食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「とにかく辛い!」今年ブームのしびれる辛さ「麻辣」料理にハマる人続出!池袋のおいしい四川料理3選

辛いもの好きにはたまらない、最近話題の「麻辣(マーラー)」料理。山椒・花椒(ホワジャオ)などのしびれる「麻」と、唐辛子などの辛さの「辣」を合わせ持つ四川料理で、最近は「マー活」と題し、しびれと辛さを追い求めて食べ歩きする人もいるほど。今回は、都内屈指のチャイナタウンとして知られる池袋の、予約必須&行列覚悟の人気店を紹介します。

Date2018/08/17

誰と行く
友達・仲間
カテゴリ
食・グルメ
エリア
池袋

スープ、具、麺をすべて自分好みにできる四川麻辣湯/四川麻辣湯 池袋本店

四川麻辣湯 池袋本店1


本場四川で買い付けた約30 種類のスパイスや薬膳と、丸鶏、豚骨、牛骨をじっくり煮込んだスープでいただく麺料理・麻辣湯(マーラータン)の専門店「四川麻辣湯 池袋本店」。

しびれの「麻」と辛さの「辣」に加え、薬膳特有の香りと味わいの奥行き、スープの旨みが複雑に絡み合い、食べるごとに食欲が刺激され、箸が止まらなくなります!


四川麻辣湯 池袋本店 カスタマイズ


このお店の特徴は、すべて自由にカスタマイズできること。看板メニューの「四川麻辣湯」(780円~)は、トッピングの具を3品選ぶスタイル(具1品追加ごとに+100円)。中でも店長のオススメは、エビ団子、牛肉、パクチー、キクラゲ、そして中国ではポピュラーな鴨の血。

常時50〜60種類の具から選べるので、野菜中心のヘルシーなものにしたり、エビ団子や肉類など食べごたえのあるものにすることも♪さらに、スープは辛くない白湯、ピリ辛、中辛、中大辛、大辛、激辛の6段階、主食は春雨、板春雨、とうもろこし麺、ラーメン、ライスからチョイスできます。


四川麻辣湯 池袋本店 花椒(ホワジャオ)


しびれの素、花椒(ホワジャオ)は、中国で最もランクの高いものを厳選。香りがよく、1粒食べただけでしびれが止まらなくなります。週3~4で通う常連さんや中国人のお客さんも多く、本場の味にハマる人が続出中です!


四川麻辣湯 池袋本店 店内


1階はテーブル席と注文カウンター、2階にテーブル席があります。清潔感のある店内に加え、親切&丁寧な接客もあり、女性グループの利用が多いのが特徴。週末は混み合うのでご注意を。


四川麻辣湯 池袋本店 外観


四川伝統の特徴ある仮面と、色づかいがポイントの外観。飲食店が立ち並ぶにぎやかな池袋駅西口エリアでもひと際目を引きます。

四川麻辣湯(しせんまーらーたん)池袋本店
住所:東京都豊島区西池袋1-38-2 ソシアルビルムラタ1、2F
電話番号:03-3988-5335
営業時間:11:30~翌4:00(LO.翌3:45)
定休日:なし
最寄駅:池袋




池袋屈指の激辛店と話題!本格的な辛さとしびれを体験/知音食堂

知音食堂 「鶏モモと山椒唐辛子炒め」(2,880円)


四川出身の料理人が、現地のスパイスを使った料理を提供する「知音食堂」。オススメは、目を疑うほどの唐辛子とともに提供される「鶏モモと山椒唐辛子炒め」(2,880円)です。

ラー油に漬け込んでから調理する鶏肉は、軟らかくジューシーで芯まで辛味と旨みが染み込んでいます。花椒もたっぷり入っているので、花椒好きは鶏肉と一緒に味わってみて。刺激的なしびれがクセになりそう。

知音食堂 「麻婆豆腐」(980円)


定番メニューは「麻婆豆腐」(980円)。「麻辣料理のおいしさのポイントは麻と辣のバランス」と話す店長さんの言葉通り、自家製のラー油と唐辛子の辛さ、花椒によるしびれの両方がバランスよく味わえます。

しびれの「麻」は調整してもらえるので、辛いもの好きはプラスしてみるのもいいかも♪他に「鶏モモとラー油山椒特製ソース」(680円)や「四川風辛い牛肉の煮込み」(1,380円)も人気。

知音食堂 店内


中国語が飛び交う活気ある店内は、日本ではないような独特の雰囲気で、麻辣料理好きの聖地としても話題になっています。

知音食堂 外観


特に週末は混み合うことが多いので、予約しておくと安心ですよ。

知音食堂(ちいんしょくどう)
住所:東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビルB1F
電話番号:03-5951-8288
営業時間:月火11:30~24:30(LO.23:30)、水~日祝11:30~翌1:30(LO.24:00)
定休日:なし
最寄駅:池袋




人気グルメ漫画やテレビにも登場多数!クセになる汁なし担々麺/中国家庭料理 楊 2号店

中国家庭料理 楊 2号店


中国の定番料理を味わえる「楊 2号店」。味の決め手となるスパイスは、四川から取り寄せたもので「日本で買うものとは味が違います!」と料理長さんは語ります。

ここを訪れたらマストでオーダーしたいのが、ランチNo.1人気の「汁なし担々麺」(800円)。豚ひき肉、小松菜、揚げピーナッツのシンプルな具の下には、麻辣ソースがたっぷり。

中国家庭料理 楊 2号店


ソースと麺をよく混ぜてからいただきます。ナッツの香りに一瞬甘みを感じますが、口に入れたら一気にしびれと辛味の刺激がやってきます!

辛さは控えめ、普通、辛めの3種類あり、控えめでもしびれと辛味を十分楽しめますよ。

中国家庭料理 楊 2号店


ディナータイムは友達とシェアして楽しめる「四川風水煮肉」(1,800円)をぜひ。ニンニクが香るコクのあるスープに、しびれと辛味が合わさった刺激的なおいしさです。

唐辛子は素揚げしてあるので香りが高く、好んで食べる常連さんも多いとか。豚肉、青梗菜、もやしなどの具をいただいたあとは、鍋料理の〆のように麺やごはんを入れるのがオススメ♪

中国家庭料理 楊 2号店 店内


店内はこぢんまりとした空間で、カウンター席とテーブル席があります。池袋には、2号店の他に「3号店」と「別館」も。

中国家庭料理 楊 2号店 外観


特に週末は混み合うことが多いので、時間に余裕を持って訪れるのが◎。

中国家庭料理 楊 2号店
住所:東京都豊島区西池袋3-25-5 1F
電話番号:03-5391-6803
営業時間:月~金11:30~15:00(LO.14:00)、17:30〜23:30(LO.22:30)/土日祝11:30~23:30(LO.22:30)
定休日:なし
最寄駅:池袋




まとめ

麻辣料理


見た目だけでも思わず辛いと感じるような、「麻辣料理」の数々いかがでしたか?中毒性の高い激辛料理。夏の暑いときこそ、辛いもの好きな友達を誘ってしびれる麻辣料理に挑戦してみてくださいね!

取材・文/近藤由美

※2018年8月17日時点の情報です。価格はすべて税込みです。内容は変更になる場合があります。


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える