エンタメ・体験・子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

超リアルな恐竜たちと触れあえる!?世界中で大人気の体験型ショー「恐竜どうぶつ園」潜入レポート!

「恐竜どうぶつ園」はオーストラリア発の、親子で楽しめる恐竜エンターテイメントショー!舞台に登場するのは、ティラノサウルスにトリケラトプスetc.まるで本当に生きているかのように動く、大型の恐竜パペットたち。大人も釘付けになってしまう迫力の舞台は、夏休みの親子でのおでかけにぴったりです。見て、触って、学べる、そんな「恐竜どうぶつ園」の魅力を、開演に先駆け行われたお披露目イベントからお届けします!

Date2018/06/12

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
麻布十番

世界中で大人気!親子で楽しく学べる恐竜ショー「恐竜どうぶつ園」って知ってる?

恐竜どうぶつ園 恐竜ショー

©Chris-Waits


「恐竜どうぶつ園」はオーストラリアでスタートした、リアルな恐竜ショー。本国オーストラリアはもちろん、イギリス、アメリカ、中国、そして日本では2016年から上演がスタートし、世界中のキッズたちを虜にしてきました!

夢中になってしまうのは、子どもたちだけではありません。恐竜たちの大きな体、唸るような息づかい、そのリアルさには大人もドキッ!としてしまうほど。親子で楽しめるクオリティの高さも人気の理由です。


恐竜どうぶつ園 恐竜ショー

©恐竜どうぶつ園 2018


舞台上や時には客席で動き回る姿に驚いたり、初めて見る恐竜に「あれは何!?」なんて子どもと盛り上がりながら、恐竜たちの特徴や恐竜たちが生きていた大昔の地球について楽しく知ることができるんです。




お披露目イベントにはスザンヌさん、ガチャピンなどサポーターが登場!

恐竜どうぶつ園 恐竜くん、スザンヌさん、スコット・ライトさん

©恐竜どうぶつ園 2018


2018年も日本での開催が決定した「恐竜どうぶつ園」。公演に先駆け、オーストラリア大使館で行われたお披露目イベントでは、サポーターとして、恐竜専門サイエンスコミュニケーターの恐竜くん(写真左)、一児のママでタレントのスザンヌさん(写真中央)、そして「恐竜どうぶつ園」の生みの親、スコット・ライトさん(写真右)が登場し、ショーの魅力を伝えてくれました。


恐竜どうぶつ園 ガチャピン

©FUJITV KIDS/恐竜どうぶつ園2018


さらにスペシャルサポーターとして登場したのは、子どもたちに大人気のガチャピン!実はガチャピンは“恐竜のこども”なんです。お披露目イベントに参加した近隣の幼稚園生たちと一緒に、恐竜クイズで盛り上がりましたよ。




大人気恐竜「トリケラトプス」の登場に会場は大パニック!?

恐竜どうぶつ園 赤ちゃん恐竜

©恐竜どうぶつ園 2018


いよいよ恐竜たちのお披露目。まずは赤ちゃん恐竜たちの登場です。パペットと分かっていても、目が離せなくなるほどリアルな赤ちゃん恐竜。スザンヌさんも「なんだか本当の赤ちゃんのような気がしてきました」と、あやすように赤ちゃん恐竜を抱っこする一幕も。


恐竜どうぶつ園 赤ちゃん恐竜

©恐竜どうぶつ園 2018


小さくても鋭そうな歯にギョロッと大きな目、子どもたちはちょっと怖いけど興味シンシン!実際の公演でも、舞台を見るだけでなく、上演終了後には、ロビーに赤ちゃんパペットに実際に触ることができるコーナーが用意されています。一緒に写真も撮れるので、子どもと一緒にSNS映えするショットを狙っちゃいましょう!


恐竜どうぶつ園 トリケラトプス

©恐竜どうぶつ園 2018


続いてスコットさんとともに現れたのは、大きな2本の角がトレードマークのトリケラトプス。のしり、のしり、低いうなり声とともに現れた迫力満点のトリケラトプスに、キッズたちはもう大興奮!


恐竜どうぶつ園 トリケラトプス

©恐竜どうぶつ園 2018


最初はその大きさに驚いて逃げ出しちゃったけれど、怖くないと分かると子どもたちは積極的。「恐竜ってこうやって歩くんだね!」、「小さい角もあるよ!」と、子どもらしい視点で恐竜の生態を勉強中。ショーが終わる頃には、小さな恐竜博士になっているかも!?
※実際のショーでは恐竜の角は触れません


恐竜どうぶつ園 トリケラトプス、ティラノザウルス

©恐竜どうぶつ園 2018


2016年の日本初公演から、公演の度に毎回新しい恐竜が登場しているという「恐竜どうぶつ園」。2018年はこのトリケラトプスが新しく仲間入りです。ステージでは人気者ティラノサウルス(写真左)との迫力のバトルも見られるかもしれません!


恐竜どうぶつ園 恐竜くん、スザンヌさん、スコット・ライトさん

©恐竜どうぶつ園 2018


恐竜が登場した時の子どもたちのキラキラした表情は世界共通!と話すアートディレクターのスコットさん。イベントでは「いつか日本で発見された恐竜をこのショーで日本の子どもたちに届けたい!」と今後の抱負も語ってくれましたよ。




おまけ

恐竜どうぶつ園 ぬりえコンテスト

©恐竜どうぶつ園 2018


「恐竜どうぶつ園」におでかけする際は、「ぬりえコンテスト」にも参加しちゃいましょう!公式サイトからぬりえをダウンロードして、親子でぬりえを楽しんだら、「#恐竜どうぶつ園」でinstagramに投稿。入賞作品はショーの会場ロビーに展示される上、素敵なプレゼントももらえるそうなので、ぜひ参加してみて。




まとめ

恐竜どうぶつ園

©恐竜どうぶつ園 2018


「恐竜どうぶつ園」には今回新しく加わるトリケラトプスの他、約16体もの恐竜たちが登場予定。大昔にタイムスリップしたような演出の中で、キャストと一緒に恐竜たちの暮らしを体験できる恐竜ショーは、子どもたちにとってきっと忘れられない夏の思い出になるはず!親子でおでかけしたい、この夏一番のイベントになりそうです。


恐竜どうぶつ園 2018 ~ Erth’s Dinosaur Zoo ~ ティラノサウルス×トリケラトプスの戦い?!
7/14(土)和光市民文化センター 大ホールをはじめ、全国19都市で公演
料金:全席指定 3,000円
※3歳以上有料。2歳以下膝上鑑賞無料、お席が必要な場合は有料
上演時間:約60分(休憩なし)
※一部地域では料金が異なる可能性があります
>>>恐竜どうぶつ園公式サイト(外部サイト)





取材・文/大川枝里子

情報提供/サンライズプロモーション東京

※2018年6月12日現在の情報です。
※価格は税込です。価格や内容は変更になる場合があります。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える