食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

暑い日にガツンと食べたい!話題の“餃子専門店”でラム×パクチーの進化系から、肉感ゴロゴロ系まで全種制覇してきた

予約が取れないことで有名な超人気肉料理店「肉山」がプロデュースした餃子専門店「中野餃子 『やまよし』」をご存知ですか?今回は鶏、豚、ラム肉を使い分ける手の込んだ全5種の餃子が堪能できる同店を紹介。暑い日にガツンと食べたくなる餃子。友達を誘って、絶品餃子を頬張ってスタミナチャージしてみてはいかがでしょう?

Date2018/08/22

誰と行く
友達・仲間
カテゴリ
食・グルメ
エリア
中野

女子も喜ぶ!絶品揃いの餃子専門店/中野餃子 やまよし

中野餃子 やまよし外観


中野駅北口より徒歩約4分。中野サンモール商店街を抜け、路地を少し進んだ先にあるのが、今回ご紹介する餃子専門店「中野餃子 『やまよし』」。

同店は、超人気肉料理店「肉山」がプロデュースした餃子専門店で、現在は女性客が約6割という女子に人気のお店です。他の餃子専門店とは、一味違ったカラフルな外観が可愛らしく、確かに女子でも入りやすそうな雰囲気。

中野餃子 やまよし 提灯


お店を切り盛りするのはもともと飲食店で働いており、「肉山」の常連客だった店主の矢部さん。

その餃子の味とはどんな味なのか、ワクワクしながら店内に入ってみます。

中野餃子 やまよし 店内


店内も壁や椅子などカラフルに仕上げられています!

カフェやBARのようなポップな同店は、1階がカウンター5席、2階は3人掛けと4人掛けのテーブル席になっており、こじんまりとしていますが仲間数人でワイワイと餃子を楽しめそう!

20時頃には満席になっていることが多いそうなので、早めに訪れると待たずに済みそうです。

中野餃子 やまよし メニュー


同店の餃子は、「にく餃子」、「やさい餃子」、「シソ餃子」、「ラムパクチー餃子」、「手羽餃子」の全5種類。

種類によって調理法も異なり、焼き餃子、水餃子、揚げ餃子とバリエーション豊富!数人で訪れてシェアすれば、色々なものを少しずつ食べたいという女子のワガママもばっちり叶えられそうです。

中野餃子 やまよし 「ハイボール」(430円)


「餃子といえばビール!」という方も多いかと思いますが、女性客の多い同店では「ハイボール」(430円)も人気。ジューシーな餃子をさっぱりといただけると好評なのだとか。



鶏、豚、ラム!こだわり抜かれた餃子全5種を食べ比べ

中野餃子 やまよし 「にく餃子」(430円)


早速餃子をオーダー。今回は同店の餃子5種類すべてを食べ比べしていきます!

最初にいただいたのが、豚肉をたっぷり詰め込んだ「にく餃子」(430円)。こんがりきつね色に焼かれた餃子たちを見ただけで食欲MAX!



中野餃子 やまよし 「にく餃子」(430円) アップ


餃子を切ってみるとわかる通り、お肉がぎっしり!“肉感”をしっかり味わってほしいとの思いから、お肉は9mmの超粗挽きにしているそう。

食感は皮はパリパリ、餡はかなりジューシー。筆者は、ここまで「お肉をしっかり食べてる感」を感じられる餃子に出会ったことがなく、その“肉感”に感動しました。餡に入っているレンコンのシャキシャキ感が良いアクセントになっていて、ボリュームたっぷりなのに軽く感じられて、ペロリと食べ進められました。



中野餃子 やまよし 「やさい餃子」(430円)


次にいただいたのが、キャベツ、ニラ、長ネギ、セロリ、シイタケ、ショウガと6 種の野菜がたっぷり入った「やさい餃子」(430円)。



中野餃子 やまよし 「やさい餃子」(430円) アップ


餡は野菜が8割、お肉は2割程度。そのため食感は軽く、野菜の甘みが存分に感じることができます。さまざまな野菜の香りが次々に押し寄せくるので、味はもちろん香りもじっくり楽しみたい餃子です。



中野餃子 やまよし 「ラムパクチー餃子」(480円)


お次はパクチー好き大歓喜の「ラムパクチー餃子」(480円)。ラムとパクチーという特徴の強い食材を合わせた餃子は、どちらも好きな人はいくらでもひたすら食べ続けられそう!



中野餃子 やまよし 「ラムパクチー餃子」(480円)アップ


餡はラム肉を9mmの超粗挽きにし、大量のパクチーと数種のスパイスがミックスされています。しっかり餡に練りこまれているパクチーの香りが口いっぱいに広がり、も~幸せ♡

ほんのり香るスパイスはラム肉、パクチーと相性がよく、お酒ともマッチしそう。



中野餃子 やまよし 「シソ餃子」


さっぱりとした「シソ餃子」は唯一焼き餃子、水餃子から選べます。鶏肉×シソ×水餃子と、とってもヘルシー&さっぱりなイメージもあってか、女性人気の高い餃子です。



中野餃子 やまよし 水餃子


焼き餃子とは印象が変わる、トロッとした食感の水餃子は、柔らかく優しい風味の鶏肉との相性抜群!シソの香りが爽やかで、いくらでも食べられそう!



中野餃子 やまよし 餃子 断面


多い時は500個ほど出るという餃子は、すべて手作り。手間暇かけて作られる専門店の餃子は、餃子の概念を覆されるほどバリエーションに富んでいて、どれも絶品でした。

そして、筆者の餃子観をいい意味で一番裏切ってくれたのが、次にご紹介する「手羽餃子」(450円)。



中野餃子 やまよし 「手羽餃子」(450円)


手羽先を餃子の皮に見立て、餡をお肉に詰め込んでおり、しかも餡がはみ出しています。

中野餃子 やまよし 「手羽餃子」(450円)アップ


からりと揚げられた手羽餃子は、餡の外、お肉の皮がパリッパリ。中はしっかりジューシーで柔らかく、食感のコントラストがとにかく楽しい!手づかみで豪快にほうばりたいボリュームたっぷりの餃子でした。



まとめ

中野餃子 やまよし 5種の餃子と手羽先


5種の餃子はそれぞれが特徴的だから、訪れたらぜひ全種類を制覇してみて。みんなでシェアしながら全種食べ比べてワイワイ飲むのが楽しい「中野餃子 『やまよし』」は、大人の餃子パーティにもってこいの餃子専門店でしたよ。

がっつり夏のスタミナチャージをしたい!という時は、ぜひチェックしてみてくださいね。



中野餃子「やまよし」

住所:東京都中野区中野5-55-9
電話番号:なし
営業時間:16:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:月曜
最寄駅:中野



取材・文/黒澤陽二郎

※2018年8月22日時点の情報です。価格や内容など、情報は変更になる場合があります。
※価格はすべて税込みです。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える