったり。手書きの英語メニューを入れてもいいですね。




こだわりのパンやアメリカンな焼き菓子がいっぱい

The Little BAKERY Tokyo パン


カウンターには、ほんのり甘くて耳までやわらかい食パン「北海道バターミルク角食」(480円)、一番人気の「北海道よつ葉バターのクロワッサン」(260円)などが並んでいます。

卵やバターといった動物性食材の代わりに豆乳やアボカドオイルを使った「ヴィーガンシナモンロール」(400円)、日本ではあまり見かけない「コーンブレッド」(300円)、話題の「越田商店のもの凄い鯖エピ」(300円)など、ユニークなラインナップもうれしい♡


The Little BAKERY Tokyoドーナツ


ショーケースの中にはスコーンやブラウニーなどの焼き菓子が並んでいて、隣の「GOOD TOWN BAKEHOUSE」で焼いているドーナツも買えちゃいます♪


The Little BAKERY Tokyo マフィン


「オレンジココナッツマフィン」や「ブルーベリーマフィン」(ともに360円)など、大ぶりで食べこたえのある商品も人気です。


The Little BAKERY Tokyoドリンク


冷蔵ケースには、甘じょっぱいフレーバーがたまらない「アップル ゴルゴンゾーラ チェダー ベーコン サンドイッチ」(1,000円)や15年間レシピを変えていない「N.Y.チーズケーキ」(450円)、ジュースやコーラ、ココナッツウォーターなどのドリンクがあります。




テーブルはないけどベンチでのイートインはOK

The Little BAKERY Tokyoトレー


カラフルなトレイとトングがあるので、パンは自分で取ります。ショーケースの中にある焼き菓子は、店員さんに言って取ってもらいましょう。


The Little BAKERY Tokyo パン


トレイごと写真を撮るなら、トレイのカラー選びも大事。ロマンティックなムードに合わせるならピンクが◎!


The Little BAKERY Tokyoパンとドリンク


「いちごあんバターボール」(380円)、「本日のクロフィン」(380円)、「レモネード」(650円)を購入。店内で食べる旨を伝えれば、可愛いお皿に乗せてもらえます♪


The Little BAKERY Tokyo 店内


窓際にある店内のベンチと店先にあるベンチは、イートインコーナーとして利用可能。非日常感を満喫するなら、中がおすすめです。細部までこだわったインテリアを眺めながら、美味しいパンや焼き菓子を味わって。


The Little BAKERY Tokyo 店内


店内には、無料で使えるウォーターサーバーもありますよ。


The Little BAKERY Tokyo いちごあんバターボール


「いちごあんバターボール」は、人気の「北海道あんバターボール」(380円)にイチゴをトッピングしたもの。粒あん、ホイップバター、甘酸っぱいイチゴが、小麦の風味豊かなバケット生地と絶妙にマッチ。口の中で見事なハーモニーを奏でて、感動的なおいしさです♪


The Little BAKERY Tokyoクロフィン


キュートなデコレーションが魅力の「本日のクロフィン」(380円)は、クロワッサンをマフィン型で仕上げたもので、毎日5種類ほど作られています。


The Little BAKERY Tokyoクロフィン


選んだのは、ラズベリークリームのクロフィン。生地はパリパリのサクサクだから、家で食べた方がいいかも。バターのリッチな風味と、中までたっぷり入った甘酸っぱいクリームが相性抜群です♡

お店があまりにフォトジェニックだから、フードもついルックスに気を取られがち。でも、食べればその美味しさに驚くはずです。


The Little BAKERY Tokyo 外観


店先のスペースはのんびりできるので、店内を存分に楽しんだら、外で友だちとガールズトークに花を咲かせるのも良さそう♪




まとめ

The Little BAKERY Tokyo



女子のツボを押さえまくったベーカリー。後でスマホを見返したら、素敵な写真がいっぱいで幸せな気持ちになれるはず。インスタ投稿もグルメも妥協しない女子は、忘れずにおでかけリストに追加して。


The Little BAKERY Tokyo
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-6 J-cube C 1F
電話:03-6450-5707
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし
最寄り駅:明治神宮前〈原宿〉/原宿



密照幸映

密照幸映さん

元ファッション雑誌『ラブベリー』専属モデル。舞台やドラマなど女優としての活動の他に、バラエティー番組にも出演。現在、2018年度タックルベリーガールズとしても活動中。

密照幸映さんの近況はこちらもチェック♪
⇒密照幸映さんのツイッター
⇒密照幸映さんのインスタグラム



取材・文/佐々木志野

※2018年9月2日時点の情報です。内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込みです。


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える